廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

廃車引き取り無料!

廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

手続き無料で代行!

廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

一口に「廃車」と言ってもいろんな段階があります。

 

私たち車のユーザーが「もう廃車にするしかない」と思っている車も、業者から見れば「まだまだ中古車として販売できる」という場合もあります。

 

また、中古車としてムリであったとしても、車をパーツ毎に分解して、それを国内・海外の部品販売ルートに販売することができます。

 

部品として利用できない部分があっても、そうした部分は資源のリサイクルに回すことでお金に換えることができます。

 

このように、錆びてボロボロになっていない限り、車というのは隅から隅までお金になるものなのです。

 

ただし、隅から隅までお金に換えるには、車を引き取った業者さんが、種類の異なる多様な取引先を持っていなければなりません。

 

中古車として販売するルート(国内・国外)
部品として販売するルート(国内・国外)
リサイクル資源として販売するルート(国内・国外)
・・・というように。

 

たとえば、新車ディーラーなどには中古車として販売するルートしかないため、10万キロを超えるような車の下取り依頼を受けると、

 

「ちょっと査定が付きませんね・・・」

 

ということになってしまうのです。

 

しかし、廃車専門業者なら、上に挙げた販売ルートの全てを確保しているので、どのような状態の車であっても、最終的にお金に換えることができるわけです

 

だからこそ、廃車処分、廃車引き取りの依頼を受けても、

 

最低でも0円でお引き受けします

 

と答えることができるのです。

 

廃車専門業者なら、車を引き取るにあたってレッカー車とか積載車を出動させたとしても、それでも料金を受け取らずに、「最低でも0円」でやってくれるのです。

 

また、登録抹消手続きをするには、実質的に半日くらいの時間を割いて、陸運支局で各種事務手続きを行う必要がありますが、それでも料金を受け取らずに、「最低でも0円」でやってくれるのです。

 

なぜなら引き取った車をお金に換えれば、レッカーや積載車の費用・陸運局での半日仕事をも上回るお金が手に入るからです

 

引き取った車の程度がよく、解体ではなく、中古車として販売することが可能であれば、「0円」を通り越して、数万円の買取価格が付くケースだってあります。

 

というか、廃車専門業者が扱う取引の多くは、買取価格が付くケースです

 

「廃車」はお金になるんです。

 

特に、日本車は古くなっても一定の価値を保っているものが多いのです。

 

廃車専門業者が語る「日本車はスゴイ!」というエピソード

【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

様々な理由で車を廃車にする場合、手続きは自分でやることもできれば、廃車専門業者に依頼することもできます。常識的に考えると、自分で廃車手続きするのは手間が掛かるけど費用は安くすむ。いっぽう、業者に依頼すると手間は掛からないけど料金が発生する・・・とお考えになると思います。しかし、そうではありません。結...

 

 

 

【車 廃車 手続き】永久抹消登録手続きの方法:解体処分し二度と乗らない場合

■永久抹消登録の手続き「永久抹消登録」とは、車を解体処分して、今後、自分も第三者も二度とその車に乗れないようにする手続きのこと(1)車解体業者に車の解体を依頼する  <※>電話帳やネット検索で業者を探してください。(2)解体したことを証明するメモ書きを自分で作成する  <※>このメモ書きは、自動車リ...

 

 

 

【車 廃車 手続き】一時抹消登録手続きの方法:いずれまた乗る場合

その車にもう二度と乗るつもりがない場合は「永久抹消登録手続き」が必要になります。しかし、海外出張とか長期療養などにより、一時的に車には乗らないけれど、いずれまた車に乗るつもりでいる場合には、「一時抹消登録手続き」が必要です。この一時抹消をしておかないと、自動車税事務所ではあなたが車に乗り続けていると...

 

 

 

【車 廃車 手続き】軽自動車を廃車処分する方法

軽自動車の廃車手続きは、普通車の手続きとやり方はほぼ同じです。異なっているのは、まず、手続きを行う場所です。普通車はナンバープレートを管轄する各地の陸運局(陸運支局)です。しかし軽自動車の場合は、軽ナンバープレートを管轄する各地の軽自動車検査協会になります。⇒管轄の軽自動車検査協会を検索するまた、車...

 

 

 

【車 廃車 手続き】被災証明書とは?台風・洪水などで水没した場合など

車が台風、洪水、土砂崩などで水没その他の被害を受けた場合、もうその車には乗れなくなります。その際、この乗れなくなった車をいったん廃車手続きしなければ、次の車を買うことができません。というか、次の車を買うことはできますが、廃車手続きが済んでいないと、行政側から見て、あなたは2台の車を所有していることに...

 

 

 

【車 廃車 手続き】ナンバープレートが紛失・盗難にあった場合の対応

車の廃車手続きをする際、車検証やナンバープレートが必要になります。ところが、これら車検証やナンバープレートが盗難に遭ったり、その他の理由で紛失して手元にないことがあります。そんな場合は、「理由書」を提出する必要があります。⇒理由書のダウンロードなお、ナンバープレートが盗難に遭った場合は、まず警察に届...

 

 

 

【車 廃車 手続き】車検の残りがあれば自動車税が戻ってくる

一般の自家用乗用車の場合、車検というのは、新車の場合で3年、以後は2年毎に更新されていきます。これに対して、自動車税の支払いは、1年毎です。したがって、車を廃車にすれば、必ず自動車税が戻ってくるとは限りません。なぜなら、車検の2年目、3年目に当たる年度に自動車税が未納になっているケースもあるからです...

 

 

 

【車 廃車 手続き】理由書とは?車検証・ナンバープレートの紛失・盗難の場合

車の廃車手続きをする際、車検証やナンバープレートが必要になります。ところが、これら車検証やナンバープレートが盗難に遭ったり、その他の理由で紛失して手元にないことがあります。そんな場合は、「理由書」を提出する必要があります。⇒理由書のダウンロードなお、ナンバープレートが盗難にあった場合は、警察に届出を...

 

 

 

【車 廃車 手続き】車検証記載の所有者の住所・氏名が印鑑証明書と異なる場合

例えば、引っ越しなどによって、車検証記載の住所が前の住所である場合があります。また、結婚などで姓が変わり、車検証記載の名前と印鑑証明書の名前が一致しないこともあります。そうしたケースでは、以下の書類が追加で必要になります。■住所が異なる場合車検証記載の住所から、現住所(印鑑証明書の住所)までの繋がり...

 

 

 

【車 廃車 手続き】盗難で車が手元にない⇒抹消登録するには

車検証とかナンバープレートが盗難に遭ったのではなく、車そのものが盗難にあっていま手元にないケースもあります。しかし、放っておくと自動車税の請求が来てしまいますから、やはり抹消登録手続きをしなければなりません。そんな場合は、通常の永久抹消登録手続きに必用な書類以外に、以下の書類を別途追加で提出します。...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

廃車引き取り無料!

廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

手続き無料で代行!

廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。