【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

廃車引き取り無料!

【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

手続き無料で代行!

【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

様々な理由で車を廃車にする場合、手続きは自分でやることもできれば、廃車専門業者に依頼することもできます。

 

常識的に考えると、自分で廃車手続きするのは手間が掛かるけど費用は安くすむ。

 

いっぽう、業者に依頼すると手間は掛からないけど料金が発生する・・・とお考えになると思います。

 

しかし、そうではありません。

 

結論を言いますと、自分で廃車手続きをするよりも、廃車専門業者に手続きを全て丸投げした方が、手間も掛からず、料金も発生しないんです

 

その理由は、こちら(「廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由」)を参照していただくとして、このページでは、廃車手続きの流れをご案内したいと思います。

 

廃車手続きを自分でやる方法は、以下の通りです。

 

■永久抹消登録の手続き

「永久抹消登録」とは、車を解体処分して、今後、自分も第三者も二度とその車に乗れないようにする手続きのこと

(1)車解体業者に車の解体を依頼する
  <※>電話帳やネット検索で業者を探してください。
(2)解体したことを証明するメモ書きを自分で作成する
  <※>このメモ書きは、自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)に記載されている「移動報告番号」と、解体処理が終了した旨の連絡をリサイクル業者(解体業者)から受けた際の「解体報告記録がなされた日」を自分で書き留めたメモ書きのことです。よく「解体証明書」という言葉が使われますが、正式にそのような書類はなく、この自分で作成したメモ書きのことを仮にそう呼んでいるに過ぎません。なお、災害等により車を廃車処分する場合は、このメモ書きは不要で、その代わりに、市区町村が発行する「罹災証明書」が必要になります。
(3)次の必要書類を用意する
・車検証上の所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
  <※>引っ越しなどで所有者の住所欄が現住所と異なる場合の対応はこちら
  <※>結婚などで所有者の氏名が印鑑証明書の氏名と異なる場合の対応はこちら
・所有者に代わって他の人が手続きする場合は委任状(所有者の実印の押印があるもの)
・車検証
・車の前後に付いている2枚のナンバープレート
  <※>普通車の場合は金属のシールがあるので、まずそれをドライバーでグリグリして外し、それからネジを緩めて取り外します。
  <※>ナンバープレートを紛失したり盗難に遭った場合は「理由書」の提出が必要です。
  <※>そもそも車そのものが盗難で手元にないけれど、その車を抹消登録する場合の対応はこちら
・「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  <※>上で解説した自分で作成したメモ書きのことです。
  <※>台風・洪水等で車が水没等の被害を受けた場合はこのメモ書きは不要です。その代わりに市区町村で「被災証明書」を発行してもらい、それを提出してください。
(4)以上の書類等を持参して陸運局(陸運支局)に行く
  <※>管轄の陸運支局は国土交通省のこちらのページで検索
  <※>日本全国どこの陸運支局も平日のみの営業
(5)陸運支局内で「手数料納付書」・「永久抹消登録申請書(及び解体届出書)」・「自動車税・自動車取得税申告書」を購入
  <※>金額は1000円以下です。「自動車税・自動車取得税申告書」は地域によっては不要です。
(6)上記書類に必要事項を記入する
  <※>この記入作業が自分で手続きする際の最大の難関でしょう。よくわからないんです。窓口の人に何度も訊いて書き込みましょう。解体日などを記したメモ書きの内容は「永久抹消登録申請書(及び解体届出書)」に記入します。窓口にはいちおう見本があるので、それを参考に。また、どうしてもわからない人は陸運支局近辺に必ずある代書屋さんに依頼することもできます(有料)。しかし、これでは何のために自分でやるのか意味ないですね。代書屋さんに頼むくらいなら最初から廃車専門業者に丸投げした方がいいというもの。
(7)ナンバープレート2枚の返納
  <※>作成した書類を提出する前に、まずナンバーを返納します。運輸支局場内のナンバー返納窓口に納めます。返納を終えると、「手数料納付書」に返納確認印を押してもらえます。
(8)所定の窓口に「手数料納付書」・「永久抹消登録申請書(及び解体届出書)」を提出
(9)(地域によりますが)運輸支局場内の自動車税事務所等の税申告窓口に、先ほど記入した「自動車税・自動車取得税申告書」を提出
  <※>この書類を提出することで、自動車税が月割り計算で還付されます。そもそもこの書類を提出する必要がない地域では、「手数料納付書」・「永久抹消登録申請書(及び解体届出書)」の提出だけで、後はその情報が税事務所に送られ、勝手に税の還付手続きがなされます。いずれの場合も、自動車税が還付されるのは後日になります(「自動車税が戻ってくる場合」)。
  <※>車検が1ヶ月以上残っている車の「永久抹消登録手続き」をする場合、上記の「自動車税・自動車取得税申告書」を提出することで、後日、自動車税の一部が戻ってきますが、自動車重量税も戻ります。自動車重量税の還付を受けるには、
・所有者の個人番号カード、または個人番号通知カード、または個人番号の記載がある住民票(コピー可)
・重量税還付金を受領する人の金融機関情報 (金融機関名や口座番号)
・本人以外が申請する場合は委任状(所有者の署名と押印があるもの)
が必要になります。
自動車税の還付は「永久抹消」でも「一時抹消」でも受けられますが、自動車重量税の還付は「永久抹消」をした場合のみです。

 

以上で、永久抹消登録手続きが完了となります。

 

⇒「永久抹消登録手続き」ではなく「一時抹消登録手続き」の方法はこちら

「一時抹消登録手続き」とは、その車に永久に乗らないのではなく、海外出張や長期療養などで「一時的」に登録を抹消することで、自動車税の納税義務を免れるようにする手続きのこと

 

⇒普通乗用車でなく軽自動車の抹消登録手続きに関してはこちら

 

自分でやるのは大変そうだから専門業者に手続きを依頼する

【車 廃車 手続き】 自動車保険(任意保険)の扱い:中断証明など

廃車手続きをする際、自動車保険(任意保険)の手続きも同時に行う必要があります。永久抹消や一時抹消のように、廃車専門業者に手続きを代行してもらうことは、原則できません。と言いますか、電話一本で済むことなので、代行してもらうほどのことではないのですが。代理店か保険会社に電話して、解約したいという意思を伝...

 

 

 

【車 廃車 手続き】 自動車税など税金が未納・未払いであった場合は?

通常、車を廃車手続きした場合、それが「永久抹消登録手続き」であったとしても「一時抹消登録手続き」であったとしても、車検が付いた車を廃車にするわけですから、自動車税や自動車重量税が戻ってきます。  <※>自動車重量税は「永久抹消登録手続き」の場合にのみ戻ります。そもそも車検が付いている車の場合、自動車...

 

 

 

車を廃車にする場合の費用・料金・金額が知りたいのですが?

廃車にはいくら掛かるか?実は、廃車手続きというのは、お金の面で考えると、それほど負担はありません。廃車には、永久抹消と一時抹消がありますが、いずれのケースでも数百円でできてしまいます。ただ、たとえば永久抹消をする場合、これはその車に2度と乗らない場合の手続きなので、まず車を解体処分する必要があります...

 

 

 

【車 廃車 手続き】必要書類:揃えるべき書類は何?

車を廃車にする手続きは、大別すると2つに別れます。その車に2度と乗らない場合は「永久抹消登録」と、一時的に乗らないがまた乗れる状態にしておく「一時抹消登録」の2つです。次に、廃車手続きを自分で全てやる場合と業者さんに依頼してやってもらう場合で、やはり必要となる書類が異なります。さらに、車検証上の名義...

 

 

 

車 廃車 買い取り|引き取り処分ではなく「買い取り」

ここに1台の壊れたパソコンがあるとします。私たち一般のユーザーにとっては、もう何の利用価値もない、いずれ処分すべき廃品に過ぎません。しかし、家電製品のリサイクル業者の目で見ると、たとえ壊れていてもパソコンの中にはレアアースと呼ばれる貴重な資源が詰まっています。だからこそ、有料で買い取ってくれるのです...

 

 

 

車 廃車|プラス査定になれば買い取りしてもらえます。

もう廃車にするしかないと思っていた車に『値段』が付くことがあります。では、どんな車ならプラス査定となって、買い取りの対象になるのでしょう?それは、たとえばこんな車です。<事例1>・事故で動かなくなり、事故現場から修理工場にレッカー移動してもらっている・まだ年式は比較的新しい車で、事故で破損した部位以...

 

 

 

【車 廃車 手続き】返金されて手元に戻るものは?

いろんな事情があって車を廃車にした際、還付されて手元に返金されるものがあります。自動車税の残りの分自動車重量税の残りの分自賠責保険の残りの分自動車保険の残りの分以上です。もう少し詳しく解説します。1)まず、自動車税ですが、当然のことながら、毎年ちゃんと支払っていた場合にのみ、還付金が返金されます。滞...

 

 

 

車 廃車 買取り|引き取り処分ではなく「買取り」

ここに1台の壊れたパソコンがあるとします。私たち一般のユーザーにとっては、もう何の利用価値もない、いずれ処分すべき廃品に過ぎません。しかし、家電製品のリサイクル業者の目で見ると、たとえ壊れていてもパソコンの中にはレアアースと呼ばれる貴重な資源が詰まっています。だからこそ、有料で買い取ってくれるのです...

 

 

 

車 廃車 業者|どんな業者に依頼すればいい?

まず、解体専門の業者さんは避けるべきです。車を解体し、スクラップ処理してリサイクルに回す・・・これが解体専門の業者さんの仕事です。これだと、もうそこら中が錆びていて車内も雨ざらしでメチャクチャ・・・といった車の場合はOKでしょう。でも、まだ走行できる車、走行できないけれどもボディや内部がボロボロとま...

 

 

 

車の廃車手続きには譲渡証明と委任状が必要ですか?

言うまでもありませんが、自分で廃車手続きをする場合には、「譲渡証明」も「委任状」も必要ありません。問題は、業者さんに手続きを依頼した場合です。まず、「委任状」は100%必要になります。委任状の「委任」とは、本来あなたが陸運支局で行うべき手続きを業者に「委任」するという意味です。ですから、当然、必要な...

 

 

 

【車 廃車 手続き】引取証明書:永久抹消登録・解体届出の際必要

引取証明書とは、正式には「使用済自動車引取証明書」といいます。この証明書は、自動車リサイクル券とセットになっている書類で、リサイクル券の下半分のことです。この証明書は、車を2度と乗れないように解体処分し、陸運局で「永久抹消登録」の手続きをする際に必ず必要になります。したがって、もしも自動車リサイクル...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

廃車引き取り無料!

【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

手続き無料で代行!

【車 廃車 手続き】自分でやる場合/業者に依頼する場合

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。