◆自動車リサイクル法:自動車リサイクル券

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

◆自動車リサイクル法:自動車リサイクル券

廃車引き取り無料!

◆自動車リサイクル法:自動車リサイクル券

手続き無料で代行!

◆自動車リサイクル法:自動車リサイクル券

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

◆自動車リサイクル法:自動車リサイクル券記事一覧

自動車リサイクル法とは|いつから 改正 対象 料金 解体業 引取業者など

■自動車リサイクル法とは?日本では、年間350万台前後の車が廃車として解体処分されています。解体された車は、総重量の80%が鉄くずなどとしてリサイクル利用されてきましたが、残りの20%はプラスチックごみなどのシュレッダーダストとして埋め立て処分されてきました。しかし年間350万台という数です。埋め立...

≫続きを読む

自動車リサイクル券|新車購入 中古車購入|どんなしくみ?

<このページの論点>自動車リサイクル券はその車に対して生涯1度だけ発行される(再発行はない)新車購入時に新車のオーナーになる人がリサイクル料を支払うことで発行されるその車が中古車となって流通した場合、車を売った人にリサイクル料は戻り、戻した分を中古車を購入した人が支払うこの際、リサイクル券は、最初の...

≫続きを読む

自動車リサイクル券:再発行の方法は?

<このページの要点>自動車リサイクル券そのものは再発行できない紛失などした場合は、自動車リサイクルシステムのホームページでリサイクル券に代わるものをダウンロードできる■そもそも自動車リサイクル料は、新車を購入した人も支払うし、中古車を購入した人も支払います。このように所有者が代わる度に、その都度、リ...

≫続きを読む

自動車リサイクル券は廃車の際に必要ですか?

<このページの要点>自動車リサイクル券は廃車手続き(永久抹消登録手続き)の際には必ず必要です。リサイクル券がなければ廃車手続きはできません。もしもリサイクル料を支払っていなければ、廃車の時点で支払う必要があります。⇒リサイクル券を紛失した場合は?■その車にもう2度と乗らない場合は「永久抹消登録手続き...

≫続きを読む

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

<このページの要点>自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)は2005年(平成17年)1月1日にスタートした。法令として発布されたのは2002年(平成14年)7月12日。■自動車リサイクル券は、次の機会には必ず発行されなければなりません。・新車登録時・車検を受ける時・廃車にする時したがって、法律がス...

≫続きを読む

自動車リサイクル券:車の買い替え・名義変更・車庫証明など

<このページのポイント>車の買い換え時には、車と同時に自動車リサイクル券を引き渡し、自動車リサイクル料相当額を受け取る権利があります。名義変更の時にも、車と同時に自動車リサイクル券を引き渡し、自動車リサイクル料相当額を受け取る権利があります。車庫証明の時には、自動車リサイクル券は一切必要ありません(...

≫続きを読む

そもそも自動車リサイクル券はいつ発行されますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券が発行されるのは自動車リサイクル料を支払った時です。では、自動車リサイクル料はいつ支払う決まりになっているのでしょう?まず、新車購入時です。中古車購入時にも支払いが必要です。■ほとんどの人は意識していませんが、新車や中古車を購入する際、明細書に「リサイクル料...

≫続きを読む

自動車リサイクル券の料金はいくら?

<このページのポイント>自動車リサイクル券の料金は車種ごとに異なります。各メーカーのホームページで検索することができます。■自分が乗っている車のリサイクル券の料金(リサイクル料)は、各自動車メーカーのホームページで調べることができます。ただ単に総額がわかるだけでなく、内訳の料金も知ることができます。...

≫続きを読む

軽自動車のリサイクル券はどうなっていますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券は、普通車でも軽自動車でもまったく同じ扱いで、違いはありません。新車の軽自動車を購入する際は、購入者はリサイクル料を支払い、リサイクル券を受け取ります。ワンオーナーで廃車まで乗り続ければ、もうリサイクル料を支払う必要はありません。最初の購入者が数年後にこの軽...

≫続きを読む

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

<このページのポイント>車を売却した際は、売却先からリサイクル料が返金されるのが原則です。原則はその通りですが、この点をあいまいにしている業者等もいるようです。しかし、車の所有者が移る場合は、旧所有者はすでに自分が支払っているリサイクル料の返金を受け、新所有者が新たにリサイクル料を支払うのが正規のや...

≫続きを読む

軽自動車のリサイクル券を紛失した場合:普通車と同じ手続き?

<このページのポイント>自動車リサイクル券には普通車と軽自動車の区別はありません。したがって、リサイクル券を紛失した場合の手続きは、普通車も軽自動車も全く同じです。自動車リサイクルシステムのホームページでリサイクル券の代用となるものをダウンロードすれば、これがリサイクル券の代わりになります。自動車リ...

≫続きを読む

自動車リサイクル料:廃車の際の扱い

<このページのポイント>車を廃車処分する際には自動車リサイクル券が必ず必要になります。自動車リサイクル券は自動車リサイクル料を支払っていないと発行されません。ただし、自動車リサイクル券がないからといって、その車に自動車リサイクル料が支払われていない…とは限りません。なぜなら、ただ単に紛失しているだけ...

≫続きを読む

自動車リサイクル料はいつからはじまった?

<このページのポイント>自動車リサイクル法は2005年(平成17年)1月1日にスタートした法律です。これ以降に新車購入したり、中古車購入したり、車検を通したりする場合、必ず自動車リサイクル料を支払わなければならなくなりました。したがって、現在公道を走っている車はほぼ100パーセントがリサイクル料を支...

≫続きを読む

自動車リサイクル預託金とは?

<このページの要点>自動車リサイクル預託金とは、なんのことはない、自動車リサイクル料金のことです。そもそも自動車リサイクル券の正式名称は「預託証明書」です。■預託金の「預託」とは、預けておくこと・・という意味ですね。つまり、全国の車の所有者から車ごとに決められた額(リサイクル料)を徴収し、それを財団...

≫続きを読む

自動車リサイクル料金の預託状況を知るには?

<このページの要点>自分の車がすでにリサイクル料金を支払っているかどうか(預託状況)を知るには、自動車リサイクルシステムのホームページを訪ねて下さい。このサイトの『リサイクル料金検索』ページで<自動車リサイクル料金の預託状況>がわかります。リサイクル券を紛失している場合は、これをプリントアウトするこ...

≫続きを読む

使用済自動車の再資源化等に関する法律とは?

<このページの要点>「使用済自動車の再資源化等に関する法律」とは、通称「自動車リサイクル法」と呼ばれている法律のことこの法律により、自動車メーカーや自動車輸入業者に対して、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の引取・リサイクルを義務づけているそのための処理費用は、リサイクル料金として、車の所有...

≫続きを読む

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

<このページのポイント>業者に車の解体処分を依頼した場合で、実際にちゃんと解体処分が行われているか確認したいときは、自動車リサイクルシステムの『使用済自動車処理状況検索』で調べることができます。検索するために必要な書類は、「車検証」「引取証明書」「自賠責保険証明書」「自動車保険証券」のいずれかの書類...

≫続きを読む

自分の車のリサイクル料金:金額や納入状況を調べるには?

<このページのポイント>今乗っている自分の車にすでにリサイクル料金が支払われているか、それともまだなのか、その金額を含めて納入状況を調べる方法があります。自動車リサイクルシステムという財団法人のホームページ『リサイクル料金検索』ページで調べることが可能です。検索の際、車検証を用意してください。「車台...

≫続きを読む

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

<このページのポイント>車を売った場合は、売った相手からリサイクル料金相当額を受け取る権利があります受け取る権利はありますが、実際の取引では、曖昧な対応でごまかされることもあります■経済産業省の自動車リサイクル法に関するページに、次の記述があります。原則、新車購入時にリサイクル料金を支払っていただく...

≫続きを読む

自動車リサイクル券:リサイクル料金はいつ支払うのですか?

<このページのポイント>リサイクル料金を支払うのは、新車購入時、車検時、中古車購入時です。ワンオーナーで廃車まで乗り続けた場合は、新車購入時に所有者が一度リサイクル料を支払えば、最後までそれ一回きりです。途中で所有者が変わるたびに、前の所有者は自分が支払ったリサイクル料金を受け取り、次の所有者がリサ...

≫続きを読む

リサイクル料金の取戻し申請:海外に持ち出した(輸出した)場合

<このページのポイント>(一般個人ではなく業者さん向け)リサイクル料金が預託されたクルマを海外に持ち出した(輸出した)場合、クルマの所有者は所定の手続きを行うことでリサイクル料金の取戻しができます。取戻し手続きができる期間は、クルマを輸出した日から2年間となっています。■手続き方法 (自動車リサイク...

≫続きを読む

自動車リサイクル法で適正処理された車のリサイクル率は99%

<このページのポイント>全国の自動車オーナーから集められたリサイクル料を管理している公益財団法人自動車リサイクル促進センターによると、自動車リサイクル法で適正処理された車のリサイクル率は約99パーセントです。ただし、この99パーセントはお役所文法による数字です。「適正処理された車」のリサイクル率が9...

≫続きを読む

自分の車のリサイクル券の番号はどうやって検索するの?

<このページのポイント>自分の車のリサイクル券を紛失して手元にない場合、自動車リサイクルシステムのホームページで内容を検索できます。検索して出てきた画面を印刷したものが、紛失したリサイクル券の代用として使えます。そこにはリサイクル券の番号・車台番号・料金等が載っています。■リサイクル券は、普段は全く...

≫続きを読む

自動車リサイクル券の料金には消費税が含まれますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券の料金(リサイクル料)には消費税が含まれています。リサイクル券の料金はメーカーのホームページで調べることができますが、どのメーカーでも、いわゆる「内税方式」で表示しています。■自動車リサイクル券の料金(リサイクル料)の内訳は下記のとおりです。(a)シュレッダ...

≫続きを読む

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

<このページの要点>自動車リサイクル券を紛失した場合、免許証とか車検証のように再発行することはできません。しかし車を廃車にする際、リサイクル券は必ず必要になります。ではどうするかというと、リサイクル券の代用となる書面を入手すればいいのです。代用となる書面は、自動車リサイクルシステムのホームページから...

≫続きを読む

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

◆自動車リサイクル法:自動車リサイクル券

廃車引き取り無料!

◆自動車リサイクル法:自動車リサイクル券

手続き無料で代行!

◆自動車リサイクル法:自動車リサイクル券

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。