自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

廃車引き取り無料!

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

手続き無料で代行!

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

<このページの要点>

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)は2005年(平成17年)1月1日にスタートした。
法令として発布されたのは2002年(平成14年)7月12日。

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

■自動車リサイクル券は、次の機会には必ず発行されなければなりません。

 

・新車登録時
・車検を受ける時
・廃車にする時

 

したがって、法律がスタートした2005年より前に新車登録した車、たとえば、2003年に新車登録した車は、登録時点ではリサイクル料を支払っていません。

 

だから、当然、リサイクル券の発行もなされていません。

 

しかし、最初の車検は2006年なので(普通車乗用車・軽乗用車の場合)、その最初の車検の時点で必ずリサイクル券は発行されています。

 

リサイクル券が発行されていなければ車検は通りませんから、これは100%間違いなく、例外はありません。

 

ただ、リサイクル券そのものを紛失していることはあり得ます。

 

そのため、

 

「今乗っている車、かなり古い車だけど、リサイクル券はどうなっているんだろう・・・?」

 

と不安に感じている方もけっこう多いです。

 

でも、大丈夫です。

 

必ず発行されていますから。

 

だからこそ、いまその車に乗っていられるのです。

 

 

■たとえば、事情があって車を廃車にしようとしている方がいたとします。

 

しかし、友人の話では、廃車の際はリサイクル券というものが必要になる・・・とのこと。

 

でも、そんなもの、今まで一度も見たことないし、自分の車はちゃんとリサイクル料金を支払っているのだろうか・・・?

 

こういう方って非常に多いのです。

 

その理由は、新車登録とか中古車購入の際、あるいは車検を受ける際に、請求書の明細をよく見ていない人が圧倒的に多いからです。

 

よく見れば、項目の中に、必ず「リサイクル料」の文字があります。

 

そして、リサイクル券が発行されていて、車検証入れの中に挟み込んであったりします。

 

だから、こういう心配は一切無用です。

 

 

■ただし、いくら探してもリサイクル券が見当たらない・・・ということはあるでしょう。

 

車を廃車にする際には、リサイクル券はどうしても必要になります。

 

ではどうすればいいのか?

 

リサイクル券そのものは、規則によって再発行はできません。

 

ただ、リサイクル券の代用となる書面があって、これを入手すれば、ごく普通に廃車手続きができます。

 

リサイクル券を紛失した場合は、自動車リサイクルシステムという組織のホームページを訪ねて下さい。

 

この組織は、全国の自動車オーナーから徴収したリサイクル料金を一括して管理している組織の一部門です。

 

ホームページを訪ね、『リサイクル料金検索』ページで<自動車リサイクル料金の預託状況>をプリントアウトします。

 

この<自動車リサイクル料金の預託状況>がリサイクル券の代わりになります。

 

なお、あなたの車の預託状況を調べるには、あなたの車の車検証を手元に用意して下さい。

 

検索の際に、「登録ナンバー(練馬 ○○○ は 1234)」と「車台番号」が必要になるからです。

 

リサイクル券の仕組み:いつ誰が支払うの?

 

リサイクル券は廃車の際に必要?

 

廃車手続き(永久抹消)の具体的なやり方

 

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

<このページのポイント>業者に車の解体処分を依頼した場合で、実際にちゃんと解体処分が行われているか確認したいときは、自動車リサイクルシステムの『使用済自動車処理状況検索』で調べることができます。検索するために必要な書類は、「車検証」「引取証明書」「自賠責保険証明書」「自動車保険証券」のいずれかの書類...

 

 

 

自分の車のリサイクル料金:金額や納入状況を調べるには?

<このページのポイント>今乗っている自分の車にすでにリサイクル料金が支払われているか、それともまだなのか、その金額を含めて納入状況を調べる方法があります。自動車リサイクルシステムという財団法人のホームページ『リサイクル料金検索』ページで調べることが可能です。検索の際、車検証を用意してください。「車台...

 

 

 

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

<このページのポイント>車を売った場合は、売った相手からリサイクル料金相当額を受け取る権利があります受け取る権利はありますが、実際の取引では、曖昧な対応でごまかされることもあります■経済産業省の自動車リサイクル法に関するページに、次の記述があります。原則、新車購入時にリサイクル料金を支払っていただく...

 

 

 

自動車リサイクル券:リサイクル料金はいつ支払うのですか?

<このページのポイント>リサイクル料金を支払うのは、新車購入時、車検時、中古車購入時です。ワンオーナーで廃車まで乗り続けた場合は、新車購入時に所有者が一度リサイクル料を支払えば、最後までそれ一回きりです。途中で所有者が変わるたびに、前の所有者は自分が支払ったリサイクル料金を受け取り、次の所有者がリサ...

 

 

 

リサイクル料金の取戻し申請:海外に持ち出した(輸出した)場合

<このページのポイント>(一般個人ではなく業者さん向け)リサイクル料金が預託されたクルマを海外に持ち出した(輸出した)場合、クルマの所有者は所定の手続きを行うことでリサイクル料金の取戻しができます。取戻し手続きができる期間は、クルマを輸出した日から2年間となっています。■手続き方法 (自動車リサイク...

 

 

 

自動車リサイクル法で適正処理された車のリサイクル率は99%

<このページのポイント>全国の自動車オーナーから集められたリサイクル料を管理している公益財団法人自動車リサイクル促進センターによると、自動車リサイクル法で適正処理された車のリサイクル率は約99パーセントです。ただし、この99パーセントはお役所文法による数字です。「適正処理された車」のリサイクル率が9...

 

 

 

自分の車のリサイクル券の番号はどうやって検索するの?

<このページのポイント>自分の車のリサイクル券を紛失して手元にない場合、自動車リサイクルシステムのホームページで内容を検索できます。検索して出てきた画面を印刷したものが、紛失したリサイクル券の代用として使えます。そこにはリサイクル券の番号・車台番号・料金等が載っています。■リサイクル券は、普段は全く...

 

 

 

自動車リサイクル券の料金には消費税が含まれますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券の料金(リサイクル料)には消費税が含まれています。リサイクル券の料金はメーカーのホームページで調べることができますが、どのメーカーでも、いわゆる「内税方式」で表示しています。■自動車リサイクル券の料金(リサイクル料)の内訳は下記のとおりです。(a)シュレッダ...

 

 

 

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

<このページの要点>自動車リサイクル券を紛失した場合、免許証とか車検証のように再発行することはできません。しかし車を廃車にする際、リサイクル券は必ず必要になります。ではどうするかというと、リサイクル券の代用となる書面を入手すればいいのです。代用となる書面は、自動車リサイクルシステムのホームページから...

車を「廃車」として手放す様々なケース

ここでは、改めて、車を「廃車」として処分する必要を感じるのはどんなケースか、具体的に見ていきたいと思います。

<ケース1>

 

やはり圧倒的に多いのが、車を乗り換えることになって、新車ディーラーとか中古車販売店でいま乗っている車を下取りしてもらおうとしたところ、「査定が付きませんよ」と言われるケースです

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

そのように言われる車は、たいてい走行距離も10万キロを超えていて、初年度登録から10年以上経過している車であることが多いと思います。

 

あるいは、それよりもっと条件がいいけれど(7万キロ・7年など)、それでも値段が付かないと言われることもあるでしょう。

 

ディーラーや中古車販売店がなぜそんな冷たいことを言うかというと、こうした低年式・過走行車を引き取っても、彼らにはそれを売りさばく販路がないからなんです。

 

たとえば、トヨタやホンダのディーラーの場合、程度のいい中古車であれば、トヨタ系列とかホンダ系列で展開している中古車販売網にその車を回すことができます。

 

トヨタで言えばT-UPですね。

 

でも、T-UPで10万キロ超えの中古車を見かけたことがありますか?

 

たとえ展示場に置いてあっても、まず売れないでしょう。

 

結果として、このような車を下取り依頼されても、ディーラーなどは、

 

「値段は付きませんが、こちらで引き取って廃車処分することはできますよ。手数料はいただきますが・・・」

 

と言うことになるのです。

 

ところが、これまでこのページでお話ししてきたように、あなたが最初から廃車専門業者に依頼すれば、過走行車であっても「買取」してもらえることもありますし、たとえ廃車として処分する場合でも、あなたに料金を請求することはなく、また陸運局での事務手続きもあなたに代わってやってくれるのです(無料で)。

 

廃車専門業者は、あなたから引き取った車をお金に換えるための様々なルートを、国内や海外に多数確保しているから、だからこうしたことができるのです

ディーラーで「査定が付かない」と言われた車、買取業者ならいくらで査定するか確かめる

<ケース2>

 

事故で走行不能になった車

 

いわゆる事故車ですね。

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

一番多いのは、事故現場からとりあえずディーラーなり修理工場にレッカー移動してもらい、そこに保管されているケースです。

 

こうしたケースでは、修理するといくら掛かるか、もし車両保険に加入していたらいくら保険金が下りるか・・・などを修理担当の人や保険会社の人と相談するはずです。

 

比較的少額の修理代でまた走行できるのであれば、それでとりあえずは解決することになります。

 

でも、修理するくらいなら買い換えた方が割安だ、というケースもあるでしょう。

 

その場合、車両保険に入っていたら、車両保険から支払ってもらうことでいちおうの決着を見ることになります。

 

しかし車両保険に未加入で、しかも高額の修理代が掛かりそうだというケースであれば、廃車専門業者に査定依頼するのも有効な選択肢となるんです

 

廃車専門業者は、事故で破損したその他の部分を最大限、徹底的にお金に換えるルートを持っています

 

事故車の年式によっては、数十万円で引き取ってくれることもあります。

そのまま修理工場に廃車処理を依頼するより、廃車専門業者に引き取ってもらった方が金額的に有利なケースがほとんどです

<ケース3>

 

車検切れの状態でそのまま放置された車

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

車検の時期が近づき、車屋さんに見積もりを出してもらったところ、とても支払えそうにない金額が出てきて途方に暮れてしまう。

 

あれこれお金の工面をしてみたけれど、ちょっと支払えそうにない・・・こんな感じで時間だけが経過してやがて車検の時期が過ぎてしまうことがあります。

 

特に多いのがポルシェなどの外国車を手ごろな価格の中古車として購入した人に多いケースです

 

車検時に交換する部品がいろいろ出てきて、維持費の負担に耐えきれなくなるんですね。

 

日本車であっても、学生さんなどが車を所有している場合には、車検を期に車を放置してしまうことがしばしばあります

 

いずれにしても、あなたのお車がこのような状態で放置されているとしたら、1日も早く廃車専門業者に引き取り依頼を出した方がいいです。

 

なぜなら、車検が切れているといってもナンバープレートは付いたままであるはず

 

ナンバープレートが付いているということは、陸運局はあなたが車に乗り続けていると判断するので、5月になれば自動車税の請求書が送られてくるからです。

 

<※>お住まいの都道府県によっては、車検切れの車に対しては、自動車税を一時的に保留状態にする「自動車税課税保留制度」が適用されるところがあります。神奈川県などがそうです。保留状態なので自動車税の請求は来ませんし、支払わなくてもいいのですが、あくまでも保留なので、車の抹消手続きを完了するまでこの保留状態が続きます。抹消手続きがとられれば、保留状態も解除され、それまで保留にされていた期間の自動車税も支払わなくて済みます。

廃車専門業者に引き取りを依頼すれば、あなたの自己負担0円で廃車手続きしてもらえますし、車の状態がよければ「買取」もしてもらえます

<ケース4>

 

上記は車検切れによる放置車両ですが、故障がきっかけで放置されることもあります

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

こうした放置車両の場合も、車検切れの場合と同じように、ナンバープレートを返納していない限り、陸運局はあなたが乗り続けていると判断し、自動車税の支払い義務はそのまま継続します。

 

車検切れの場合は、上で見たように、一部自治体(神奈川県など)では、自動車税の支払いを保留にする「自動車税課税保留制度」の対象となりますが、故障でそのまま放置されている車は、車検を残したまま放置状態になっているケースもあり、その場合は自動車税を支払う義務があります

 

多くの人は、故障でもう動かない車だから、廃車にするにはレッカーや積載車で引き取ってもらう必要があり、当然、料金を請求されるだろうとお考えになるはず。

 

けれども、廃車専門業者に引き取りを依頼すれば、あなたの自己負担0円で廃車処理してくれるのです

 

レッカー費用や積載車の費用はもちろん無料ですが、その他陸運局にナンバープレートを返納したり、抹消手続きをしたり、自動車税・自動車重量税の還付手続きをしたりと、そうした手間の掛かる手続きに関しても無料でやってくれるのです。

 

廃車専門業者からみれば、故障車というのは、故障しているところ以外はじゅうぶんお金になります

 

特に、まだ年式が高い車SUV車スポーツカーディーゼル車高級ワゴン車などが故障で動かなくなったケースでは、数十万円で「買取」してもらえることもあります。

廃車専門業者に引き取りを依頼すれば、あなたの自己負担0円で廃車処理してくれるし、状態がよければ「買取」してくれますよ

<ケース5>

 

台風などで水没し、それがきっかけで動かなくなってしまった車

 

いわゆる水没車ですね。

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

水に浸かり、泥をかぶって動かなくなった車は、わたしたち一般のユーザーにとっては、もう価値の無い車になってしまいますが、廃車専門業者からみれば、まだまだ利用価値があるのです。

 

高圧洗浄機で隅から隅まで洗浄し、乾燥させれば、何とエンジンが掛かるケースもあります。

 

エンジンが掛からず、廃車として処分するしかない場合でも、まだまだ使える部品はたくさんあります。

 

つまり、お金になるのです。

水没車であっても、廃車専門業者に引き取りを依頼すれば、あなたの自己負担は0円で引き取ってもらえますし、状態がよければ、「買取」してもらえることもあります

<ケース6>

 

近年増えているケースなんですが、高齢の親が亡くなり、それまで乗っていた車が残されるというケースです

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

これはかなりやっかいなケースなんですね。

 

親が乗っていたのですから、当然、その車の車検証を見ると、所有者の欄が親の名前になっているはずです。

 

こうなると、この車は<遺産相続の対象>となるのです。

 

それゆえ、勝手にこの車を売却することができなくなります。

 

親の遺した土地や建物と同じように、遺産を相続する権利がある人全員のサインと押印がなければ、車に手をつけることができなくなります

 

廃車専門業者は、日々、こうした特殊なケースにも遭遇しています。

 

なので、あなたが何をどうすればいいのか、適切にアドバイスしてくれるのです

 

もちろん、いざ相続人にサインと押印を求めるといったことに関しては、当事者であるあなたが汗を流さなければなりませんが、そこにいたるまでの段取りとか必要な書類など、わかりやすく親切に教えてくれるので、とても安心感が高いですよ。

 

そうやって遺産相続の手続きが完了したら、晴れて車を引き取ってもらえます。

 

車の状態によって、「買取」してもらうこともできますし、廃車として手続きするしかない場合でも、あなたの自己負担なしに処分してもらえます。

相続の対象になっている車の処分は専門業者に依頼するのが一番

<ケース7>

 

自宅の敷地とか管理している駐車場などに放置された車

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

これは放置車両のなかでも特に筋の悪いケースです。

いつのまにか自宅敷地内に他人の車が放置されており、タイヤが外されたり、ウィンドウを割られるなどしている。治安の面からも何とかしたい。

 


運営する有料駐車場内に長期にわたり放置された車があり、料金も滞納になっていて、所有者とも連絡が付かず、困り果てている。

 

具体的にはこうしたケースです。

 

放置されている車の所有者は、当然、他人名義です。

 

あなたの車でなく、人の車ですから、一般的には、勝手に処分することはできません。

 

しかし、いくら他人様の車であっても、土地所有者として迷惑を被っているのですから、ただ黙っているわけにもいきませんよね

 

弁護士さんや司法書士さんに相談するのも1つの方法です。

 

しかし、もっと実際的に、実務的に、様々な同様のケースを解決してきた経験を豊富に持っている人たちもいます

 

それこそが廃車専門業者さんなんです。

 

廃車専門業者は、当然、法律をわきまえています。

 

勝手に撤去するのではなく、ちゃんと手順を踏んで、車の所有者に後からクレームをつけられることがないやり方で、放置車両を引き取ってくれるんです

 

料金も含めて、一度相談するといいと思います。

放置車両の引き取り処分はノウハウを心得ている廃車専門業者へ

 

以上、車を「廃車」として手放すことになる様々なケースを見てきました。

 

全体を整理整頓すると、次のようになると思います。

 

「査定が付かない」といわれた過走行・低年式車
事故で動かなくなった車
車検切れで動かなくなった車
故障で動かなくなった車
水没して動かなくなった車
親が亡くなり残された車
放置状態になっている他人名義の車

 

こうした車を処分しようと思ったら、廃車専門業者に引き取りを依頼するのが、最もカンタンで最もオトクな方法となります。

 

当サイトの管理人は、まずは以下のサイトに査定見積もりを依頼することをオススメします。

 

カーネクスト(全国対応)

 

・時間的な余裕がなく、複数の業者に査定依頼するゆとりがない場合は、この業者1社で特に問題ないと思います。

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

 

・過去の利用者からの評価が非常に高い会社です。

 

・印鑑証明書などあなたが取り寄せるべき書類、今後の手順など、わかりやすく丁寧に説明してくれる安心感の高い会社です。

 

・引き取った車は何でもかんでも廃車処分するのではなく、まず「中古車」としての引き取り手を探し、それが無理なら隅から隅まで分解して、区分けされた各パーツを「部品」として販売します。

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

・「部品」として利用できない部分は、タイヤは燃料に、プラスチックや金属部分はリサイクルに、と最後の最後まで利用し尽くします。

 

 

・アルミホイール、オーディオ、カーナビ等、取り外して次の車に使いたいものがあれば、ちゃんと外してくれますよ。

 

     

>> カーネクスト(全国対応)に査定依頼する

 

廃車トッドコム(全国対応)

 

・ある程度時間に余裕がある場合は、上のカーネクストだけでなく、こちらの会社にも査定依頼するといいと思います。

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

 

やはり、1社だけに査定してもらうより、複数の業者に競合してもらった方が、あなたにより有利な金額が出やすいですからね

 

・査定依頼するには車の情報を打ち込む必要があり、同じ事を二度繰り返すのは面倒だと思われるかもしれません。

 

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

・しかし、面倒なのは一度目だけで、二度目は一度目の3分の1から4分の1ほどの時間でできちゃいますよ。

 

 

・「年式」とか「排気量」とか「車台番号」など、車検証のどこを見ればいいのか一度目は迷いますが、二度目は迷いようがないからです。

 

>> 廃車トッドコム(全国対応)に査定依頼する

 

ズバット車買取比較(全国対応)

 

・ここは廃車専門業者ではなく、一般的な「中古車」の一括見積比較サイトです(5社前後の査定比較ができる)。

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

 

・ディーラーなどで「査定が付かない」と言われたものの、車の状態は決して悪くなく、まだまだ現役で活躍できそうな車ってけっこうあるものです。

 

・また、スポーツ車、四輪駆動のオフロード車、ディーゼル車、商用車(バン・ワゴン・トラックなど)といった特徴のある車は、ディーラーでは査定がつかなくても、こうした車の販売を得意とするお店では喜んで引き取ってくれるケースが数多くあります。

 

・したがって、まだ充分乗れる車をどこかで引き取ってもらおうと思ったら、ズバット車買取比較に査定依頼してみると、思わぬ金額で買い取ってくれる会社が見つかる可能性が高いです。

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

・その際、同時にカーネクストにも査定依頼するとほぼ万全だと言えます。

 

・ズバット車買取比較に参加している業者は、主な取引先が日本国内になりますが、カーネクストの場合は日本国内はもちろん海外輸出するルートも数多く抱えています。

 

・カーネクストとズバット車買取比較の両方に査定依頼することで、国内・海外の幅広い販売ルートを視野に置けるので、より有利な金額が出る可能性が高まるのです。

 

>> ズバット車買取比較(全国対応)

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

廃車引き取り無料!

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

手続き無料で代行!

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。