自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

廃車引き取り無料!

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

手続き無料で代行!

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

このページのポイント

車を売却した際は、売却先からリサイクル料が返金されるのが原則です。
原則はその通りですが、この点をあいまいにしている業者等もいるようです。
しかし、車の所有者が移る場合は、旧所有者はすでに自分が支払っているリサイクル料の返金を受け、新所有者が新たにリサイクル料を支払うのが正規のやり方です。

■経済産業省の自動車リサイクル法に関するページには次のような記述があります。

原則、新車購入時にリサイクル料金を支払っていただくこととなります。 リサイクル料金を支払うと、リサイクル券や領収書が発行されますので、確実に入手するようにしてください。 ちなみに、リサイクル料金を支払ってあるクルマを他の人に売る場合は、次の所有者の方から、車両部分の価値金額に加えて、リサイクル料金相当額を受け取る権利があります。(赤文字部分は当サイト管理人)

車を業者に売却する場合、新車購入の際に下取りとしてディーラーに出す場合、あるいはオークションなどで個人間取引をする場合、これらいずれのケースでも、新所有者になる人は旧所有者に対して、車両価格相当額にプラスして自動車リサイクル料相当額を支払う必要があります。

 

ちゃんとした買取業者であれば、車を売却する際の明細書を見れば、「車両価格」とは別の行に「リサイクル料」の項目があるはずです。

 

けれども、明細書に「リサイクル料」の記載がないので、どうなっているのか尋ねると、次のように返す業者もあります。

 

「ああ、それはですね、車両価格の中に含まれているんですよ」と。

 

・・・調子のいい業者ですね。

 

これ、ごまかしです。

 

なぜなら、明細書を見ると、名義変更等の手続きにかかる費用はちゃんと別項目として記載してあるのです。

 

それなのに、「リサイクル料」だけ記載せず、車両価格に含めるなんて、ごまかし以外の何物でもありません。

 

ずるい業者です。

 

ただ、残念なことに、いまのところ、こうした行為を明確に罰する法律はないようです。

 

ほとんどの車のリサイクル料は、1万円から2万円の間なので、車を売却す側もあまりシビアにチェックしていないというのが現状かもしれません。

 

 

■廃車として解体処分する場合は返金されない

 

上記はリサイクル料が返金されるケースですが、あなたが今お乗りの車を廃車にするために解体業者等に引き渡した場合は、リサイクル料は返金されません。

 

というのも、自動車リサイクル法の本来の趣旨は、「その車の最終所有者がリサイクル料を負担する」というものだからです。

 

あなたが車を廃車処分する場合は、まさにあなたがその車の「最終所有者」になりますから、当然、リサイクル料は返金されません。

 

ただ、こういうケースもあります。

 

車を廃車にしようと業者に連絡し、車を引き取りに来てもらったところ、

 

「お客さん、この車、まだまだ乗れますよね。解体処分ではもったいないので、うちで買取させていただきます。」

 

というようなケースです。

 

このケースは、通常の車買取とかディーラーでの下取りと同じことなので、あなたはリサイクル料を返金してもらえます。

 

買い取りした側は、まずあなたにリサイクル料を返金し、新たに自分がリサイクル料を支払うことになります。

 

 

■リサイクル券は駅伝のタスキ

 

これまで述べてきたように、自動車リサイクル料は、車の所有者が替わる度に、新旧所有者の間で返金とか支払いなどが発生します。

 

ところが、自動車リサイクル券そのものは、新たに発行されるようなことはなく、最初の所有者が発行してもらったリサイクル券を、駅伝のタスキのように代々受け継いで使用されることになっています。

 

だから、大事に取り扱わなければならない重要な書類なのです。

 

通常、車検証と一緒に車のダッシュボードの中などにあります。

 

けれども、ほとんどの車所有者はリサイクル券のことに無関心なので、時々紛失してしまうことがあります。

 

こんなときはどうすればいいか?

 

すでに述べたように、リサイクル券そのものを再発行することはできません。

 

しかし、リサイクル券の代用となるものを手に入れることは可能です。

 

自動車リサイクルシステムのホームページを訪ね、『リサイクル料金検索』ページで<自動車リサイクル料金の預託状況>を表示させ、これをプリントアウトします。

 

このプリントアウトされた<自動車リサイクル料金の預託状況>がリサイクル券の代わりになります。

 

 

■リサイクル券が必要になるのは車を廃車にする時だけ

 

ほとんどの車の所有者は自動車リサイクル法のことを詳しく知りませんし、当然、リサイクル券がどこに保管してあるかということも、普段全く意識していないと思います。

 

しかし、自動車リサイクル券がどうしても必要になる時があります。

 

それは、車を廃車処分する時です。

 

もう2度とその車に乗れないようにするには、まず車を解体処分し、つぎに陸運局で「永久抹消登録手続き」をする必要があります。

 

こうした手続きの際にリサイクル券はどうしても必要になるのです。

 

ただ、上記のように、仮に紛失していても何とかなります。

 

その点は大丈夫なのでご安心を。

 

けれども、廃車手続きに関しては、もしも自分ですべてやるとなると、かなり面倒なことになります。

 

そもそも陸運局は平日しか開いていませんので、仕事を休まなければならないでしょう。

 

また、必要書類に必要事項を書き込む際も、普段やりなれている人ならともかく、一般の私たちにしてみれば、何をどう記入していいのか戸惑うことが多いのです。

 

何よりも、自分ですべての手続きをする場合、車の解体費用等を含めて2万円前後の費用がかかったりします。

 

 

■廃車専門業者に依頼すれば、「最低でも0円」でやってもらえる

 

こうした事情もあって、今では、車の廃車手続きをすべて自分でやる人はあまり見かけません。

 

ほとんどの人が業者に任せているのが実情です。

 

ただし、ディーラーに廃車として引き取ってもらう場合は手数料を取られますし、引き取り業者等に依頼した場合もレッカー費用や手続き費用などを請求されることもあります。

 

やはり、車の解体から陸運局での手続きに至る一連の手続きをすべて丸抱えで代行してくれる廃車専門業者が、もっとも使い勝手がいいといえます。

 

以下に、当サイトがおすすめする廃車専門業者をランキングでご紹介します。
<※>実際に査定依頼する際は「自動車検査証(車検証)」をお手元に用意してください。

<第1位> カーネクスト(全国対応)

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

カーネクストに車の廃車手続きを依頼すると最低でも自己負担0円でやってもらえます(「0円以上買取保証付」)。

 

 

レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合でも自己負担ナシです。

 

 

・陸運局で一連の廃車手続きを代行してくれるので手間いらずです。

 

・車検が残っている車なら自動車税や自動車重量税の還付金を後日受け取れます。

 

・アフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースが数多くあります。

 

・一般的な乗用車だけでなく商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も海外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が可能です。

 

車検切れの車ローンが残っている車亡くなった親名義の車で遺産相続の対象になっている車自分の土地に放置されている他人名義の車海外赴任で急遽廃車にしたい車など、様々な特殊案件にも対応してくれます。

 

追跡システムを導入しているので、引き渡した車の「その後」がわかり、とても安心感が高いです。

 

<※>お急ぎの場合はここ1社だけでいいですが、時間に余裕があれば2位あるいは3位にも査定依頼し、競合させた方がより高い査定額が期待できますよ。

<第2位> 廃車トッドコム(全国対応)

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

廃車ドットコムに廃車手続きを依頼した場合も、その後の手続きの流れはランキング1位のカーネクストとほとんど同じです。

 

・廃車に伴う自己負担は無料ですし、レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合も自己負担はありません。

 

・車の程度がよければプラス査定が付き、有料での「買取」となります。

 

・陸運局での廃車手続きの代行も無料でやってくれますし、自動車税や自動車重量税の還付手続きも無料で代行してやってくれます。

 

・廃車ドットコムとランキング1位のカーネクストとの違いは、得意分野がやや異なるところです。

 

・カーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った車を完成車のまま輸出するのが得意です。

 

・一方、廃車ドットコムの方は、車を徹底的に分解整理し、使えるパーツは隅から隅まで「部品」として使い切ることが得意で、そのための国内販路・海外販路を豊富に抱えています

 

・では、まだ走行可能な車はカーネクストの方が高い値段が付き、不動車は廃車ドットコムの方が有利かというと、それは一概に言えません。

 

・それぞれが「いま特に必要としているもの」が違っていて、引き取るタイミングによって、どちらがより高い査定をつけてくれるかは、その時によって異なるからです。

 

・ですから、時間的に余裕があれば、カーネクストと廃車ドットコムの両方に査定見積もりを依頼するのがベストだと思います。

 

・いずれの会社も評価の高い会社ですが、やはり、1社だけに依頼するよりも、複数社に依頼して、競う相手がいることをそれぞれの業者さんに知らせた方が、より高い査定額が付きやすいのが世の常ですから

 

<第3位> ズバット車買取比較(全国対応)

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

ズバット車買取比較は中古車の一括査定比較サイトです。

 

・ランキング1位と2位は共に廃車買取専門店ですが、ズバット車買取の得意分野は一般的な中古車です。

 

・あなたが廃車を検討しているお車が、まだ充分使用できる車で、外装も内装も一定の水準を保っているお車なら、中古車買取で強みを発揮するズバット車買取で思わぬ金額が付くことがあります。

 

たとえディーラーで査定が付かないと言われた車でも買取額が付くことはごく普通のことです

 

・ズバット車買取に査定を申し込むと、申し込んだあなたの車の情報が全国200社を超える車買取店に一斉にメール配信されます(個人情報は厳守されます)。

 

・すると、200を超える買取店がそれぞれあなたの車に対する買取金額を提示します。

 

・そうやって提示された買取金額の上位5社〜10社をコンピューターが絞り込み、絞り込まれた数社からあなたにメールや電話で連絡がきます(たいてい5社前後)。

 

あとは、それらの会社の中で一番高く買い取ってくれる会社を選ぶだけです

 

・もちろん、ランキング1位と2位の廃車専門店でも、程度のいい車はプラス査定となって「買取」してもらえますが、その際の買取金額が業界の最高値に近いかどうか、ちょっと微妙なところがあります。

 

・しかし、ズバット車買取で200社を超える買取店が競合した場合なら、ほぼ業界の最高値だと判断でき、後で後悔することが無いと思います

 

・そもそも自分の車にどの程度の価値があるのか、廃車しかないのか、中古車として買取してもらえるのか、私たち一般人には判断が付かないのが普通です。

 

・当サイトの管理人のわたしがオススメするベストな方法は、ランキング1位のカーネクストとズバット車買取比較の2つに査定依頼する方法です。

 

事故車、不動車、車検切れで放置された車、水没車などは、ランキング1位と2位の廃車専門店2社で競合する方法をオススメしますが、現役でじゅうぶん活躍できそうな車なら、カーネクストとズバット車買取比較の2カ所で競合した場合が一番いい結果が得られるでしょう

 

自動車リサイクル法とは|いつから 改正 対象 料金 解体業 引取業者など

■自動車リサイクル法とは?日本では、年間350万台前後の車が廃車として解体処分されています。解体された車は、総重量の80%が鉄くずなどとしてリサイクル利用されてきましたが、残りの20%はプラスチックごみなどのシュレッダーダストとして埋め立て処分されてきました。しかし年間350万台という数です。埋め立...

 

 

 

自動車リサイクル券|新車購入 中古車購入|どんなしくみ?

<このページの論点>自動車リサイクル券はその車に対して生涯1度だけ発行される(再発行はない)新車購入時に新車のオーナーになる人がリサイクル料を支払うことで発行されるその車が中古車となって流通した場合、車を売った人にリサイクル料は戻り、戻した分を中古車を購入した人が支払うこの際、リサイクル券は、最初の...

 

 

 

自動車リサイクル券:再発行の方法は?

<このページの要点>自動車リサイクル券そのものは再発行できない紛失などした場合は、自動車リサイクルシステムのホームページでリサイクル券に代わるものをダウンロードできる■そもそも自動車リサイクル料は、新車を購入した人も支払うし、中古車を購入した人も支払います。このように所有者が代わる度に、その都度、リ...

 

 

 

自動車リサイクル券は廃車の際に必要ですか?

<このページの要点>自動車リサイクル券は廃車手続き(永久抹消登録手続き)の際には必ず必要です。リサイクル券がなければ廃車手続きはできません。もしもリサイクル料を支払っていなければ、廃車の時点で支払う必要があります。⇒リサイクル券を紛失した場合は?■その車にもう2度と乗らない場合は「永久抹消登録手続き...

 

 

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

<このページの要点>自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)は2005年(平成17年)1月1日にスタートした。法令として発布されたのは2002年(平成14年)7月12日。■自動車リサイクル券は、次の機会には必ず発行されなければなりません。・新車登録時・車検を受ける時・廃車にする時したがって、法律がス...

 

 

 

自動車リサイクル券:車の買い替え・名義変更・車庫証明など

<このページのポイント>車の買い換え時には、車と同時に自動車リサイクル券を引き渡し、自動車リサイクル料相当額を受け取る権利があります。名義変更の時にも、車と同時に自動車リサイクル券を引き渡し、自動車リサイクル料相当額を受け取る権利があります。車庫証明の時には、自動車リサイクル券は一切必要ありません(...

 

 

 

そもそも自動車リサイクル券はいつ発行されますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券が発行されるのは自動車リサイクル料を支払った時です。では、自動車リサイクル料はいつ支払う決まりになっているのでしょう?まず、新車購入時です。中古車購入時にも支払いが必要です。■ほとんどの人は意識していませんが、新車や中古車を購入する際、明細書に「リサイクル料...

 

 

 

自動車リサイクル券の料金はいくら?

<このページのポイント>自動車リサイクル券の料金は車種ごとに異なります。各メーカーのホームページで検索することができます。■自分が乗っている車のリサイクル券の料金(リサイクル料)は、各自動車メーカーのホームページで調べることができます。ただ単に総額がわかるだけでなく、内訳の料金も知ることができます。...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

廃車引き取り無料!

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

手続き無料で代行!

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。