使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

廃車引き取り無料!

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

手続き無料で代行!

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

このページのポイント

業者に車の解体処分を依頼した場合で、実際にちゃんと解体処分が行われているか確認したいときは、自動車リサイクルシステムの『使用済自動車処理状況検索』で調べることができます。
検索するために必要な書類は、「車検証」「引取証明書」「自賠責保険証明書」「自動車保険証券」のいずれかの書類です。
ちゃんと解体処分されていないと、自動車重量税の還付金を受け取れなくなります。
またちゃんと解体処分されていないと、いまだ公道を走っていると解釈され、自動車税の支払通知書が届いてしまいます。

 

■たとえば、あなたがお乗りの車が古くなり、ディーラーなどに下取り依頼しても「値段(査定)がつかない」と言われた場合は、では廃車にしようか、ということになるでしょう。

 

そこであなたは、近所の業者さんに車の廃車処分を依頼します。

 

この時、あなたの描くイメージとしては、車をスクラップ状態にし、もう完全に乗れないものとして処理した後で、陸運局で廃車手続きをしてもらう・・・といったものになるはずです。

 

これは、「永久抹消登録手続き」と呼ばれるものです。

 

けれども、業者の中には、別の対応をするところもあります。

 

つまり、車は解体処分せず、中古車として国内・海外のいずれかの業者に売却する・・・というやり方です。

 

この場合、業者は、車を「永久抹消」ではなく「一時抹消」します。
  <※>「一時抹消登録手続き」は、例えば、海外勤務などで一時的に車に乗らない場合に行う手続き

 

当然、車は解体処分などしません。

 

まだ完成車の状態で残っています。

 

こうしたケースでは、その業者が車の名義をちゃんと自分の会社名義なり次の所有者の名義に変更する手続きを行うのであれば、何の問題もありません。

 

つまり、あなたに不利益になるような問題は何も生じません。

 

けれども、いい加減な業者(悪徳業者)であれば、その点をいい加減にやる可能性もあり、そうなると、後日あなたに不利益をもたらす可能性も出てくるわけです。

 

廃車を依頼したあなたとしては、これでは安心していられませんね。

 

 

■そこで、業者に廃車を依頼して、その後その車がどうなったか、ちゃんと解体処分されたか・・・などを確認したい場合は、自動車リサイクルシステムのホームページで確認できるようになっているのです。

 

自動車リサイクルシステムの『使用済自動車処理状況検索』です。

 

検索するために必要な書類は、「車検証」「引取証明書」「自賠責保険証明書」「自動車保険証券」のいずれかの書類です。

 

「車検証」は廃車に出した時に車につけているから手元にないかもしれません。

 

「引取証明書」は、廃車に出すときに業者にリサイクル券を渡す必要があり、そのリサイクル券の下半分がこの「引取証明書」なのですが、業者が切り取ってあなたに渡してくれます。

 

「自賠責保険証明書」と「自動車保険証券」は、廃車に出す前に手元に取っておくべき書類ですから、このいずれかさえあれば、検索できます。

 

つまり、検索に必要なのは「車台番号」と「登録番号」あるいは「リサイクル番号」です。

 

車台番号」は必ず必要ですが、「登録番号」と「リサイクル番号」はどちらかがわかればOKです。

 

それぞれの書類は次の画像を参考にしてください。

 

<車検証>

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

 

<引取証明書(下半分)>

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

 

<自賠責保険証明書>

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

 

<自動車保険証券>

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

 

いずれにしましても、廃車手続きを業者に依頼する場合は、信頼できるところを選ばなければ、あとであなたに不利益が返ってきますので、業者選びは慎重になさってください。

 

廃車手続きを自分でやる場合・業者に依頼する場合

 

永久抹消登録手続きの方法

 

一時抹消登録手続きの方法

 

自動車リサイクル法とは|いつから 改正 対象 料金 解体業 引取業者など

■自動車リサイクル法とは?日本では、年間350万台前後の車が廃車として解体処分されています。解体された車は、総重量の80%が鉄くずなどとしてリサイクル利用されてきましたが、残りの20%はプラスチックごみなどのシュレッダーダストとして埋め立て処分されてきました。しかし年間350万台という数です。埋め立...

 

 

 

自動車リサイクル券|新車購入 中古車購入|どんなしくみ?

<このページの論点>自動車リサイクル券はその車に対して生涯1度だけ発行される(再発行はない)新車購入時に新車のオーナーになる人がリサイクル料を支払うことで発行されるその車が中古車となって流通した場合、車を売った人にリサイクル料は戻り、戻した分を中古車を購入した人が支払うこの際、リサイクル券は、最初の...

 

 

 

自動車リサイクル券:再発行の方法は?

<このページの要点>自動車リサイクル券そのものは再発行できない紛失などした場合は、自動車リサイクルシステムのホームページでリサイクル券に代わるものをダウンロードできる■そもそも自動車リサイクル料は、新車を購入した人も支払うし、中古車を購入した人も支払います。このように所有者が代わる度に、その都度、リ...

 

 

 

自動車リサイクル券は廃車の際に必要ですか?

<このページの要点>自動車リサイクル券は廃車手続き(永久抹消登録手続き)の際には必ず必要です。リサイクル券がなければ廃車手続きはできません。もしもリサイクル料を支払っていなければ、廃車の時点で支払う必要があります。⇒リサイクル券を紛失した場合は?■その車にもう2度と乗らない場合は「永久抹消登録手続き...

 

 

 

自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)はいつから始まったのですか?

<このページの要点>自動車リサイクル券(自動車リサイクル法)は2005年(平成17年)1月1日にスタートした。法令として発布されたのは2002年(平成14年)7月12日。■自動車リサイクル券は、次の機会には必ず発行されなければなりません。・新車登録時・車検を受ける時・廃車にする時したがって、法律がス...

 

 

 

自動車リサイクル券:車の買い替え・名義変更・車庫証明など

<このページのポイント>車の買い換え時には、車と同時に自動車リサイクル券を引き渡し、自動車リサイクル料相当額を受け取る権利があります。名義変更の時にも、車と同時に自動車リサイクル券を引き渡し、自動車リサイクル料相当額を受け取る権利があります。車庫証明の時には、自動車リサイクル券は一切必要ありません(...

 

 

 

そもそも自動車リサイクル券はいつ発行されますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券が発行されるのは自動車リサイクル料を支払った時です。では、自動車リサイクル料はいつ支払う決まりになっているのでしょう?まず、新車購入時です。中古車購入時にも支払いが必要です。■ほとんどの人は意識していませんが、新車や中古車を購入する際、明細書に「リサイクル料...

 

 

 

自動車リサイクル券の料金はいくら?

<このページのポイント>自動車リサイクル券の料金は車種ごとに異なります。各メーカーのホームページで検索することができます。■自分が乗っている車のリサイクル券の料金(リサイクル料)は、各自動車メーカーのホームページで調べることができます。ただ単に総額がわかるだけでなく、内訳の料金も知ることができます。...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

廃車引き取り無料!

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

手続き無料で代行!

使用済自動車(解体処分された車)の処分状況を確認するには?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。