車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

廃車引き取り無料!

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

手続き無料で代行!

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

このページのポイント

車を売った場合は、売った相手からリサイクル料金相当額を受け取る権利があります
受け取る権利はありますが、実際の取引では、曖昧な対応でごまかされることもあります

 

■経済産業省の自動車リサイクル法に関するページに、次の記述があります。

 

原則、新車購入時にリサイクル料金を支払っていただくこととなります。 リサイクル料金を支払うと、リサイクル券や領収書が発行されますので、確実に入手するようにしてください。 ちなみに、リサイクル料金を支払ってあるクルマを他の人に売る場合は、次の所有者の方から、車両部分の価値金額に加えて、リサイクル料金相当額を受け取る権利があります(下線は当サイト管理人)
  <※>経済産業省「自動車リサイクル料金はいつ支払うの?

 

この記述からもわかるように、車を買取業者に売却する場合も、ディーラーに下取りしてもらう場合も、オークションなどで個人間取引をする場合も、原則として、次の所有者となる人からリサイクル料金相当額を受け取る権利があるのです。

 

ところが、「受け取る権利がある」としているだけで、実際にその通りに行われていなかったとしても、現状では法的な罰則はありません。

 

事実、多くの車売買の現場では、明細書の中に「リサイクル料」の記述が見られないケースがごく普通にあります。

 

「リサイクル料は戻らないのですか?」

 

と売る側が買取業者にたずねると、

 

「ああ、それは買取額の中に含まれてますから・・・」

 

などといった答えが返ってくる有様です。

 

けれども、それなら明細書など不要なはず。

 

他の項目は細々と記載されているにもかかわらず、リサイクル料だけないのは、要するに「ごまかしている」ということになります。

 

 

■このように、車を売る側にはリサイクル料金相当額を「受け取る権利」があるのですから、堂々と主張して下さい。

 

中には、ごまかすつもりはなくて、ただ単に知識としてこのことを知らない人もいると思います。

 

そういう人と取引をする場合は、経済産業省の上記ページをプリントアウトして相手に手渡すといいですよ(相手が業者でも個人でも)。

 

 

■そもそもの話をすると、自動車リサイクル券そのものは、車の所有者が代わっても、代々同じリサイクル券が引き継がれていきます。

 

しかし、リサイクル料金は、その車を廃車にする時点の所有者が負担することになっています(「最終所有者負担原則」)。

 

車を売買した場合、売買成立の時点では、車を買う人が「最終所有者」ということになりますから、当然、リサイクル料金を負担しなければなりません。

 

でも、リサイクル料金は前の所有者がすでに支払っています。

 

そのまま何もしないで車が売買されれば、結果的に買う人はリサイクル料金を負担しないで済んでしまいます。

 

これではおかしいですよね?

 

したがって、次の所有者は前の所有者(リサイクル料金をすでに支払っている人)にリサイクル料金相当額を支払う必要があるのです。

 

車種によってリサイクル料金は異なりますが、平均でも1万円〜2万円の間の金額です。

 

決して無視できる金額ではありません(牛丼が40杯前後食べられる額です)。

 

堂々と権利を主張し、受け取るべきものをちゃんと受け取るようにして欲しいです。

 

そもそも自動車リサイクル法とは?

 

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

 

自動車リサイクル券:車の買い換え・名義変更・車庫証明など

 

軽自動車のリサイクル券はどうなっていますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券は、普通車でも軽自動車でもまったく同じ扱いで、違いはありません。新車の軽自動車を購入する際は、購入者はリサイクル料を支払い、リサイクル券を受け取ります。ワンオーナーで廃車まで乗り続ければ、もうリサイクル料を支払う必要はありません。最初の購入者が数年後にこの軽...

 

 

 

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

<このページのポイント>車を売却した際は、売却先からリサイクル料が返金されるのが原則です。原則はその通りですが、この点をあいまいにしている業者等もいるようです。しかし、車の所有者が移る場合は、旧所有者はすでに自分が支払っているリサイクル料の返金を受け、新所有者が新たにリサイクル料を支払うのが正規のや...

 

 

 

軽自動車のリサイクル券を紛失した場合:普通車と同じ手続き?

<このページのポイント>自動車リサイクル券には普通車と軽自動車の区別はありません。したがって、リサイクル券を紛失した場合の手続きは、普通車も軽自動車も全く同じです。自動車リサイクルシステムのホームページでリサイクル券の代用となるものをダウンロードすれば、これがリサイクル券の代わりになります。自動車リ...

 

 

 

自動車リサイクル料:廃車の際の扱い

<このページのポイント>車を廃車処分する際には自動車リサイクル券が必ず必要になります。自動車リサイクル券は自動車リサイクル料を支払っていないと発行されません。ただし、自動車リサイクル券がないからといって、その車に自動車リサイクル料が支払われていない…とは限りません。なぜなら、ただ単に紛失しているだけ...

 

 

 

自動車リサイクル料はいつからはじまった?

<このページのポイント>自動車リサイクル法は2005年(平成17年)1月1日にスタートした法律です。これ以降に新車購入したり、中古車購入したり、車検を通したりする場合、必ず自動車リサイクル料を支払わなければならなくなりました。したがって、現在公道を走っている車はほぼ100パーセントがリサイクル料を支...

 

 

 

自動車リサイクル預託金とは?

<このページの要点>自動車リサイクル預託金とは、なんのことはない、自動車リサイクル料金のことです。そもそも自動車リサイクル券の正式名称は「預託証明書」です。■預託金の「預託」とは、預けておくこと・・という意味ですね。つまり、全国の車の所有者から車ごとに決められた額(リサイクル料)を徴収し、それを財団...

 

 

 

自動車リサイクル料金の預託状況を知るには?

<このページの要点>自分の車がすでにリサイクル料金を支払っているかどうか(預託状況)を知るには、自動車リサイクルシステムのホームページを訪ねて下さい。このサイトの『リサイクル料金検索』ページで<自動車リサイクル料金の預託状況>がわかります。リサイクル券を紛失している場合は、これをプリントアウトするこ...

 

 

 

使用済自動車の再資源化等に関する法律とは?

<このページの要点>「使用済自動車の再資源化等に関する法律」とは、通称「自動車リサイクル法」と呼ばれている法律のことこの法律により、自動車メーカーや自動車輸入業者に対して、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の引取・リサイクルを義務づけているそのための処理費用は、リサイクル料金として、車の所有...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

廃車引き取り無料!

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

手続き無料で代行!

車(中古車)を売った場合はリサイクル料金が戻るのですか?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。