自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

廃車引き取り無料!

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

手続き無料で代行!

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

<このページの要点>

自動車リサイクル券を紛失した場合、免許証とか車検証のように再発行することはできません。
しかし車を廃車にする際、リサイクル券は必ず必要になります。
ではどうするかというと、リサイクル券の代用となる書面を入手すればいいのです。
代用となる書面は、自動車リサイクルシステムのホームページからダウンロードできます。

■現在、公道を走っている車は、ほぼ100%自動車リサイクル料が支払われている車です。

 

車の所有者にその実感はなくても、ちゃんと支払われています。

 

そして、支払われている以上、必ず、リサイクル券も発行されています。

 

通常、車検証入れとか、ダッシュボードの中などに保管されています。

 

 

■新車を購入するには、リサイクル料を支払わなければ陸運局で新規登録ができません。

 

中古車を購入する際も、新たな所有者がリサイクル料を支払います。
  <※>その中古車を手放した前の所有者には、手放した時点でリサイクル料が戻されています。

 

したがって、新規購入した車や中古で購入した車、そして車検を受けた車、これら全ての車は必ずリサイクル料金の支払いの有無が確認され、支払われていなかったらその車を走らせることができないシステムになっています。

 

だから、「自分の車はリサイクル料を支払っているのだろうか?」という不安を持つ必要はありません。

 

 

■ところが、いざ車を廃車にしようとする場合、リサイクル券が必要になるわけですが、どこを探しても見当たらないことがあります。

 

リサイクル券など、日頃からほとんど関心がないことなので、どうしてもこういうことが起こります。

 

このようにリサイクル券を紛失した場合、リサイクル券そのものを再発行することはできません。

 

そういう規則になっているからですが、ではどうするか?

 

その場合は自動車リサイクルシステムのホームページを訪ね、『リサイクル料金検索』ページで<自動車リサイクル料金の預託状況>を表示させ、これをプリントアウトします。

 

このプリントアウトされた<自動車リサイクル料金の預託状況>がリサイクル券の代わりになります。

 

なお、検索するには、あなたの車の「車台番号」と「登録ナンバー(ナンバープレートの番号)」が必要になるので、車検証を手元に用意して下さい。

 

 

■車を廃車にするには、上記のように、リサイクル券が必ず必要になります。

 

しかし、リサイクル券以外にも、印鑑証明書、車検証、「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き、ナンバープレート2枚などが必要になります。

 

また、事務手続きは陸運支局で行うのですが、その前にまず車を解体処分し、解体したことを証明する書類を持参する必要があります(この書類が上記「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きです)。

 

それと、陸運局というのは平日のみの営業ですから、自分で手続きをしようと思ったら有給休暇を取る必要も出てくるでしょう。

 

このように、廃車手続きというのはかなり手間暇掛かることなので、現在では、自分で手続きする人はほとんどいないのが実情です。

 

 

■だから、廃車にしようと思ったら、ディーラーに依頼したり、引取業者とか解体業者に依頼したりするのですが、こうした業者の中にはしっかりと「手数料」を請求するところがたくさんあります。

 

「面倒な手続きを丸投げするのだから、お金を取られるのは当たり前じゃないか」

 

と思いますか?

 

しかし、です。

 

たとえば、廃車専門業者という、車の引き取りから解体、陸運局での手続きなどをトータルに請け負う業者がいます。

 

こうした業者は、基本的に、廃車に関する料金を請求しません。

 

「最低でも0円」でやってくれます。

 

中には、廃車するのはモッタイナイから、買い取って、中古車として海外の市場に輸出したり、丁寧に部品取りをして、やはり主として海外に輸出したりするケースも数多くあります。

 

この場合は、0円ではなく、あなたはお金を受け取れるのです。

 

日本車は優秀で大人気ですから、あなたが「廃車するしかない」とあきらめている車にも、ちゃんと価値があるのです。

 

廃車専門業者が廃車処分費用(廃車手続き費用)を0円でできる理由

 

廃車手続きを自分でやる場合の具体的なやり方

 

以下に、当サイトがおすすめする廃車専門業者をランキングでご紹介します。
<※>実際に査定依頼する際は「自動車検査証(車検証)」をお手元に用意してください。

<第1位> カーネクスト(全国対応)

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

カーネクストに車の廃車手続きを依頼すると最低でも自己負担0円でやってもらえます(「0円以上買取保証付」)。

 

 

レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合でも自己負担ナシです。

 

 

・陸運局で一連の廃車手続きを代行してくれるので手間いらずです。

 

・車検が残っている車なら自動車税や自動車重量税の還付金を後日受け取れます。

 

・アフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースが数多くあります。

 

・一般的な乗用車だけでなく商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も海外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が可能です。

 

車検切れの車ローンが残っている車亡くなった親名義の車で遺産相続の対象になっている車自分の土地に放置されている他人名義の車海外赴任で急遽廃車にしたい車など、様々な特殊案件にも対応してくれます。

 

追跡システムを導入しているので、引き渡した車の「その後」がわかり、とても安心感が高いです。

 

<※>お急ぎの場合はここ1社だけでいいですが、時間に余裕があれば2位あるいは3位にも査定依頼し、競合させた方がより高い査定額が期待できますよ。

<第2位> 廃車トッドコム(全国対応)

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

廃車ドットコムに廃車手続きを依頼した場合も、その後の手続きの流れはランキング1位のカーネクストとほとんど同じです。

 

・廃車に伴う自己負担は無料ですし、レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合も自己負担はありません。

 

・車の程度がよければプラス査定が付き、有料での「買取」となります。

 

・陸運局での廃車手続きの代行も無料でやってくれますし、自動車税や自動車重量税の還付手続きも無料で代行してやってくれます。

 

・廃車ドットコムとランキング1位のカーネクストとの違いは、得意分野がやや異なるところです。

 

・カーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った車を完成車のまま輸出するのが得意です。

 

・一方、廃車ドットコムの方は、車を徹底的に分解整理し、使えるパーツは隅から隅まで「部品」として使い切ることが得意で、そのための国内販路・海外販路を豊富に抱えています

 

・では、まだ走行可能な車はカーネクストの方が高い値段が付き、不動車は廃車ドットコムの方が有利かというと、それは一概に言えません。

 

・それぞれが「いま特に必要としているもの」が違っていて、引き取るタイミングによって、どちらがより高い査定をつけてくれるかは、その時によって異なるからです。

 

・ですから、時間的に余裕があれば、カーネクストと廃車ドットコムの両方に査定見積もりを依頼するのがベストだと思います。

 

・いずれの会社も評価の高い会社ですが、やはり、1社だけに依頼するよりも、複数社に依頼して、競う相手がいることをそれぞれの業者さんに知らせた方が、より高い査定額が付きやすいのが世の常ですから

 

<第3位> ズバット車買取比較(全国対応)

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

ズバット車買取比較は中古車の一括査定比較サイトです。

 

・ランキング1位と2位は共に廃車買取専門店ですが、ズバット車買取の得意分野は一般的な中古車です。

 

・あなたが廃車を検討しているお車が、まだ充分使用できる車で、外装も内装も一定の水準を保っているお車なら、中古車買取で強みを発揮するズバット車買取で思わぬ金額が付くことがあります。

 

たとえディーラーで査定が付かないと言われた車でも買取額が付くことはごく普通のことです

 

・ズバット車買取に査定を申し込むと、申し込んだあなたの車の情報が全国200社を超える車買取店に一斉にメール配信されます(個人情報は厳守されます)。

 

・すると、200を超える買取店がそれぞれあなたの車に対する買取金額を提示します。

 

・そうやって提示された買取金額の上位5社〜10社をコンピューターが絞り込み、絞り込まれた数社からあなたにメールや電話で連絡がきます(たいてい5社前後)。

 

あとは、それらの会社の中で一番高く買い取ってくれる会社を選ぶだけです

 

・もちろん、ランキング1位と2位の廃車専門店でも、程度のいい車はプラス査定となって「買取」してもらえますが、その際の買取金額が業界の最高値に近いかどうか、ちょっと微妙なところがあります。

 

・しかし、ズバット車買取で200社を超える買取店が競合した場合なら、ほぼ業界の最高値だと判断でき、後で後悔することが無いと思います

 

・そもそも自分の車にどの程度の価値があるのか、廃車しかないのか、中古車として買取してもらえるのか、私たち一般人には判断が付かないのが普通です。

 

・当サイトの管理人のわたしがオススメするベストな方法は、ランキング1位のカーネクストとズバット車買取比較の2つに査定依頼する方法です。

 

事故車、不動車、車検切れで放置された車、水没車などは、ランキング1位と2位の廃車専門店2社で競合する方法をオススメしますが、現役でじゅうぶん活躍できそうな車なら、カーネクストとズバット車買取比較の2カ所で競合した場合が一番いい結果が得られるでしょう

 

軽自動車のリサイクル券はどうなっていますか?

<このページのポイント>自動車リサイクル券は、普通車でも軽自動車でもまったく同じ扱いで、違いはありません。新車の軽自動車を購入する際は、購入者はリサイクル料を支払い、リサイクル券を受け取ります。ワンオーナーで廃車まで乗り続ければ、もうリサイクル料を支払う必要はありません。最初の購入者が数年後にこの軽...

 

 

 

自動車リサイクル券:返金されるのはどんな場合?

<このページのポイント>車を売却した際は、売却先からリサイクル料が返金されるのが原則です。原則はその通りですが、この点をあいまいにしている業者等もいるようです。しかし、車の所有者が移る場合は、旧所有者はすでに自分が支払っているリサイクル料の返金を受け、新所有者が新たにリサイクル料を支払うのが正規のや...

 

 

 

軽自動車のリサイクル券を紛失した場合:普通車と同じ手続き?

<このページのポイント>自動車リサイクル券には普通車と軽自動車の区別はありません。したがって、リサイクル券を紛失した場合の手続きは、普通車も軽自動車も全く同じです。自動車リサイクルシステムのホームページでリサイクル券の代用となるものをダウンロードすれば、これがリサイクル券の代わりになります。自動車リ...

 

 

 

自動車リサイクル料:廃車の際の扱い

<このページのポイント>車を廃車処分する際には自動車リサイクル券が必ず必要になります。自動車リサイクル券は自動車リサイクル料を支払っていないと発行されません。ただし、自動車リサイクル券がないからといって、その車に自動車リサイクル料が支払われていない…とは限りません。なぜなら、ただ単に紛失しているだけ...

 

 

 

自動車リサイクル料はいつからはじまった?

<このページのポイント>自動車リサイクル法は2005年(平成17年)1月1日にスタートした法律です。これ以降に新車購入したり、中古車購入したり、車検を通したりする場合、必ず自動車リサイクル料を支払わなければならなくなりました。したがって、現在公道を走っている車はほぼ100パーセントがリサイクル料を支...

 

 

 

自動車リサイクル預託金とは?

<このページの要点>自動車リサイクル預託金とは、なんのことはない、自動車リサイクル料金のことです。そもそも自動車リサイクル券の正式名称は「預託証明書」です。■預託金の「預託」とは、預けておくこと・・という意味ですね。つまり、全国の車の所有者から車ごとに決められた額(リサイクル料)を徴収し、それを財団...

 

 

 

自動車リサイクル料金の預託状況を知るには?

<このページの要点>自分の車がすでにリサイクル料金を支払っているかどうか(預託状況)を知るには、自動車リサイクルシステムのホームページを訪ねて下さい。このサイトの『リサイクル料金検索』ページで<自動車リサイクル料金の預託状況>がわかります。リサイクル券を紛失している場合は、これをプリントアウトするこ...

 

 

 

使用済自動車の再資源化等に関する法律とは?

<このページの要点>「使用済自動車の再資源化等に関する法律」とは、通称「自動車リサイクル法」と呼ばれている法律のことこの法律により、自動車メーカーや自動車輸入業者に対して、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の引取・リサイクルを義務づけているそのための処理費用は、リサイクル料金として、車の所有...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

廃車引き取り無料!

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

手続き無料で代行!

自動車リサイクル券を紛失したらどうすればいい?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。