◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

廃車引き取り無料!

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

手続き無料で代行!

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

プラス査定で買取も!

<※>年末にかけてのこの時期、いつもより高価買取が期待できますよ!

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

以下に、当サイトがおすすめする廃車専門業者をランキングでご紹介します。
<※>実際に査定依頼する際は「自動車検査証(車検証)」をお手元に用意してください。

<第1位> カーネクスト(全国対応)

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

カーネクストに車の廃車手続きを依頼すると最低でも自己負担0円でやってもらえます(「0円以上買取保証付」)。

 

 

レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合でも自己負担ナシです。

 

 

・陸運局で一連の廃車手続きを代行してくれるので手間いらずです。

 

・車検が残っている車なら自動車税や自動車重量税の還付金を後日受け取れます。

 

・アフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースが数多くあります。

 

・一般的な乗用車だけでなく商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も海外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が可能です。

 

車検切れの車ローンが残っている車亡くなった親名義の車で遺産相続の対象になっている車自分の土地に放置されている他人名義の車海外赴任で急遽廃車にしたい車など、様々な特殊案件にも対応してくれます。

 

追跡システムを導入しているので、引き渡した車の「その後」がわかり、とても安心感が高いです。

 

<※>お急ぎの場合はここ1社だけでいいですが、時間に余裕があれば2位あるいは3位にも査定依頼し、競合させた方がより高い査定額が期待できますよ。

<第2位> 廃車トッドコム(全国対応)

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

廃車ドットコムに廃車手続きを依頼した場合も、その後の手続きの流れはランキング1位のカーネクストとほとんど同じです。

 

・廃車に伴う自己負担は無料ですし、レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合も自己負担はありません。

 

・車の程度がよければプラス査定が付き、有料での「買取」となります。

 

・陸運局での廃車手続きの代行も無料でやってくれますし、自動車税や自動車重量税の還付手続きも無料で代行してやってくれます。

 

・廃車ドットコムとランキング1位のカーネクストとの違いは、得意分野がやや異なるところです。

 

・カーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った車を完成車のまま輸出するのが得意です。

 

・一方、廃車ドットコムの方は、車を徹底的に分解整理し、使えるパーツは隅から隅まで「部品」として使い切ることが得意で、そのための国内販路・海外販路を豊富に抱えています

 

・では、まだ走行可能な車はカーネクストの方が高い値段が付き、不動車は廃車ドットコムの方が有利かというと、それは一概に言えません。

 

・それぞれが「いま特に必要としているもの」が違っていて、引き取るタイミングによって、どちらがより高い査定をつけてくれるかは、その時によって異なるからです。

 

・ですから、時間的に余裕があれば、カーネクストと廃車ドットコムの両方に査定見積もりを依頼するのがベストだと思います。

 

・いずれの会社も評価の高い会社ですが、やはり、1社だけに依頼するよりも、複数社に依頼して、競う相手がいることをそれぞれの業者さんに知らせた方が、より高い査定額が付きやすいのが世の常ですから

 

<第3位> ズバット車買取比較(全国対応)

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

ズバット車買取比較は中古車の一括査定比較サイトです。

 

・ランキング1位と2位は共に廃車買取専門店ですが、ズバット車買取の得意分野は一般的な中古車です。

 

・あなたが廃車を検討しているお車が、まだ充分使用できる車で、外装も内装も一定の水準を保っているお車なら、中古車買取で強みを発揮するズバット車買取で思わぬ金額が付くことがあります。

 

たとえディーラーで査定が付かないと言われた車でも買取額が付くことはごく普通のことです

 

・ズバット車買取に査定を申し込むと、申し込んだあなたの車の情報が全国200社を超える車買取店に一斉にメール配信されます(個人情報は厳守されます)。

 

・すると、200を超える買取店がそれぞれあなたの車に対する買取金額を提示します。

 

・そうやって提示された買取金額の上位5社〜10社をコンピューターが絞り込み、絞り込まれた数社からあなたにメールや電話で連絡がきます(たいてい5社前後)。

 

あとは、それらの会社の中で一番高く買い取ってくれる会社を選ぶだけです

 

・もちろん、ランキング1位と2位の廃車専門店でも、程度のいい車はプラス査定となって「買取」してもらえますが、その際の買取金額が業界の最高値に近いかどうか、ちょっと微妙なところがあります。

 

・しかし、ズバット車買取で200社を超える買取店が競合した場合なら、ほぼ業界の最高値だと判断でき、後で後悔することが無いと思います

 

・そもそも自分の車にどの程度の価値があるのか、廃車しかないのか、中古車として買取してもらえるのか、私たち一般人には判断が付かないのが普通です。

 

・当サイトの管理人のわたしがオススメするベストな方法は、ランキング1位のカーネクストとズバット車買取比較の2つに査定依頼する方法です。

 

事故車、不動車、車検切れで放置された車、水没車などは、ランキング1位と2位の廃車専門店2社で競合する方法をオススメしますが、現役でじゅうぶん活躍できそうな車なら、カーネクストとズバット車買取比較の2カ所で競合した場合が一番いい結果が得られるでしょう

 

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する記事一覧

廃車にかかる費用・料金・金額はいくらですか?

当サイトでご紹介している廃車専門業者の場合、引き取り〜廃車手続きまで費用は一切かかりません。「完全無料」です。というより、「0円以上買い取り保証」です。ネットで検索していると、同じように「無料」と記載しているサイトもしばしば見られますが、実際には、「動く車の場合」だとか「面倒な手続きが発生しない場合...

≫続きを読む

廃車に必要な書類を郵送で送ることはできますか?

■廃車手続きを廃車専門業者に依頼する場合、廃車に必要な書類を郵送で送ることも可能です。通常は、車の引き取り日当日に、担当ドライバーに必要書類を手渡すケースが多いです。しかし、その日までに必要書類が揃わないこともあります。そういうケースでは、後日、郵送で送ることもできます。なお、その場合、廃車専門業者...

≫続きを読む

廃車の引き取りに来てもらえるのは平日だけですか?

廃車専門業者に廃車手続きを依頼した場合、廃車の引き取りは、平日だけでなく土日・祝日もOKです。ただし、年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの依頼が集中する時期は、引き取りに来てもらえないこともあります。その場合でも、コールセンターは年中無休なので、その後のスケジュールを相談することができます。車を...

≫続きを読む

廃車を依頼したいけれど全国対応の業者でないと困るんですが…

当サイトでご紹介している廃車専門業者は、いずれも「全国対応」です。地域に関係なく、全国統一したサービス(対応・引取・手続・価格)を提供しています。離島にも対応しています。ただし、一部の離島のみ対応できないケースがあるので、離島にお住まいで車の引き取りを希望する方は、事前にコールセンターへ問い合わせを...

≫続きを読む

廃車の後に還付される還付金はいつもらえますか?

廃車手続きをすることで受け取る事ができる還付金には、「自動車重量税還付金」、「自動車税還付金」、「自賠責保険還付金」があります。自動車重量税還付金:廃車登録を行ってから2カ月程度で戻ります。自動車税還付金:廃車登録を行ってから2ヵ月程度で戻ります(各都道府県税事務所から還付通知が届く)自賠責保険還付...

≫続きを読む

廃車専門業者はなぜ廃車でも買取ができるのですか?

当サイトでご紹介している廃車専門業者は、国内・海外に多くの販路を持っています。その販路は、ただ単に数が多いだけでなく、内容においても、完成車の販売先、部品の販売先などに分かれています。しかも、同じ完成車(中古車)でも、一般の乗用車を得意とする販売先、スポーツカーを得意とする販売先、4輪駆動車を得意と...

≫続きを読む

廃車を依頼する際にリサイクル券は必要ですか?

廃車で車を解体処分し、陸運局で抹消登録の手続きをするには、リサイクル券は必ず必要になります。ただ、リサイクル券を紛失した場合も再発行は不要です。車検証をお手元に準備いただき、廃車専門業者に電話で車両番号(ナンバープレートの番号)と車台番号を伝えれば、後は廃車専門業者のほうで、リサイクル料金を預託済み...

≫続きを読む

廃車後の自動車税の還付金について教えてください。

自動車税の還付は、廃車手続き完了後おおむね2ヶ月後となります。廃車専門業者があなたに代わって陸運局で抹消登録(廃車手続き)を行うことで自動車税は還付されますので、あなた自身が還付に関する手続きをすることは不要です。各都道府県の税事務所より還付通知が送られてきます。自動車税の納付書が送付された住所と同...

≫続きを読む

すでに廃車にしたはずの車の納税通知(自動車税)が届いたらどうすればいい?

廃車手続きを依頼した業者が、何らかの理由(たとえば代車として使用していた)でまだ廃車手続きをしていない場合、自動車税の納税通知が届いてしまうケースがあります。というのも、そもそも自動車税は毎年4月1日現在の所有者に課されます。例えば、あなたが廃車手続きを2月とか3月に依頼していれば、通常は4月1日ま...

≫続きを読む

車を整備するのが難しく廃車にしたいけれど、どうすればいい?

車の整備や修理代金が多額になるケースとして、事故車またはエンジン系にトラブルがある場合などが考えられます。廃車専門業者では、いずれのケースも買取を実施しているので、気軽にお問い合わせください。なお、事故車や不動車の場合、通常ならレッカーが必要となり、レッカー代がかかりますが、廃車専門業者では全て無料...

≫続きを読む

廃車の際に自動車保険も解約しますが、必要書類を送ってくれますか?

廃車専門業者に廃車手続きを依頼した場合、自賠責保険(強制保険)の解約手続きは業者が代わりにやってくれます。しかし、自動車保険(任意保険)の解約は、あなた自身が保険会社に申し出る必要があります。その際、中断証明書を発行してもらう場合は、廃車専門業者から廃車証明書か契約書をもらう必要がありますが、これら...

≫続きを読む

廃車専門業者に廃車を依頼すると手数料がかかりますか?

廃車専門業者に廃車を依頼しても手数料はかかりません。レッカーで引き取りに来てもらった場合も料金は請求されません。陸運局で廃車の事務手続きを代行してもらっても料金は請求されません。なぜ手数料を取らずにそういうことができるかというと、あなたから引き取った車を隅から隅まで無駄なくお金に換える販売ルートを持...

≫続きを読む

車検切れで放置してある車に自動車税の納税通知が届きましたが…

車検切れの状態であることが自動的に税事務所に伝わる体制であれば、確かに、車検切れの車に自動車税の納税通知が届くことはないです。しかし、現状は違います。車検切れであっても、事情があってまったく車に乗らない状態であっても、自動車税を課税する税事務所からすると、その他一般の車と何ら変わりない扱いになってい...

≫続きを読む

所有者が亡くなっている(故人)車でも廃車手続きは無料?

廃車専門業者に廃車手続きを依頼すれば、車検証上の所有者が亡くなっている車(故人の車)であっても、無料で手続きしてもらえます。ただし、その場合に廃車専門業者に提出する必要書類があるわけですが、これが、通常の場合とは段違いの数になります。面倒なんです。一例として、父親が亡くなって父親が使用していた車が残...

≫続きを読む

自動車税が未納になっている車を廃車にするには…

自動車税を支払っていない車でも廃車手続きはできます。廃車手続きを行う際、自動車税の納付済み、未納は関係ありません。ただし、車検証上の「所有者」がローン会社やリース会社の場合は、自動車税をすべて納付しておかなければ所有権解除の書類がもらえません。また、廃車手続きすることでそれ以降の自動車税の納税義務は...

≫続きを読む

離婚した配偶者(夫、妻)の車を廃車手続きしたいのですが・・・

廃車専門業者なら、離婚した配偶者(妻、夫)の車でも廃車手続きしてもらえます。ただし、陸運局で抹消登録の手続きをする際、車検証上の所有者が離婚した配偶者のものとなっているわけですから、その元配偶者の「実印」を押印した「譲渡証明書」と「印鑑証明書」と「委任状」が必要になります。ですから、離婚した配偶者と...

≫続きを読む

ディーラーなどのローンが残っている車を廃車にしたいのですが・・・

ローンを組んで車を購入した場合、車検証の「所有者」はディーラーなどの法人名か、あるいは、ローン会社の名前になっています。こういう車を廃車にする場合、それら所有者の許可なく処分することはできません。具体的な対応はどうするかというと、ローンの残を現金で一括返済してしまうことです。ローンを返済すれば、ディ...

≫続きを読む

車の廃車で「一時抹消」にするとはどういうことですか?

一時抹消とは、その名のとおり、車の登録を一時的に抹消することをいいます。その車にもう2度と乗らない場合は、車を解体処分し、「永久抹消」の手続きをします。しかし、海外赴任などで一時的に乗らないけれど、数年後にまた乗るつもりである場合などは、「一時抹消」の手続きをすることで、海外赴任の間だけ自動車税を支...

≫続きを読む

廃車に必要な書類:役所で発行のもの・有効期限は?

自動車の廃車手続きに必要な書類の有効期限は、発行から3ヶ月以内となります。ただし、あなたが廃車専門業者に廃車手続きの依頼をした場合、廃車専門業者に自動車と書類を引き渡した後に、運輸支局(軽自動車検査協会)にて手続きが行われるので、発行から2ヶ月以内のものであったほうが安心です。有効期限ぎりぎりの書類...

≫続きを読む

車検が切れる前と車検が切れたあとで廃車の必要書類は違う?

廃車に必要な書類は、車検の有無にかかわらず同じです。注意点としては、リサイクル料金の預託、未預託は確認しておきましょう。リサイクル料金に関しては、2005年(平成17年)以降に車検を取得している自動車は、ほとんどの場合、すでにリサイクル料金を預託済みです。しかし、たまに未預託の自動車もありますので確...

≫続きを読む

車検証を紛失した車の廃車手続きは可能ですか?

車検証がないと廃車手続きができません。そこで、車検証を紛失した場合は、まず、運輸支局(軽自動車検査協会)で再発行手続きを行い、その後に廃車を行います。具体的には、車検証を紛失した理由を「理由書」に記入し、押印します。この書類を廃車専門業者に手渡せば、業者があなたに代わって再発行の申請を行い、廃車手続...

≫続きを読む

引越しで他府県ナンバーがついた車ですが、廃車手続き可能ですか?

廃車専門業者に廃車を依頼する場合、お乗りの自動車に他府県ナンバーがついている場合でも、ちゃんと廃車手続きをやってもらえます。この場合、通常廃車に必要な書類の他、住民票や戸籍附表が必要となります。具体的には、自動車を購入し、車検証の所有者欄に記載されている住所から引越しが一回の場合は、住民票が必要です...

≫続きを読む

動かない車でも無料で引取(引き取り)してもらえますか?

廃車専門業者の場合、動かない車の場合でも無料で引き取りしてくれます。また、ただ単に廃車にするとは限らず、車の程度によっては買取となるケースも多くあります。動かない車(不動車)の場合は、積載車(自動車を載せるトラック)に積み込むことは難しいので、通常はレッカー車にて引き取りされます。レッカー車は主に4...

≫続きを読む

土日や祝日でも引取りにきてもらえますか?

廃車専門業者では、土日や祝日も廃車の引き取りに対応しています。そもそも廃車手続きを依頼する人の多くは、土日・祝日に引取を希望しています。そのため、土日・祝日の引取は数週間前から予約で埋まってしまう傾向にあります。ですから、廃車を希望する方は、できるだけ早めに申し込んだほうがいいです。なお、土日や祝日...

≫続きを読む

車検切れの車でも引取り(引き取り)は無料ですか?

廃車専門業者に依頼する場合、車検切れの自動車の場合は、自走での引取が不可能ですので、積載車にて引き取りということになります。こうしたケースでも、引き取り費用は無料です。また、その後の廃車手続き費用も無料でやってくれます。なお、廃車手続きに関しては、車検が残っている場合も車検が切れている場合も、扱いは...

≫続きを読む

違法駐車の車で困っています。引き取りをお願いできますか?

ご自分の土地に違法駐車、無断駐車している車がある場合、廃車専門業者に依頼すると解決が早まります。法的な問題がありますから、ただ単に物理的に車を取り除けばいいわけではありません。では、何をどういった手順ですすめればいいのか、そういったことを廃車専門業者は教えてくれます。公道に駐車されている違法駐車の場...

≫続きを読む

無断駐車(マンション、パーキング)で困っています。引き取りできますか?

違法駐車、無断駐車などで困っている場合は、廃車専門業者に依頼すると解決が早まります。アパートや月極め駐車場やパーキングなどで、契約車両以外の自動車が長期間放置されている等、悪質な場合に関しては、廃車専門業者に過去のノウハウがたくさん蓄積されています。たとえば、無断駐車に関しても、むやみに車を処分して...

≫続きを読む

新車の納車日に合わせて引き取りに来てほしいのですが…

廃車専門業者に廃車を依頼した場合、廃車の引き取り日を指定していただくことが可能です。土日・祝日を含め、指定が可能です。時間の指定に関しては、午前・午後で指定することができます。そして、引取の前日には、引き取りを担当する営業所、ドライバーより連絡させて頂き、引取りにお伺いする時間の詳細を打合せさせて頂...

≫続きを読む

狭い駐車場にバッテリー上がりの車がありますが、廃車引き取りしてくれる?

廃車専門業者の対応ですが、バッテリーあがりの自動車の場合は、はじめに大型バッテリーにブースターで接続し、エンジン始動を試みます。それでもエンジン始動が不可能な場合は、主に二つの方法にて引き取りをします。1 牽引によって広い道路まで引っ張り出す方法2 手押しによって広い道路まで引っ張り出す方法小型車な...

≫続きを読む

廃車の引き取りは全国どこでも可能ですか?

廃車専門業者は、北海道から沖縄まで日本全国で廃車引き取りを受け付けています。また、全国どこでも高品質なサービスを統一して提供しています。ただし、引取り日程などに関しては、繁忙期や交通状況などにより、地域によって変更されることがあります。できるだけ早めに引き取りの依頼を相談しておいたほうがいいです。⇒...

≫続きを読む

廃車の買取価格はどの様にして決まるのですか?

廃車の買取価格は、主に、車種、年式、走行距離、排気量などによって決まります。ただし、国内や海外で中古車として需要がある自動車と、パーツとして需要がある自動車とありますので、一概には言えません。近年は海外への輸出が盛んになってきている事もあり、ほとんどの日本車が海外で使われるようになりました。しかも、...

≫続きを読む

廃車でも高価買取してもらえる車があると聞きましたが…

廃車の高価買取車両は、主に、スポーツカー、ディーゼル車、トラック、商業バンとなります。具体的に車種名をあげると、スカイランやハイエース、ランドクルーザー系、ダイナトラックやアトラストラック、その他ダンプ車、キャラバンやカローラバン等になります。事故車においては、日本で人気を誇るプリウス等の高年式車は...

≫続きを読む

廃車でも買い取りできるのはなぜですか?

廃車専門業者の場合、廃車を買取した後に、中古車やパーツとして海外輸出を行ったり、修理して国内市場で再販をおこなったりします。こうした販路の多さと強さ、それを選別するマーケティング力が強みとなり、他の車関連業者では到底真似が出来ないサービスや高価買取を実現しています。廃車として解体処分してパーツと資源...

≫続きを読む

事故車を修理しようとしたら修理代が高いから廃車に。どこに依頼すればおトク?

修理代が高額な自動車の場合は、一般的に、自動車を手放す事でトクをする場合がほとんどです。理由としては、修理代金が高いという事も言えますが、自動車は毎年新しいモデルが発売され、今お乗りの自動車は中古車としての扱いとなりますので、思っているほど価値が無かった・・・というケースがほとんどです。具体的には、...

≫続きを読む

ローンが残っている車の買取はしていますか?

廃車専門業者は、ローンが残っている自動車の買取も行っています。当然、ローン中の自動車を勝手に売る事はできませんので、買取額でローンの残債を返済して頂き、所有者であるローン会社から自動車の登録手続きに必要な書類を頂ける場合に限ります。買取額があまり多くなりそうにない場合は、現金でローンの残を返済する必...

≫続きを読む

完全にクラッシュしている車でも事故車査定してくれますか?

もちろんOKです。そうした事故車こそ、廃車専門業者に事故車査定をすべきです。一般の車屋さんでは対応できないでしょう。たとえば、大きな事故の場合、エンジンもかからずタイヤも取れて、レッカー会社に保管しているというケースも少なくありません。廃車専門業者では、その様なケースでは、レッカー会社に出向いてその...

≫続きを読む

10年以上前の古い車でも買取査定が付くのでしょうか?

古い車でも十分価値はありますので、廃車専門業者では買取することができます。通常、年式や走行距離や車両状態によって買取額は変動するものですが、廃車専門業者の場合、車を引き取った後の販路を多種多様に抱えている利点を生かし、廃車買取では自動車の情報を総合的にみて買取金額を決定できるのです。ですから、古い車...

≫続きを読む

動かない車(不動車)の場合、買取価格が変わりますか?

不動車だからといって買取額に変動はありません。通常、レッカーの引き取りの場合はレッカー代がかかりますが、廃車専門業者では不動車のレッカー引取りにおいてもすべて無料でやってくれます。尚、タイヤのパンクの有無については、引取方法が変更する場合がありますので、事前におっしゃって頂く必要がございます。もちろ...

≫続きを読む

(廃車買取)廃車の買取金額はいつ振り込まれますか?

廃車専門業者で廃車買取してもらった場合、廃車の買取金額のお振込みは、自動車と書類をお預かりし、書類不備等が無いと確認できた日から、約2営業日以内に振込みされます。もちろん、事前に口座番号をお知らせいただく必要があります。⇒廃車の引き取りに来てもらえるのは平日だけですか?⇒廃車の後に還付される還付金は...

≫続きを読む

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

廃車引き取り無料!

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

手続き無料で代行!

◆廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。