◆廃車のあれこれ

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

◆廃車のあれこれ

廃車引き取り無料!

◆廃車のあれこれ

手続き無料で代行!

◆廃車のあれこれ

プラス査定で買取も!

<※>年末にかけてのこの時期、いつもより高価買取が期待できますよ!

◆廃車のあれこれ記事一覧

廃車の買取価格はどのようにして決まるのですか?

古い車、走行距離が多い中古車など、日本で価値が無いと言われてきた中古車を“廃車”と呼びますが、廃車の買取価格は通常3つの理由により変動します。1 ドル円などの為替市場2 中古車海外輸出市場3 鉄(スクラップ)の相場変動為替市場と鉄の相場変動は将来がどのようになるのかは正確には読めません。もし相場変動...

≫続きを読む

初めて購入する車は中古車が良いのでしょうか?

運転スキルによって中古車か新車かを決めるのがいいと思います。車を初めて購入する方の中には、高校や大学を卒業したばかりで、かつ運転免許の取得から間もない方が多いのではないでしょうか。まだまだ運転に慣れていないため、車を擦ってしまったり、傷をつけてしまう確率は極めて高いと考えられます。もし、新車を購入し...

≫続きを読む

トヨタ車がなぜ人気なのか?知られざるトヨタ社の優位性とは

トヨタ車が人気の理由として第一に挙げられるのは、トヨタの市場調査いわゆるマーケティングリサーチが優れているところにあります。いま人が求めている車とは何なのか、たとえそれが、他社の二番煎じであろうと徹底的に調査を行い、売れる車を生み出すマインドを持っています。

≫続きを読む

スズキが軽自動車にかける想いとは?

「スズキ」といえば「軽自動車」といったイメージがある程、軽自動車に力を入れています。なぜこれほどまでに軽自動車にこだわっているのでしょうか。「スズキ」が軽自動車にこだわっているのは、自動車産業のカリスマ的存在である鈴木修氏の考えが強く関係しています。鈴木修氏は48歳の時、スズキの4代目社長に就任し、...

≫続きを読む

まさか任意保険に入っていない人はいませんよね?

交通事故によって相手方に被害をもたらした場合、その被害の内容や過失内容によって、刑事処分(罰金刑・懲役刑・禁固刑)あるいは行政処分(反則金・違反点数)といった処分のほか、過失の度合いに応じた損害賠償(金銭的補償)が必要となります。その額は、小さな事故であっても数万円、大きな物損事故や被害者死亡あるい...

≫続きを読む

事故したあとの事故車の行方をご存知ですか?

事故現状車をオーナーから引き取った業者が、どのような対応をするかは、事故の状況や、その自動車の市場価値などによってケースバイケースといえます。但し、一般的に多くみられるのは、中古車オークションに出品するケースです。中古車オークションとは、全国に約100箇所ほど運営されている中古車専門の卸売市場のこと...

≫続きを読む

国内で解体された廃車の行方は?

日本国内で解体される廃車の台数は、2012年度以降、年間330万台程度で推移しています。日本国内にある使用済自動車は、海外に輸出される場合を除き、自動車リサイクル法に基づいて、適正に解体処理することが義務づけられています。自動車を解体しリサイクルするには費用が掛かりますが、これは資金管理団体である自...

≫続きを読む

廃車の流れ〜廃車専門業者に依頼した場合〜

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。査定、レッカー車の手配、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

≫続きを読む

事故をした際の保険手続きの心得。任意保険・自賠責保険会社への連絡

いくら安全運転で走行していても、事故はいつ起こるか誰にも予想できません。「自分は大丈夫」「事故なんて起きるわけない」と思っていると、実際に事故が起きるとどうしたらいいか分からなくなるものです。そこで今回は、事故が発生した際の「任意保険・自賠責保険」への連絡、対応手順についてしっかりと理解しておきまし...

≫続きを読む

いざというときのために車に常備しておくもの

乗車中に車ごと海に転落してしまった場合、ドアを開けようとしても、水圧が強くてなかなか開けることができませんし、短時間のうちにパワーウインドーも作動しなくなってしまいます。そのため、窓ガラスを即座に叩き割る必要があります。その際には、自動車の窓ガラスは割れにくい構造となっていることから、自動車用緊急脱...

≫続きを読む

お出かけに役立つ「おもしろ高速道路サービスエリア関西編」

冬と言えば〇〇〇。と連想することは人それぞれでしょう。「鍋」など食べ物がおいしい季節でもありますが、今回はウィンタースポーツに出かける際に役立つ情報をお届けします。皆さまもご存じの高速道路のサービスエリア。たまたま寄ったサービスエリアに、限定の食べ物が売っていたり、公園や遊園地のようだったりした経験...

≫続きを読む

廃車にすると自動車税が還付されます。

毎年4月1日〜5月末日までに納めている自動車税。普通車の場合、自動車の抹消登録(廃車手続き)をすることによって、納税した自動車税事務所より月割りの還付金を受ける事ができます。この自動車税還付についてご説明いたします。  <※>軽自動車税は廃車にしても還付されません。少額だから・・・という理由です。

≫続きを読む

車の処分費用っていくらしますか?

長い間乗っていなくて動かない車や、事故車などをお持ちで、処分したいがどうすればいいのか分からないし費用も高そう…。と、お悩みの方もいらっしゃると思います。車はいずれ廃車することになりますが、廃車の際の費用はどの程度かご存知ですか?今回のコラムでは、廃車費用を説明します。

≫続きを読む

あの「F1カー」ってどうなっているの?

「F1」とは、「Formula One (フォーミュラ ワン)」の略称。「Formula」を日本語に訳すと「公式」や「規格」という意味が近いです。「F1」で使用される車を「F1カー」または「F1マシン」と呼び、定められた寸法や排気量などの規定に沿って作られたレース専用車のことを指します。

≫続きを読む

車の修理にかかるお金について:修理代・修理費用・メンテナンス料

どれ程気をつけて運転しても思わぬ場所でこすることがあります。小傷でも修理はお金がかかると思っている方は多いです。修理するには自分か業者のどちらかですが、車の修理には知識と経験が必要となり、特に大きな傷は自分での修理は困難です。業者に修理に出す際の3種類の方法について比較をしてみます。

≫続きを読む

自動車保険を徹底比較−自動車ユーザー満足度ランキング−

車の所有者が必ず考えなければいけない事として自動車保険があります。運転と交通事故は常に隣り合わせで、事故を起こした際の補償は備えておく必要があります。でも、どの保険会社が良く、どの補償を付けるべきかなど、気になる事は多いと思います。自動車保険を比較・紹介したいと思います。

≫続きを読む

車の傷を消すときのコツ

車に傷がついたとき、どうしていますか?「修理に行くほどでもないし・・・。」と、小さな傷ならそのままにしてしまうことも多いと思いますが、車もDIYの時代です!今回のコラムでは、車の塗装初心者の方にむけた小さな傷に対する簡単な塗装をご紹介します。

≫続きを読む

中古車購入:もっとも得をする車の買い方

中古車を購入するとき、いくら新車より安いとはいえども、高い買い物である事には違いありません。どうやって選べばいいの?と思っている方も多いと思います。ここでは中古車を購入した後に得をする賢い車の買い方を、価格に的を絞ってお伝えしていきたいと思います。

≫続きを読む

「自動ブレーキ」の性能の違い

国土交通省は2016年度から「自動ブレーキ」を搭載している市販車を審査・格付けし、結果を公表します。「自動ブレーキ」といっても、ぶつかる対象であったり自動で止まることができる速度などは、各自動車メーカーや車種によって異なっていることをご存知でしょうか。

≫続きを読む

ナンバープレートの地名に関する豆知識

自動車用のナンバープレートは、正式名称を「自動車登録番号標」といいます。ナンバープレートはその自動車が誰のものであるかを特定するのに、とても重要な役割を果たしており、全く同じものは2つとありません。

≫続きを読む

世界で最も売れている日本の自動車:カローラ

トヨタ自動車の「カローラ」は1966年の発売以降、世界でベストセラーを誇っています。「カローラ」の取扱店は140以上の国と地域にのぼり、「世界一広範囲に販売されている自動車」としてギネスにも認定されています。

≫続きを読む

自動車に関する職業〜エンジニア編〜

自動車に関する職業について、「ディーラー」や「自動車整備士」といった職業はよく耳にしたことがあると思いますが、他にも珍しい職業があります。自動車大学校や専門学校を卒業した後、どのような職業につくことができるのでしょうか。「エンジニア」とつくものだけでも4つ紹介できる職業があります。

≫続きを読む

バスに関する日本の記念日

日本には、元日や建国記念日といった国民の祝日や節分や七夕等の年中行事以外に、記念日と呼ばれるものが定められています。1月1日から12月31日まで毎日記念日が定められており、車両に関する記念日もいくつかあります。バスの記念日だけでも一年に3つあるので、紹介します。

≫続きを読む

車両火災は冬に多い?

冬は火事が起こりやすく、車両火災も例外ではありません。走行中の自動車やバスから突然火が出る車両火災も多く、ここ数年で車両本体が原因とされている車両火災が増えているそうです。

≫続きを読む

車酔いを防ぐ方法

車酔いは耳の中にある三半規管が刺激され自律神経のバランスが崩れて起こるということをご存知の人は多いかと思います。平衡感覚の発達がはじまる小児に多く見られることから、車の振動や加速に対する慣れが関係しているといわれています。そのため、大人になっても車酔いをしてしまう人は、車やその他の乗り物に対する経験...

≫続きを読む

運転中に危険を及ぼす視覚的現象とは?

車の運転中に、最も負担がかかるのは目だといわれています。長時間の運転でなくても、常に周りの状況を察知するために神経を張り巡らせている目。運転中、そんな疲れた目に気をつけたい現象があります。

≫続きを読む

自動車の「リコール制度」とは?

テレビや新聞でたまに見かける自動車に関する「リコール」。直訳すると、“欠陥製品を生産者が公表し、製品を一旦回収して無料で修理すること”なのですが、自動車に関する「リコール」にはどのような決まりやルールがあるのかご存知でしょうか。

≫続きを読む

自動車のご当地ナンバーについて

ナンバープレートをもっと分かりやすく馴染みのある地名にすることで観光を促進していこうということで2006年から始まったご当地ナンバー。正式名称は「新たな地域名表示ナンバープレート」といいます。

≫続きを読む

世界で最も有名な高速道路「アウトバーン」

交通に関する規制が厳しい日本の高速道路では、最高速度が時速100kmです。対称的に、ヨーロッパには速度無制限の「アウトバーン」という高速道路があります。

≫続きを読む

自動車メーカーの社名やエンブレムに込められた想いとは?

自動車の正面の中心には、必ず自動車メーカーのエンブレムが付いています。どこメーカーを表しているかだけでなく、エンブレムには各メーカーの想いが込められているのをご存知でしょうか。

≫続きを読む

一般道の法定制限速度の最高は60km/hではない?

このような制限速度の緩和は、警察庁が2009年10月に発令した「交通規制基準の一部改正について」という通知に基づいて実施されているものです。この通知では、従来からの最高速度規定を改定し、最高60km/hを超える制限速度の指定を可能としています。最高速度が引き上げられた一般道は、2009年度末には14...

≫続きを読む

世界の交通事情

人々が快適に生活したり、効率良くビジネスを展開する移動手段のひとつとして、車は必要不可欠な存在となっています。自動車は今や、先進国だけでなく発展途上国でも急激に流通が盛んとなっており、それに伴い交通インフラの整備が余儀なくされています。そこで今回は、世界中の道路インフラや交通事情についてお話ししたい...

≫続きを読む

運転中に大地震が発生したらどうすべきか

昔も今も変わらず、わが国は世界有数の地震多発国です。いつ、何の前触れもなく大きな揺れが襲ってきても不思議ではありません。もし、自動車の運転中に大地震に遭遇したら、どうすべきなのでしょうか?

≫続きを読む

高速道路で事故/故障の際のとっさの対処法は?

一般道路だと車が故障して動かなくなっても路肩に寄せて停めることができますが、高速道路は周りの車が100km/h近く出ている為、停車して車外に出るのも危険が伴います。とは言っても事故や故障が起きないとはいえないので、高速道路で事故や故障したときの対処法をお教えします。

≫続きを読む

リサイクル券って何?

リサイクル券(預託証明書)とは、2005年1月に施行された自動車リサイクル法に基づき、国が定めた自動車リサイクル処理に必要となる処理費用(リサイクル費用)を、前もって「国の指定する資金管理団体」(財団法人自動車リサイクル促進センター)に預託していることを証明する書類です。言い換えれば、リサイクル費用...

≫続きを読む

未使用車と新車の違いとは?

新車ディーラーにはノルマや販売台数によってメーカーからのインセンティブなどが支払われます。昨今の不景気で、新車の販売台数の伸び悩みをかかえたディーラーが自社の名義で一旦登録することにより、形上は販売された台数が増えるという方法をとった為、未使用車が多く出回るようになりました。

≫続きを読む

中古車を選ぶ際に気にするのは年式?走行距離?

中古車を選ぶ際、年式ができるだけ新しいものを選ぶというのは当然かもしれません。走行距離が少なければ年式が多少古くてもあまり気にしないという人も多いかもしれませんが、年式が古ければそれなりにデメリットがあります。年式では、車が製造されてから何年経っているかが重要となります。年式とは製造された年を指すの...

≫続きを読む

後部座席でもシートベルトは必ず締めよう

シートベルトは、万が一の交通事故の際に、ドライバーや同乗者が車内のハンドルやダッシュボード、座席の背もたれなどに叩きつけられたり、窓ガラスを突き破って車外に放り出されたりしないようにする、いわば命綱です。ですから、運転席や助手席はもとより、後部座席の同乗者も、必ずシートベルトを締める必要があります。...

≫続きを読む

世界の模範!ボルボの安全思想

かつて、「安全はカネにならない」と言う言葉をよく耳にしました。これは、多くの自動車メーカーの取り組み方を象徴する言葉です。目につきやすい装備や快適な装備はどんどん豪華になっていく一方、目に見えにくい安全面については、後回しにされがちだったのです。しかし、ボルボは、愚直なまでに自動車の安全性を徹底追求...

≫続きを読む

軽自動車と普通自動車の維持費と寿命

自動車を購入する際、軽自動車か普通自動車(コンパクトカー)かお悩みの方は多いと思います。「維持費は抑えたいけど、どっちが長持ちするの?」「乗り心地は軽自動車でも十分なのかな?」等、気になるところはいっぱいありますが、今回は軽自動車と普通自動車の2つのタイプについて、特に維持費と寿命を中心にご紹介した...

≫続きを読む

車のボディーカラーに関する豆知識

現在、世界で最も生産量が多い車の色は圧倒的に白となっており、全体の25%を占めています。次いで多い色が同率で黒とシルバーです。この白色人気、実は最近のことなのです。これまで10年以上もの間、シルバーが定番人気だったそうです。2013年に入り、ヨーロッパや北米、アジアで白の人気が爆発。その人気の背景に...

≫続きを読む

パンクしても走行可能なタイヤがある!?

皆さんはご存知でしょうか?実は、タイヤにはパンクしても走行可能な車輪システムがあるということを。その名も「ランフラットシステム」と呼ばれており、欧米では予てからその絶大な効果が認められ、警察車両や消防車、救急車などの緊急車両及び国家や民間VIP専用車等に広く採用されているのです。このランフラットシス...

≫続きを読む

自動車のタイヤがリサイクルされると、何に使われているのかを知ろう

現在、日本では約8,000万台の自動車が登録されており、今や一家に二台又は三台の自動車を所有していることもあります。当然、その一台一台にホイールとタイヤが4本付いているわけですが、このタイヤは役目を終えるとその後どうなるのか?

≫続きを読む

大型トラックやバスの寿命とは?日本車のトラックやバスは100万キロを超えても海外...

トラックといっても660ccの軽トラック〜10トン以上の大型トラックまでさまざまで、バスも10人乗り〜50人乗り以上の大型バスまでさまざま。主に大型車に限定して調べてみました。果たして、大型トラックや大型バスの寿命とは?そして、何万キロまで走行できるのか!?

≫続きを読む

高級車中の高級車「ロールス・ロイス」社の自動車

高級車の中でも最上級に位置するイギリスの自動車ブランド「ロールス・ロイス」。「絶対に壊れない自動車」と都市伝説まである「ロールス・ロイス」の自動車は、一体どんなものなのでしょうか。

≫続きを読む

自動車の原価がどれくらいか知っていますか?

市販されている一般向け自動車の価格は、排気量やモデルによって100万〜500万円と非常に幅広いものとなっております。最近では、軽自動車においても200万円を優に超えるグレードも発売されていて、今や低排気量=低価格の時代ではなくなってきました。そこで、今回は生活や仕事、流通に欠かせない自動車の原価につ...

≫続きを読む

車買取・売却用語を知ろう

委任状(普通自動車)委任状は自動車売買する時に、所有者の方以外が登録手続きを行う場合に使います。業者さんに依頼される方のほとんどが必要になります。譲渡書(普通自動車)譲渡書は自動車の所有者がかわる場合に必要となる書類です。一般的なケースですが、自動車の売買を行うときに旧所有者が新所有者へ渡す事になり...

≫続きを読む

売却の際に大切なパーツを取り外したいとき:費用など

大手の廃車専門業者では、廃車にあたってオプションにてナビやETCといったパーツの取外しも行っております。このページではパーツの取外しにかかる費用や送料の目安を掲載しております。

≫続きを読む

人気が高まるキャンピングカー

近年、キャンピングカーの人気が高まっていることはご存知でしょうか。キャンピングカーの中には普通免許で運転できるものがたくさんあり、ファミリー層の間で人気が高まっているのです。

≫続きを読む

カーナビはどのような方法で位置を割り出すのか?

いまやすっかり身近な存在となったカーナビですが、どのような方法で自車の位置を割り出しているかご存知ですか?

≫続きを読む

VICSワイドとは何か?

VICS(道路交通情報通信システム)は、道路上に設置したセンサーやカメラを使って収集した交通状況を分析し、自動車に搭載したカーナビに渋滞中の道路を表示したり、主要地点間の所要時間を表示したり、あるいは工事中や通行止めなどの情報を表示したりするための交通情報データを提供するシステムです。VICSは19...

≫続きを読む

2015年に最も売れた新車は?

2006年1月8日、日本自動車販売協会連合会と全国自動車協会連合会から、昨年2015年1月〜12月の新車販売台数が発表されました。2015年1月〜12月に最も売れた車の人気の理由を見ていきましょう。

≫続きを読む

昔懐かしい自動車の装備

ここ数十年で、自動車はとても大きな進化を遂げてきました。今ではリモコンキーが当たり前になっているドアの鍵の開閉に関しても、ひと昔前までは鍵穴に鍵を挿し、回して開けるのが普通でした。今の若い人は見たことがないような装備があったことをご存知でしょうか。

≫続きを読む

ターボ車が再び脚光を浴びている!

ターボとは、ターボチャージャーと呼ばれる過給器の略称です。ターボの仕組みを簡単に説明すると、エンジンの内部で空気と燃料を混合して燃焼(爆発)させる際に、ピストンがシリンダーとの間で注射器のような働きをし、空気をシリンダー内部に吸い込みます。その際、吸い込む空気の量を多くする(詰め込む)ことで、エンジ...

≫続きを読む

樹脂パネルを使う車が増えつつある

自動車の外装パネルに鉄が使われるのは、薄くても強度が保ちやすいことや、大きな交通事故に遭った場合には、パネルがくしゃくしゃに潰れることで、衝撃を吸収する役割を担っていることなどが理由として挙げられます。一方で、バンパーやエアロパーツなどには樹脂がたくさん使用されています。これは、バンパーやエアロパー...

≫続きを読む

新車を購入するのにおすすめの時期って?

自動車の購入は高い買い物です。新車を購入するにはおすすめの時期があるのはご存知でしょうか。自身の購入のタイミングが合えば、おすすめの時期に合わせて新車購入を検討してみるのもいいかもしれません。

≫続きを読む

車買取の一括査定の仕組みと注意点

車買取一括査定について説明する前に、車買取業者について解説したいと思います。従来から、下取りの際には、減価償却方式に基づく画一的な価格提示が常態化しており、数年ほど乗った程度のよい自動車でも、安く買い叩かれることが珍しくありませんでした。一方、全国に中古車オークションが続々と開設され、仕入れや換金の...

≫続きを読む

救急車の豆知識

救急車は自治体消防の救急車・医療機関の救急車・自衛隊の救急車・空港の救急車と様々で、各機関の救急車によっても搭載されている医療用資器材が異なります。

≫続きを読む

霊柩車の豆知識

霊柩車と聞くと、真っ先に思い浮かべるのは、車の後部が神社の神殿や神輿のようなデザインとなっているタイプです。これは、「宮型霊柩車」と呼ばれるものです。宮型霊柩車には、大柄な米国車(リンカーンやキャデラックなど)や国産大型車(クラウンなど)をベースとし、様々な「改造」が施されています。とりわけ、熟練の...

≫続きを読む

廃車専門業者は海外販路を数多く持っている!

日本車の輸出先は、基本的に右ハンドルの自動車が輸入できる国になります。世界では左ハンドルの使用の方が割合的に多い為、日本車を輸出できる国は一部に限られており、且つ年式規制や事故修復歴の有無で輸入規制があるなど、各国の特徴はさまざまです。各国の輸入規制やその特徴についてお伝えいたします。

≫続きを読む

海外で人気の日本車とは?

廃車専門業者で買い取りされた廃車は、自走可能の場合、海外のお客様へ販売します。海外旅行に行った際に日本車が多く見かけたという方も多いと思います。国や地域によって人気の車両は異なり、中には輸入規制により年式や事故歴の有無で輸出できる車両が限られる国もあります。

≫続きを読む

放置車両の撤去の問題点

放置車両で困っている場合、たいていの人は、まず110番(警察)に電話を掛け、「なんとかしてください」とお願いをすることになります。そして、とりあえず警察官が現場に来て状況を確認し、ナンバープレートから持ち主を調べて連絡を取ります。しかし、もし連絡が取れたとしても、警察には「民事不介入」という原則があ...

≫続きを読む

救急車、消防車、パトカーに制限速度はあるの?

■制限速度は当然ある緊急自動車の制限速度は道路交通法によって定められています。これによると、緊急走行時の最高速度は、高速道路の本線は100km/h、本線以外の箇所(本線までの支流区間など)は80km/hと定められています。また、一般道における最高速度は80km/hと規定されています。■緊急自動車の要...

≫続きを読む

凍結防止剤に注意しよう!

冬と言えば、積雪や凍結によるスリップ事故が多発する時期です。それを防いでくれるのが凍結防止剤です。しかし、この凍結防止剤、交通安全をサポートしてくれるのは助かるのですが、とても厄介な問題を秘めているのはご存知でしょうか?

≫続きを読む

寒冷地仕様車は一般車とどこが違うのか?

バッテリーは、低温下での性能が大幅に低下する性質を持っています。そのため、寒冷地仕様車においては、一般車に比べて1回りか2回りほど大きめの容量のバッテリーを搭載するのが一般的です。

≫続きを読む

自動車にも「ミラーレス」の時代がやってくる!?

「ミラーレス」という言葉を聞くと、ほとんどの人は「ミラーレス一眼レフカメラ」を思い浮かべると思いますが、実は自動車の分野にも「ミラーレス」がまもなく登場することをご存知でしょうか?

≫続きを読む

電気自動車について

電気自動車(Electric Vehicle)とは、電気で駆動する自動車のことであり、ガソリンの代わりにバッテリーに充電された電気を気使って走行する自動車のことをいいます。よって、エンジンではなく、モーターとバッテリー、車載充電器、蓄電池、制御装置などが搭載されています。特徴としては、「環境負荷」に...

≫続きを読む

「水素で走る自動車」ってどんな仕組みなの?

政府は、2020年に開催される東京オリンピックにおいて、競技施設への選手や観客の交通手段などに、次世代自動車の本命と目されている燃料電池車を積極的に投入するなどし、世界各国に水素社会や日本の環境技術の優位性をアピールする方針です。また、経済産業省は、水素活用社会の実現に向けた工程表をリリースしていま...

≫続きを読む

水素自動車のメリット・デメリット

2009年に始まった「エコカー減税」が注目を集めたことで、ハイブリッドカーや電気自動車が広く一般に知られるようになりました。2014年12月にトヨタ自動車から水素で走る燃料電池車(FCV)を販売することが決まり、一気にその知名度や関心度が高まっています。そこで今回は、その「MIRAI(ミライ)」をピ...

≫続きを読む

絶対に燃費がアップする方法とは?

ガソリンは1リットルあたり710〜760グラム程度、軽油は800〜860グラム程度の重量があります。もし、ガソリン50リットルで満タンという自動車の場合、概ね35〜38kgの「重り」を積んで走っていることになります。もし、満タンにせずに、半分以下の容量で給油するようにすれば、「重り」の量も半分以下に...

≫続きを読む

検証!電気自動車とガソリン車の比較

現在、世界中で普及し始めている電気自動車。国内だけでなく海外のメーカーもその開発を進めている中、政府の補助金等のおかげで一般の方でも手に入れることが出来るようになりました。そこで今回は、電気自動車と従来のガソリン車とを比較して一体どのような得があるのか、両方の走行データ等を元に検証していきたいと思い...

≫続きを読む

ガソリンにまつわる豆知識

ガソリンの給油口は車によって左右バラバラです。ガソリンを入れようとスタンドに入った時にどちらの向きで入ったらいいかわからなくなることって結構あると思います。書いている私自身もすぐに忘れてしまって思い出せません。しかし、運転席に座りながらも、給油口がどっちに付いているかがすぐに分かる方法があるのです!...

≫続きを読む

車両本体だけを売ってもらえないのだろうか

自動車販売店で自動車を購入するときには、車両本体価格のほかにいろいろな費用が必要となります。その際、「車両本体だけを売ってもらうことはできないのだろうか」と考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

≫続きを読む

契約した自動車の購入はキャンセルできる?

キャンセルという行為は、販売する側にとっては迷惑この上ない行為と映ります。一方で、「キャンセルできないのであれば、慎重に品定めしよう」というユーザー心理が強く働きますし、ついで買いや衝動買いによる販売が減少します。売る側にとっては、「キャンセルはされたくないが、販売が減少するのも困る」というジレンマ...

≫続きを読む

中古車を高く売るためのテクニック

中古車を高く売る方法はあるのか?もし、本当に高く売れるコツがあるならば、知らなきゃ損ですよね!大量なデータを基に分析し、中古車を高く売れるコツを公開いたします。

≫続きを読む

スタッドレスタイヤに履き替えるタイミング

冬の定番アイテムのひとつがスタッドレスタイヤです。特に寒冷地においては、安全に冬を越すための命綱とさえ言えます。但し、交換するタイミングは、早すぎても遅すぎてもデメリットがあります。

≫続きを読む

スタッドレスタイヤの仕組み

スタッドレスタイヤとは、凍った道路や雪のつもった道路などを自動車が安全に走行できるように開発されたタイヤです。だいぶ前になりますが、実はスタッドレスタイヤが登場するまでは、タイヤの接地面に金属のピンを埋め込んだ『スパイクタイヤ』が冬用のタイヤとして主流でした。しかし、積雪のない舗装路でスパイクタイヤ...

≫続きを読む

話題のブレーキアシスト機能

車の性能向上に伴って、しっかりとした安全装備が普及しています。しかしながら、英語やカタカナ、略字で書かれていることが多いため、ユーザーの中では分かりにくいのも事実です。そこで今回は、今話題のブレーキアシスト機能について紹介していきたいと思います。まず、ブレーキアシストの最新技術は大きく分けて「パッシ...

≫続きを読む

LED信号機の特徴

このところ、日常生活に関わる多くの分野にLED照明が広く普及しています。特に、自動車に乗る人にとっては、LED信号機の普及を実感されている人も多いと思います。今回は、LED信号機の特徴をご紹介してみたいと思います。

≫続きを読む

こんな運転マナー知ってますか?

これは、教習所で習ったはずの運転マナーであり、基本中の基本のはずですが、雨天にもかかわらず、歩行者や自転車のそばを勢いよく走り抜けたり、道路上にある水たまりを勢いよく通過したりして、水しぶきを浴びせかける車を、非常に多く見かけます。これは、道路交通法第71条「車両等の運転者は、むかるみまたは水たまり...

≫続きを読む

交差点でイスに座ってカチカチしている人って何してるの?

よく路上や交差点などで、イスに座ってカチカチとカウンターを弾いている人々を見かけます。彼らは、どんな目的で、何をしているのでしょうか?

≫続きを読む

タイミングベルトの交換は重要です!

多くの自動車エンジンは、「吸気・圧縮・燃焼・排気」という4つの工程により作動しています。そして、多くの車には「タイミングベルト」が使用されています。

≫続きを読む

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

◆廃車のあれこれ

廃車引き取り無料!

◆廃車のあれこれ

手続き無料で代行!

◆廃車のあれこれ

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。