車の処分費用っていくらしますか?

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

車の処分費用っていくらしますか?

廃車引き取り無料!

車の処分費用っていくらしますか?

手続き無料で代行!

車の処分費用っていくらしますか?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

車の処分費用っていくらしますか?

車の処分費用っていくらしますか?

長い間乗っていなくて動かない車や、事故車などをお持ちで、処分したいがどうすればいいのか分からないし費用も高そう…。

 

と、お悩みの方もいらっしゃると思います。

 

車はいずれ廃車することになりますが、廃車の際の費用はどの程度かご存知ですか?

 

今回のコラムでは、廃車費用を説明します。

動かない車の引き取り費用

車の処分費用っていくらしますか?

処分する車は、事故車や、故障していて動かない車である事も多いと思います。

 

そういった際には、レッカーなどで移動させる必要があり、レッカー代金が発生します。

 

レッカーの代金は基本料金と移動距離によって課金される分があるので、移動距離によって変化しますが、数万円かかることは間違いありません。

 

この車の引き取りが、費用の中で一番大きい部分だと思います。

 

費用は、大体20,000円〜30,000円かかります。

車の解体費用

解体業者へ車の解体をお願する場合、大体10,000円〜20,000円程度かかります。

 

ただ、この車の解体業者に運ぶための費用というのが、前項目で書いた引き取り費用になります。

自動車のリサイクル料金

車の処分費用っていくらしますか?

車を廃車するには、車ごとに決められた自動車リサイクル料金を支払う義務があります。

 

これは、2005年に施行された自動車リサイクル法によって定められており、通常は車の購入時に支払うことになっています。

 

しかし、とても古い車の場合リサイクル料金を支払っていないことがあるので、車を廃車するには、支払っていないリサイクル料金を支払う必要があります。

 

自動車リサイクル法とは、簡単に言えば、自動車の部品のリサイクルを義務づけ、それを処理する費用は自動車の所有者が負担するというものです。

 

対象になる部品としては、エアバック、フロン、シュレッダーダストになります。

 

対象となっている部品は、ゴミ埋立処分をしなければならないものですが、埋立場所減少などの理由からリサイクルする必要が生まれました。

 

リサイクル料金は、車種や、エアバックの数などによって1台ごとに設定されており、大体6000円〜18,000円です。

 

これに加えて、情報管理料金として130円、資金管理料金として380円かかってきます。

書類にかかる費用

廃車を行う際にかかる書類の費用ですが、一時抹消の場合だと一時抹消手数料として350円、用紙代として100円、住所変更なども行う場合は別途で350円、自動車が盗難されている場合には、登録事項等証明書交付手数料300円が必要になります。

 

永久抹消の場合は、用紙代として100円かかります。

 

この手続きを代行業者に依頼して行う場合、お店や依頼内容によって変わってきますが、2,000円から20,000円ほどかかります。

 

 

こうしてみてみると、車を廃車するだけでも、かなりの費用がかかることが分かります。

 

また、解体業者を探したり、レッカーを頼んだり、書類の手続きをしたりと面倒なこともたくさんあります。

 

車の処分をする際の方法としては、廃車専門業者に廃車を買い取ってもらうという方法もあります。

 

買い取ってもらえば、面倒な手続きもしなくて済むし、もしかしたら値段も付くかもしれません。

 

なので、買い取ってもらうのが一番賢い方法だと考えられます。

 

トヨタ車がなぜ人気なのか?知られざるトヨタ社の優位性とは

トヨタ車が人気の理由として第一に挙げられるのは、トヨタの市場調査いわゆるマーケティングリサーチが優れているところにあります。いま人が求めている車とは何なのか、たとえそれが、他社の二番煎じであろうと徹底的に調査を行い、売れる車を生み出すマインドを持っています。

 

 

 

スズキが軽自動車にかける想いとは?

「スズキ」といえば「軽自動車」といったイメージがある程、軽自動車に力を入れています。なぜこれほどまでに軽自動車にこだわっているのでしょうか。「スズキ」が軽自動車にこだわっているのは、自動車産業のカリスマ的存在である鈴木修氏の考えが強く関係しています。鈴木修氏は48歳の時、スズキの4代目社長に就任し、...

 

 

 

まさか任意保険に入っていない人はいませんよね?

交通事故によって相手方に被害をもたらした場合、その被害の内容や過失内容によって、刑事処分(罰金刑・懲役刑・禁固刑)あるいは行政処分(反則金・違反点数)といった処分のほか、過失の度合いに応じた損害賠償(金銭的補償)が必要となります。その額は、小さな事故であっても数万円、大きな物損事故や被害者死亡あるい...

 

廃車の手続きがわからない場合、窓口が不明な場合は廃車専門業者が頼りになります!

 

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料です!

 

以下に、当サイトがおすすめする廃車専門業者をランキングでご紹介します。
<※>実際に査定依頼する際は「自動車検査証(車検証)」をお手元に用意してください。

<第1位> カーネクスト(全国対応)

車の処分費用っていくらしますか?

カーネクストに車の廃車手続きを依頼すると最低でも自己負担0円でやってもらえます(「0円以上買取保証付」)。

 

 

レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合でも自己負担ナシです。

 

 

・陸運局で一連の廃車手続きを代行してくれるので手間いらずです。

 

・車検が残っている車なら自動車税や自動車重量税の還付金を後日受け取れます。

 

・アフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースが数多くあります。

 

・一般的な乗用車だけでなく商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も海外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が可能です。

 

車検切れの車ローンが残っている車亡くなった親名義の車で遺産相続の対象になっている車自分の土地に放置されている他人名義の車海外赴任で急遽廃車にしたい車など、様々な特殊案件にも対応してくれます。

 

追跡システムを導入しているので、引き渡した車の「その後」がわかり、とても安心感が高いです。

 

<※>お急ぎの場合はここ1社だけでいいですが、時間に余裕があれば2位あるいは3位にも査定依頼し、競合させた方がより高い査定額が期待できますよ。

<第2位> 廃車トッドコム(全国対応)

車の処分費用っていくらしますか?

廃車ドットコムに廃車手続きを依頼した場合も、その後の手続きの流れはランキング1位のカーネクストとほとんど同じです。

 

・廃車に伴う自己負担は無料ですし、レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合も自己負担はありません。

 

・車の程度がよければプラス査定が付き、有料での「買取」となります。

 

・陸運局での廃車手続きの代行も無料でやってくれますし、自動車税や自動車重量税の還付手続きも無料で代行してやってくれます。

 

・廃車ドットコムとランキング1位のカーネクストとの違いは、得意分野がやや異なるところです。

 

・カーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った車を完成車のまま輸出するのが得意です。

 

・一方、廃車ドットコムの方は、車を徹底的に分解整理し、使えるパーツは隅から隅まで「部品」として使い切ることが得意で、そのための国内販路・海外販路を豊富に抱えています

 

・では、まだ走行可能な車はカーネクストの方が高い値段が付き、不動車は廃車ドットコムの方が有利かというと、それは一概に言えません。

 

・それぞれが「いま特に必要としているもの」が違っていて、引き取るタイミングによって、どちらがより高い査定をつけてくれるかは、その時によって異なるからです。

 

・ですから、時間的に余裕があれば、カーネクストと廃車ドットコムの両方に査定見積もりを依頼するのがベストだと思います。

 

・いずれの会社も評価の高い会社ですが、やはり、1社だけに依頼するよりも、複数社に依頼して、競う相手がいることをそれぞれの業者さんに知らせた方が、より高い査定額が付きやすいのが世の常ですから

 

<第3位> ズバット車買取比較(全国対応)

車の処分費用っていくらしますか?

ズバット車買取比較は中古車の一括査定比較サイトです。

 

・ランキング1位と2位は共に廃車買取専門店ですが、ズバット車買取の得意分野は一般的な中古車です。

 

・あなたが廃車を検討しているお車が、まだ充分使用できる車で、外装も内装も一定の水準を保っているお車なら、中古車買取で強みを発揮するズバット車買取で思わぬ金額が付くことがあります。

 

たとえディーラーで査定が付かないと言われた車でも買取額が付くことはごく普通のことです

 

・ズバット車買取に査定を申し込むと、申し込んだあなたの車の情報が全国200社を超える車買取店に一斉にメール配信されます(個人情報は厳守されます)。

 

・すると、200を超える買取店がそれぞれあなたの車に対する買取金額を提示します。

 

・そうやって提示された買取金額の上位5社〜10社をコンピューターが絞り込み、絞り込まれた数社からあなたにメールや電話で連絡がきます(たいてい5社前後)。

 

あとは、それらの会社の中で一番高く買い取ってくれる会社を選ぶだけです

 

・もちろん、ランキング1位と2位の廃車専門店でも、程度のいい車はプラス査定となって「買取」してもらえますが、その際の買取金額が業界の最高値に近いかどうか、ちょっと微妙なところがあります。

 

・しかし、ズバット車買取で200社を超える買取店が競合した場合なら、ほぼ業界の最高値だと判断でき、後で後悔することが無いと思います

 

・そもそも自分の車にどの程度の価値があるのか、廃車しかないのか、中古車として買取してもらえるのか、私たち一般人には判断が付かないのが普通です。

 

・当サイトの管理人のわたしがオススメするベストな方法は、ランキング1位のカーネクストとズバット車買取比較の2つに査定依頼する方法です。

 

事故車、不動車、車検切れで放置された車、水没車などは、ランキング1位と2位の廃車専門店2社で競合する方法をオススメしますが、現役でじゅうぶん活躍できそうな車なら、カーネクストとズバット車買取比較の2カ所で競合した場合が一番いい結果が得られるでしょう

 

動かない車の移動方法は?

■バッテリー上がりの車を移動させる車のバッテリーが上がってしまい、動かなくなることは誰にでもあることです。その際の対処法として、一番ポピュラーなのは、ブースターケーブルを使用する方法があります。故障車と救援車のバッテリー同士をブースターケーブルで繋ぎ、エンジンを動かす方法です。必要なものとしては、ブ...

 

 

 

車の処分費用って、だいたいどのくらい?

長い間乗っていなくて動かない車や、事故車などをお持ちで、処分したいがどうすればいいのか分からないし費用も高そう…。と、お悩みの方もいらっしゃると思います。車はいずれ廃車することになりますが、廃車の際の費用はどの程度かご存知ですか?当コラムでは、廃車費用を説明します。

 

 

 

今乗っている車のナンバープレートの番号は変更可能?

「車のナンバープレートって、一度付いたものって変更することができるのかな?」「手続きってどうやってするのだろう・・・。」と思っている方がいらっしゃると思います。今回はナンバープレートの変更についてお教えしたいと思います。

 

 

 

自動車の寿命と走行距離の関係について

中古車を購入する際に、車種やカラーなど検討する所は多いですが、走行距離も気になる所です。日本では一般的に寿命は約10万キロと言われていますが、実際はどうでしょうか。このコラムでは、車の走行距離と寿命の関係性、日本の自動車売上No.1のトヨタ自動車製車両の寿命についてお教えします。

 

 

 

車検の必要性。海外にも車検制度ってあるの?

車を所有していると基本的に2年に1回の車検が義務付けられており、車検が来るたびに、どのぐらい費用がかかるのか心配される方も多いのではないでしょうか。ここでは車検の歴史・車検制度の意味・違反時の罰則・海外の車検制度など、車検にまつわる様々な情報をお届けします。

 

 

 

車検がない国ってあるのですか?

「車検がない国があるの?」というタイトルを見て、「へぇ〜、そんな国があるんだ?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。なぜならば、日本国内を走る自動車には「車検」を受けることが義務づけられており、それが日本では「当たり前」となっているからです。車検は、正式には「継続検査」という名称で、車検...

 

 

 

世界の車検事情〜アメリカには車検がない??〜

まず車検について説明致します。車検の正式名称は「自動車検査登録制度」といい、様々な検査をして保安基準に適合しているかを確認すると同時に、自動車の所有権を公証するために登録する制度のことです。一般的に、新車購入時は3年目に車検を受けることになりますが、それ以降は2年毎に受けなければなりません。貨物用で...

 

 

 

知っておきたい車検のお役立ち情報

普通車、軽自動車、外車、高級車など、あなたにあった車検コースを一挙公開。車検費用や車検の際に受ける事ができるサービスなどを一挙公開いたします。ちょこっとした車検の豆知識も登場します。車検間近の方にはお得な情報です。

 

 

 

車検の必要書類

車検時の必要書類は使用者本人がユーザー車検を受けに行く場合と、販売店や車検専門店に依頼する場合とでは必要な書類が変わってきます。下記の情報を参考に、ご自身にあった必要書類を確認し持参しましょう。

 

 

 

ユーザー車検の方法について

ユーザー車検とは、名の通りユーザー「車を使っている本人」が受検する事を言います。ユーザー車検を受けるときは事前予約をする事が必要ですが、最寄りの陸運局以外の全国どこの運輸局でもユーザー車検を受けることはできます。尚、コチラでご紹介するのは一般的なこととなり、エリアによっては若干の違いがありますので、...

 

 

 

車検費用を計算

車検を受ける際に法定費用がかかりますが、仮に自動車の使用者本人がユーザー車検に行く場合でもほとんどの場合点検整備が必要となるので車検にかかる費用を知っておく方が良いでしょう。車検の法定費用は自動車の大きさによって費用が異なり軽自動車が一番安く車検を受ける事ができます。コチラでは、車検を受ける際に一般...

 

 

 

(車検場)検査コースの流れを知ろう

ユーザー車検を受ける事は多い方でも2年に一度、通常は販売店や車検専門店に依頼する事が大半のため、ユーザー車検を受けに行く事自体滅多にない事。コチラでは、車検場の流れや検査コースの手順と注意点などを説明していきます。尚、何かご不明な点やご不安な点があれば、ユーザー車検を受ける管轄の運輸局へお問い合わせ...

 

 

 

廃車の買取価格はどのようにして決まるのですか?

古い車、走行距離が多い中古車など、日本で価値が無いと言われてきた中古車を“廃車”と呼びますが、廃車の買取価格は通常3つの理由により変動します。1 ドル円などの為替市場2 中古車海外輸出市場3 鉄(スクラップ)の相場変動為替市場と鉄の相場変動は将来がどのようになるのかは正確には読めません。もし相場変動...

 

 

 

初めて購入する車は中古車が良いのでしょうか?

運転スキルによって中古車か新車かを決めるのがいいと思います。車を初めて購入する方の中には、高校や大学を卒業したばかりで、かつ運転免許の取得から間もない方が多いのではないでしょうか。まだまだ運転に慣れていないため、車を擦ってしまったり、傷をつけてしまう確率は極めて高いと考えられます。もし、新車を購入し...

 

 

 

トヨタ車がなぜ人気なのか?知られざるトヨタ社の優位性とは

トヨタ車が人気の理由として第一に挙げられるのは、トヨタの市場調査いわゆるマーケティングリサーチが優れているところにあります。いま人が求めている車とは何なのか、たとえそれが、他社の二番煎じであろうと徹底的に調査を行い、売れる車を生み出すマインドを持っています。

 

 

 

スズキが軽自動車にかける想いとは?

「スズキ」といえば「軽自動車」といったイメージがある程、軽自動車に力を入れています。なぜこれほどまでに軽自動車にこだわっているのでしょうか。「スズキ」が軽自動車にこだわっているのは、自動車産業のカリスマ的存在である鈴木修氏の考えが強く関係しています。鈴木修氏は48歳の時、スズキの4代目社長に就任し、...

 

 

 

まさか任意保険に入っていない人はいませんよね?

交通事故によって相手方に被害をもたらした場合、その被害の内容や過失内容によって、刑事処分(罰金刑・懲役刑・禁固刑)あるいは行政処分(反則金・違反点数)といった処分のほか、過失の度合いに応じた損害賠償(金銭的補償)が必要となります。その額は、小さな事故であっても数万円、大きな物損事故や被害者死亡あるい...

 

 

 

事故したあとの事故車の行方をご存知ですか?

事故現状車をオーナーから引き取った業者が、どのような対応をするかは、事故の状況や、その自動車の市場価値などによってケースバイケースといえます。但し、一般的に多くみられるのは、中古車オークションに出品するケースです。中古車オークションとは、全国に約100箇所ほど運営されている中古車専門の卸売市場のこと...

 

 

 

国内で解体された廃車の行方は?

日本国内で解体される廃車の台数は、2012年度以降、年間330万台程度で推移しています。日本国内にある使用済自動車は、海外に輸出される場合を除き、自動車リサイクル法に基づいて、適正に解体処理することが義務づけられています。自動車を解体しリサイクルするには費用が掛かりますが、これは資金管理団体である自...

 

 

 

廃車の流れ〜廃車専門業者に依頼した場合〜

無料査定から、廃車手続き完了までの流れをご案内いたします。無料査定依頼や、廃車前の問い合わせ、ご相談についてはお電話またはメールフォームよりお申込みください。査定、レッカー車の手配、廃車手続き書類の代行など、廃車を費用一切不要の無料で代行いたします。

 

 

 

事故をした際の保険手続きの心得。任意保険・自賠責保険会社への連絡

いくら安全運転で走行していても、事故はいつ起こるか誰にも予想できません。「自分は大丈夫」「事故なんて起きるわけない」と思っていると、実際に事故が起きるとどうしたらいいか分からなくなるものです。そこで今回は、事故が発生した際の「任意保険・自賠責保険」への連絡、対応手順についてしっかりと理解しておきまし...

 

 

 

いざというときのために車に常備しておくもの

乗車中に車ごと海に転落してしまった場合、ドアを開けようとしても、水圧が強くてなかなか開けることができませんし、短時間のうちにパワーウインドーも作動しなくなってしまいます。そのため、窓ガラスを即座に叩き割る必要があります。その際には、自動車の窓ガラスは割れにくい構造となっていることから、自動車用緊急脱...

 

 

 

お出かけに役立つ「おもしろ高速道路サービスエリア関西編」

冬と言えば〇〇〇。と連想することは人それぞれでしょう。「鍋」など食べ物がおいしい季節でもありますが、今回はウィンタースポーツに出かける際に役立つ情報をお届けします。皆さまもご存じの高速道路のサービスエリア。たまたま寄ったサービスエリアに、限定の食べ物が売っていたり、公園や遊園地のようだったりした経験...

 

 

 

廃車にすると自動車税が還付されます。

毎年4月1日〜5月末日までに納めている自動車税。普通車の場合、自動車の抹消登録(廃車手続き)をすることによって、納税した自動車税事務所より月割りの還付金を受ける事ができます。この自動車税還付についてご説明いたします。  <※>軽自動車税は廃車にしても還付されません。少額だから・・・という理由です。

 

 

 

車の処分費用っていくらしますか?

長い間乗っていなくて動かない車や、事故車などをお持ちで、処分したいがどうすればいいのか分からないし費用も高そう…。と、お悩みの方もいらっしゃると思います。車はいずれ廃車することになりますが、廃車の際の費用はどの程度かご存知ですか?今回のコラムでは、廃車費用を説明します。

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

車の処分費用っていくらしますか?

廃車引き取り無料!

車の処分費用っていくらしますか?

手続き無料で代行!

車の処分費用っていくらしますか?

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。