世界の交通事情

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

世界の交通事情

廃車引き取り無料!

世界の交通事情

手続き無料で代行!

世界の交通事情

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

世界の交通事情

世界の交通事情

人々が快適に生活したり、効率良くビジネスを展開する移動手段のひとつとして、車は必要不可欠な存在となっています。

 

自動車は今や、先進国だけでなく発展途上国でも急激に流通が盛んとなっており、それに伴い交通インフラの整備が余儀なくされています。

 

そこで今回は、世界中の道路インフラや交通事情についてお話ししたいと思います。

 

まず、車を運転しているとどうしても発生してしまうのが「交通事故」です。

 

事故が起きる要因としては、基本的にドライバーの誤操作や不意なトラブルなどの過失がほとんどと言われています。

 

ですが、車両の整備不良や道路インフラの未整備がその事故を引き起こすきっかけ、原因であることは忘れてはいけません。

世界で一番交通死亡事故が高いのは「ロシア」

あらゆる要素をランキングにする米メディアサイト、フォーブスが発表した「世界10大交通事故危険国家」によりますと、最も危険な国はロシアとなっています。

 

2007年に調査した人口100万人あたりの死亡者数は「235人」となっており、2位のスロバキアの122名を倍近く上回る結果となりました。

 

3位以下は、「ポーランド」「トルコ」「ハンガリー」とヨーロッパ勢が続き、6位にアジア勢で「韓国」、7位以降は「ギリシャ」「アメリカ合衆国」「チェコ」「ベルギー」と続きます。

 

驚くべきことに、10位中7位をヨーロッパ国が占める結果となっていますが、その理由は、欧州各国が「ユーロ」という新しい国組織が出来た後、国境の境目がなくなったことで自由に車両等で行き交えることも要因とされているようです。

交通マナーの悪い国は、なんとアジアに多い

世界の交通事情

しかしながら、交通死亡事故が多いからといって交通マナーが最悪というわけではありません。

 

同じアジア勢を批判するのは忍びないのですが、特に中国の交通マナーは問題視されており、上記の人口に対する交通死亡率のランキングには入っていないものの、年間10万人を悠に超えます。

 

その数字は車両保有率もアメリカの1/5であるにも関わらず、なんとアメリカの2倍もの方々が悲しいことに交通事故で亡くなっているようです。

 

そして、韓国はバス社会でありながら、そのバスの運転マナーがひどいことで有名なようです。

 

バス自体もそうですが、専用レーンにも近づかないことを勧めているそうです。

 

さらにバイクの運転時にはヘルメットを着用せずに、1人用のバイクで後ろに人を乗せて走っているようです。

 

過積載のバイクも時折出没するそうなので、韓国で運転するときは事故に巻き込まれないようにした方が良さそうですね。

 

 

このように経済の発展に伴い、自動車事故やそのマナーの悪さが目立つ背景には、未だ広がり続ける所得格差や労働者の意欲が高まらない社会にも問題があるとされています。

 

ある国では免許の売り買いが当たり前となっているように、人々は少しでも楽な方向へ進んでいく習性があります。

 

世界各国の発展に一役買っている車ですが、このような問題をさらに浮き彫りにしている要因になっていることは忘れてはいけません。

 

廃車専門業者は海外販路を数多く持っている!

 

海外で人気の日本車とは?

 

車両火災は冬に多い?

冬は火事が起こりやすく、車両火災も例外ではありません。走行中の自動車やバスから突然火が出る車両火災も多く、ここ数年で車両本体が原因とされている車両火災が増えているそうです。

 

 

 

車酔いを防ぐ方法

車酔いは耳の中にある三半規管が刺激され自律神経のバランスが崩れて起こるということをご存知の人は多いかと思います。平衡感覚の発達がはじまる小児に多く見られることから、車の振動や加速に対する慣れが関係しているといわれています。そのため、大人になっても車酔いをしてしまう人は、車やその他の乗り物に対する経験...

 

 

 

運転中に危険を及ぼす視覚的現象とは?

車の運転中に、最も負担がかかるのは目だといわれています。長時間の運転でなくても、常に周りの状況を察知するために神経を張り巡らせている目。運転中、そんな疲れた目に気をつけたい現象があります。

 

 

廃車の手続きがわからない場合、窓口が不明な場合は廃車専門業者が頼りになります!

 

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料です!

 

以下に、当サイトがおすすめする廃車専門業者をランキングでご紹介します。
<※>実際に査定依頼する際は「自動車検査証(車検証)」をお手元に用意してください。

<第1位> カーネクスト(全国対応)

世界の交通事情

カーネクストに車の廃車手続きを依頼すると最低でも自己負担0円でやってもらえます(「0円以上買取保証付」)。

 

 

レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合でも自己負担ナシです。

 

 

・陸運局で一連の廃車手続きを代行してくれるので手間いらずです。

 

・車検が残っている車なら自動車税や自動車重量税の還付金を後日受け取れます。

 

・アフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースが数多くあります。

 

・一般的な乗用車だけでなく商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も海外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が可能です。

 

車検切れの車ローンが残っている車亡くなった親名義の車で遺産相続の対象になっている車自分の土地に放置されている他人名義の車海外赴任で急遽廃車にしたい車など、様々な特殊案件にも対応してくれます。

 

追跡システムを導入しているので、引き渡した車の「その後」がわかり、とても安心感が高いです。

 

<※>お急ぎの場合はここ1社だけでいいですが、時間に余裕があれば2位あるいは3位にも査定依頼し、競合させた方がより高い査定額が期待できますよ。

<第2位> 廃車トッドコム(全国対応)

世界の交通事情

廃車ドットコムに廃車手続きを依頼した場合も、その後の手続きの流れはランキング1位のカーネクストとほとんど同じです。

 

・廃車に伴う自己負担は無料ですし、レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合も自己負担はありません。

 

・車の程度がよければプラス査定が付き、有料での「買取」となります。

 

・陸運局での廃車手続きの代行も無料でやってくれますし、自動車税や自動車重量税の還付手続きも無料で代行してやってくれます。

 

・廃車ドットコムとランキング1位のカーネクストとの違いは、得意分野がやや異なるところです。

 

・カーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った車を完成車のまま輸出するのが得意です。

 

・一方、廃車ドットコムの方は、車を徹底的に分解整理し、使えるパーツは隅から隅まで「部品」として使い切ることが得意で、そのための国内販路・海外販路を豊富に抱えています

 

・では、まだ走行可能な車はカーネクストの方が高い値段が付き、不動車は廃車ドットコムの方が有利かというと、それは一概に言えません。

 

・それぞれが「いま特に必要としているもの」が違っていて、引き取るタイミングによって、どちらがより高い査定をつけてくれるかは、その時によって異なるからです。

 

・ですから、時間的に余裕があれば、カーネクストと廃車ドットコムの両方に査定見積もりを依頼するのがベストだと思います。

 

・いずれの会社も評価の高い会社ですが、やはり、1社だけに依頼するよりも、複数社に依頼して、競う相手がいることをそれぞれの業者さんに知らせた方が、より高い査定額が付きやすいのが世の常ですから

 

<第3位> ズバット車買取比較(全国対応)

世界の交通事情

ズバット車買取比較は中古車の一括査定比較サイトです。

 

・ランキング1位と2位は共に廃車買取専門店ですが、ズバット車買取の得意分野は一般的な中古車です。

 

・あなたが廃車を検討しているお車が、まだ充分使用できる車で、外装も内装も一定の水準を保っているお車なら、中古車買取で強みを発揮するズバット車買取で思わぬ金額が付くことがあります。

 

たとえディーラーで査定が付かないと言われた車でも買取額が付くことはごく普通のことです

 

・ズバット車買取に査定を申し込むと、申し込んだあなたの車の情報が全国200社を超える車買取店に一斉にメール配信されます(個人情報は厳守されます)。

 

・すると、200を超える買取店がそれぞれあなたの車に対する買取金額を提示します。

 

・そうやって提示された買取金額の上位5社〜10社をコンピューターが絞り込み、絞り込まれた数社からあなたにメールや電話で連絡がきます(たいてい5社前後)。

 

あとは、それらの会社の中で一番高く買い取ってくれる会社を選ぶだけです

 

・もちろん、ランキング1位と2位の廃車専門店でも、程度のいい車はプラス査定となって「買取」してもらえますが、その際の買取金額が業界の最高値に近いかどうか、ちょっと微妙なところがあります。

 

・しかし、ズバット車買取で200社を超える買取店が競合した場合なら、ほぼ業界の最高値だと判断でき、後で後悔することが無いと思います

 

・そもそも自分の車にどの程度の価値があるのか、廃車しかないのか、中古車として買取してもらえるのか、私たち一般人には判断が付かないのが普通です。

 

・当サイトの管理人のわたしがオススメするベストな方法は、ランキング1位のカーネクストとズバット車買取比較の2つに査定依頼する方法です。

 

事故車、不動車、車検切れで放置された車、水没車などは、ランキング1位と2位の廃車専門店2社で競合する方法をオススメしますが、現役でじゅうぶん活躍できそうな車なら、カーネクストとズバット車買取比較の2カ所で競合した場合が一番いい結果が得られるでしょう

 

あの「F1カー」ってどうなっているの?

「F1」とは、「Formula One (フォーミュラ ワン)」の略称。「Formula」を日本語に訳すと「公式」や「規格」という意味が近いです。「F1」で使用される車を「F1カー」または「F1マシン」と呼び、定められた寸法や排気量などの規定に沿って作られたレース専用車のことを指します。

 

 

 

車の修理にかかるお金について:修理代・修理費用・メンテナンス料

どれ程気をつけて運転しても思わぬ場所でこすることがあります。小傷でも修理はお金がかかると思っている方は多いです。修理するには自分か業者のどちらかですが、車の修理には知識と経験が必要となり、特に大きな傷は自分での修理は困難です。業者に修理に出す際の3種類の方法について比較をしてみます。

 

 

 

自動車保険を徹底比較−自動車ユーザー満足度ランキング−

車の所有者が必ず考えなければいけない事として自動車保険があります。運転と交通事故は常に隣り合わせで、事故を起こした際の補償は備えておく必要があります。でも、どの保険会社が良く、どの補償を付けるべきかなど、気になる事は多いと思います。自動車保険を比較・紹介したいと思います。

 

 

 

車の傷を消すときのコツ

車に傷がついたとき、どうしていますか?「修理に行くほどでもないし・・・。」と、小さな傷ならそのままにしてしまうことも多いと思いますが、車もDIYの時代です!今回のコラムでは、車の塗装初心者の方にむけた小さな傷に対する簡単な塗装をご紹介します。

 

 

 

中古車購入:もっとも得をする車の買い方

中古車を購入するとき、いくら新車より安いとはいえども、高い買い物である事には違いありません。どうやって選べばいいの?と思っている方も多いと思います。ここでは中古車を購入した後に得をする賢い車の買い方を、価格に的を絞ってお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

「自動ブレーキ」の性能の違い

国土交通省は2016年度から「自動ブレーキ」を搭載している市販車を審査・格付けし、結果を公表します。「自動ブレーキ」といっても、ぶつかる対象であったり自動で止まることができる速度などは、各自動車メーカーや車種によって異なっていることをご存知でしょうか。

 

 

 

ナンバープレートの地名に関する豆知識

自動車用のナンバープレートは、正式名称を「自動車登録番号標」といいます。ナンバープレートはその自動車が誰のものであるかを特定するのに、とても重要な役割を果たしており、全く同じものは2つとありません。

 

 

 

世界で最も売れている日本の自動車:カローラ

トヨタ自動車の「カローラ」は1966年の発売以降、世界でベストセラーを誇っています。「カローラ」の取扱店は140以上の国と地域にのぼり、「世界一広範囲に販売されている自動車」としてギネスにも認定されています。

 

 

 

自動車に関する職業〜エンジニア編〜

自動車に関する職業について、「ディーラー」や「自動車整備士」といった職業はよく耳にしたことがあると思いますが、他にも珍しい職業があります。自動車大学校や専門学校を卒業した後、どのような職業につくことができるのでしょうか。「エンジニア」とつくものだけでも4つ紹介できる職業があります。

 

 

 

バスに関する日本の記念日

日本には、元日や建国記念日といった国民の祝日や節分や七夕等の年中行事以外に、記念日と呼ばれるものが定められています。1月1日から12月31日まで毎日記念日が定められており、車両に関する記念日もいくつかあります。バスの記念日だけでも一年に3つあるので、紹介します。

 

 

 

車両火災は冬に多い?

冬は火事が起こりやすく、車両火災も例外ではありません。走行中の自動車やバスから突然火が出る車両火災も多く、ここ数年で車両本体が原因とされている車両火災が増えているそうです。

 

 

 

車酔いを防ぐ方法

車酔いは耳の中にある三半規管が刺激され自律神経のバランスが崩れて起こるということをご存知の人は多いかと思います。平衡感覚の発達がはじまる小児に多く見られることから、車の振動や加速に対する慣れが関係しているといわれています。そのため、大人になっても車酔いをしてしまう人は、車やその他の乗り物に対する経験...

 

 

 

運転中に危険を及ぼす視覚的現象とは?

車の運転中に、最も負担がかかるのは目だといわれています。長時間の運転でなくても、常に周りの状況を察知するために神経を張り巡らせている目。運転中、そんな疲れた目に気をつけたい現象があります。

 

 

 

自動車の「リコール制度」とは?

テレビや新聞でたまに見かける自動車に関する「リコール」。直訳すると、“欠陥製品を生産者が公表し、製品を一旦回収して無料で修理すること”なのですが、自動車に関する「リコール」にはどのような決まりやルールがあるのかご存知でしょうか。

 

 

 

自動車のご当地ナンバーについて

ナンバープレートをもっと分かりやすく馴染みのある地名にすることで観光を促進していこうということで2006年から始まったご当地ナンバー。正式名称は「新たな地域名表示ナンバープレート」といいます。

 

 

 

世界で最も有名な高速道路「アウトバーン」

交通に関する規制が厳しい日本の高速道路では、最高速度が時速100kmです。対称的に、ヨーロッパには速度無制限の「アウトバーン」という高速道路があります。

 

 

 

自動車メーカーの社名やエンブレムに込められた想いとは?

自動車の正面の中心には、必ず自動車メーカーのエンブレムが付いています。どこメーカーを表しているかだけでなく、エンブレムには各メーカーの想いが込められているのをご存知でしょうか。

 

 

 

一般道の法定制限速度の最高は60km/hではない?

このような制限速度の緩和は、警察庁が2009年10月に発令した「交通規制基準の一部改正について」という通知に基づいて実施されているものです。この通知では、従来からの最高速度規定を改定し、最高60km/hを超える制限速度の指定を可能としています。最高速度が引き上げられた一般道は、2009年度末には14...

 

 

 

世界の交通事情

人々が快適に生活したり、効率良くビジネスを展開する移動手段のひとつとして、車は必要不可欠な存在となっています。自動車は今や、先進国だけでなく発展途上国でも急激に流通が盛んとなっており、それに伴い交通インフラの整備が余儀なくされています。そこで今回は、世界中の道路インフラや交通事情についてお話ししたい...

 

 

 

運転中に大地震が発生したらどうすべきか

昔も今も変わらず、わが国は世界有数の地震多発国です。いつ、何の前触れもなく大きな揺れが襲ってきても不思議ではありません。もし、自動車の運転中に大地震に遭遇したら、どうすべきなのでしょうか?

 

 

 

高速道路で事故/故障の際のとっさの対処法は?

一般道路だと車が故障して動かなくなっても路肩に寄せて停めることができますが、高速道路は周りの車が100km/h近く出ている為、停車して車外に出るのも危険が伴います。とは言っても事故や故障が起きないとはいえないので、高速道路で事故や故障したときの対処法をお教えします。

 

 

 

リサイクル券って何?

リサイクル券(預託証明書)とは、2005年1月に施行された自動車リサイクル法に基づき、国が定めた自動車リサイクル処理に必要となる処理費用(リサイクル費用)を、前もって「国の指定する資金管理団体」(財団法人自動車リサイクル促進センター)に預託していることを証明する書類です。言い換えれば、リサイクル費用...

 

 

 

未使用車と新車の違いとは?

新車ディーラーにはノルマや販売台数によってメーカーからのインセンティブなどが支払われます。昨今の不景気で、新車の販売台数の伸び悩みをかかえたディーラーが自社の名義で一旦登録することにより、形上は販売された台数が増えるという方法をとった為、未使用車が多く出回るようになりました。

 

 

 

中古車を選ぶ際に気にするのは年式?走行距離?

中古車を選ぶ際、年式ができるだけ新しいものを選ぶというのは当然かもしれません。走行距離が少なければ年式が多少古くてもあまり気にしないという人も多いかもしれませんが、年式が古ければそれなりにデメリットがあります。年式では、車が製造されてから何年経っているかが重要となります。年式とは製造された年を指すの...

 

 

 

後部座席でもシートベルトは必ず締めよう

シートベルトは、万が一の交通事故の際に、ドライバーや同乗者が車内のハンドルやダッシュボード、座席の背もたれなどに叩きつけられたり、窓ガラスを突き破って車外に放り出されたりしないようにする、いわば命綱です。ですから、運転席や助手席はもとより、後部座席の同乗者も、必ずシートベルトを締める必要があります。...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

世界の交通事情

廃車引き取り無料!

世界の交通事情

手続き無料で代行!

世界の交通事情

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。