車買取・売却用語を知ろう

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

車買取・売却用語を知ろう

廃車引き取り無料!

車買取・売却用語を知ろう

手続き無料で代行!

車買取・売却用語を知ろう

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

車買取・売却用語を知ろう

委任状(普通自動車)

委任状は自動車売買する時に、所有者の方以外が登録手続きを行う場合に使います。業者さんに依頼される方のほとんどが必要になります。

譲渡書(普通自動車)

 

譲渡書は自動車の所有者がかわる場合に必要となる書類です。

 

一般的なケースですが、自動車の売買を行うときに旧所有者が新所有者へ渡す事になります。

 

自動車の登録を旧所有者から新所有者へ変更するということは名義が変わるということであり、自動車本体を譲渡することになりますので譲渡が必要となります。

 

なお、譲渡書には普通自動車の場合、旧所有者の方の印鑑証明の実印の押印が必要となります。

車検

 

【車検についてのご説明】
車検は国で定められた法定点検であり、車を保有する方(車を乗る方)全てが受けることが必要な点検です。自動車が保安基準に適合しているかどうかを検査し、合格した車には自動車検査証(車検証)が発行されます。車検を通すことはドライバーにとっての責任であり、社会的に認知された車になるために取れも大事なことです。車検証がないと公道を走ることができませんし、もちろん車検が切れてしまった場合も同じです。もし、車検の期限が切れてしまった場合は、車検を通すために業者に取りに来てもらうか、自動車臨時運行許可証と仮ナンバーを各市町村役場にて発行してもらい、車検場(陸運局)まで移動しなければなりません。

 

車は使用しているうちに、見えないところの消耗、劣化が進むため、いくら走るからと言っても故障はまぬがれません。走行時の危険を増すことにもなるので、安心して車を乗り続けるためにも定期的な検査がとても重要になってきます。新車の場合は3年、それ以後は2年ごとに検査が法律で決められています。そのように定期的にチェックすることにより、円滑な道路交通の確保を図るというのが目的なのです。

 

仮ナンバーなどは市役所や区役所で発行してもらえます。

車査定

 

車査定は自動車を売るときなどにプロの査定士が車のコンディションや状態などを確認し、車に価格を付けることを言います。

 

最近では車査定というと「一括査定」といって、一回のお申込に対して複数の業者から一斉に査定をうけるサービスが主流となっていますが、5社?10社の車査定会社から一斉に連絡を受ることが迷惑だという評判がインターネット上でも加熱しており、一つの問題になっているともいえます。(あくまでもインターネットの情報を元にしております)

 

その中でいかに高く車を売る事ができるのかを見つける事として、たくさんの業者に見てもらうのではなく、信頼のできる会社や以前に車査定を受けた人などの評判や口コミなどを確認してから依頼をするのが一番ベストだという意見が多くなってきました。ご存じのとおり、中古車には相場が存在します。当然のことながら中古車の相場以上で買取を行う会社など一社たりともございません。結局のところ、どこの会社がいくらの査定額を付けているのかなどをいかに上手に探るか等が営業の腕の見せところと言っても過言ではない状態にまでなってきております。

 

プロの査定士とはいえ人間が査定する事ですから、車を綺麗に洗車したり内装を綺麗に掃除すると多少は査定額がアップすることができます。そして、何より手続きなども信頼のおける業者さんに車を査定してもらい、売る事が一番ベストだと思われます。

自動車競技

 

『モータースポーツ』より : モータースポーツとは、モーターやエンジンを使って稼働する自動車やオートバイ 二輪車などを用いて行われる競技・スポーツである。モーターレーシングとも呼ぶ。

 

広義にはモーターボートや飛行機などモーターやエンジンを動力源とする乗り物を用いて行われる競技・スポーツ全てを指す言葉であるが、実際には陸上を走る乗り物によるもののみを指すことが多いため、以下も自動車およびオートバイ 二輪車による競技・スポーツに限定して解説する。

 

モータースポーツは、乗り物を使って地上を早く走りたいという人間の欲求を具現化したものである。操る人の動体視力、瞬間瞬間の車の状態が判ること(感性)、変化する空気・路面状態・車に対応するマシンコントロール能力と、走る自動車・二輪車の性能を競う。

自動車レース

 

『モータースポーツ』より : モータースポーツとは、モーターやエンジンを使って稼働する自動車やオートバイ 二輪車などを用いて行われる競技・スポーツである。モーターレーシングとも呼ぶ。
広義にはモーターボートや飛行機などモーターやエンジンを動力源とする乗り物を用いて行われる競技・スポーツ全てを指す言葉であるが、実際には陸上を走る乗り物によるもののみを指すことが多いため、以下も自動車およびオートバイ 二輪車による競技・スポーツに限定して解説する。
モータースポーツは、乗り物を使って地上を早く走りたいという人間の欲求を具現化したものである。操る人の動体視力、瞬間瞬間の車の状態が判ること(感性)、変化する空気・路面状態・車に対応するマシンコントロール能力と、走る自動車・二輪車の性能を競う。

自動車の速度記録

 

これは地上での有人自動車の速度記録の変遷である。

 

一定距離を走行した時の平均速度の記録である。(2004年4月28日英語版Wikiのデータを移植)

 

操縦者
1km記録
1mile記録
Achères、 仏
Gaston de Chasseloup-Laubat
Jeantaud Duc
39.24 mph (63.15 km/h)
Achères、 仏
Camille Jenatzy
CGA Dogcart
41.42 mph (66.66 km/h)
Achères、仏
Gaston de Chasseloup-Laubat

自動車の整備

 

自動車の整備 (じどうしゃのせいび)とは、自動車を安全に運行する為に必要な作業であり、道路運送車両法により、自動車の利用者が自動車の点検整備を行うよう定められている。
初心者でも正しい知識さえ手に入れれば、かなりの整備が可能である。仕組みを正しく理解し、正しい整備方法を知り、適切な工具を使用する。
自動車の整備に使用する機材には、一般的に以下のような物がある。
整備解説書
:整備を行う際に参照すべき教科書。各部品の交換方法や交換手順の他に、ボルトなどの締付けトルク、使用すべき油脂の種類と量、交換や点検サイクルなどが記載されている。整備解説書に従い作業を行う。

自動車整備士国家試験

 

自動車整備士国家試験(じどうしゃせいびしこっかしけん)とは、自動車整備士国家資格のための試験である。
道路運送車両法第55条に基づき、国土交通大臣の行う自動車整備士技能検定試験を受け、合格しなければならない。
国土交通省自動車交通局監修。
なお、一級大型自動車整備士ならびに一級二輪自動車整備士の試験は施行されていない。
一定の受験資格を満たさなければならない、詳細は下記のとおりである。
二級自動車整備士取得者(二級二輪自動車、自動車シャシ整備士を除く)
実務のみの経験者
二級合格後3年以上の実務年数を有する者
機械学科の修了者等
一種養成施設修了者 - 二級合格後一級自動車整備士養成課程修了

自動車教習所

 

道路交通法の上では「自動車教習所」とされているが、名称(屋号)は「?自動車学校」「?ドライビングスクール」「?モータースクール」「?ドライビングカレッジ」などと名乗っている所もある。株式会社や有限会社の運営する校舎が多いが、一部には市町村立の教習所、学校法人の運営している教習所も存在する。都市部では二輪教習専門の教習所も存在する。
普通自動車免許に関する技能教習、学科教習、技能検定 (道路交通法) 技能検定などが主な業務となるが、教習所によっては大型自動車や中型自動車 、大型自動二輪車、普通自動二輪車などの教習・検定も実施している。また、公安委員会の指定(認定)を受けて、高齢者講習や運転免許取消処分者講習、運転免許取得時講習、初心運転者講習などを実施している。ペーパードライバーや高齢者、プロドライバーなど免許保有者に対して運転免許取得者認定教育を行っている教習所もある。

自動車製造者の一覧

 

自動車製造者の一覧では、自動車の行う企業・団体を羅列する。

 

名前から車種を調べたい場合は、自動車の車種名一覧を参照のこと。

 

トヨタ自動車
レクサス
ダイハツ工業(トヨタ自動車グループ)
日野自動車(トヨタ自動車グループ)
日産自動車(フランスのルノー傘下)
本田技研工業(ホンダ)
三菱自動車工業(三菱重工業傘下)
マツダ(アメリカのフォード傘下)
富士重工業(スバル)(トヨタ自動車グループ)
光岡自動車
トミーカイラ(トミタ夢工場)
チョロQモーターズ(トミータカラ)
ガレージリボン(現ドリームプロポーション)

自動車保険

 

自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の所有・使用・管理に伴って発生し得る賠償責任および損害を補填する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農業協同組合 農協や全国労働者共済生活協同組合連合会 全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。
強制保険とは、自動車(農耕用の小型特殊自動車は除く)の使用者に対して加入が義務付けられている保険であり、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険、自賠)や自賠責共済のこと。万一の事故の際、被害者や遺族に対して、最低限の賠償金を確保するための制度である。強制というだけあって、これに加入していない場合、路上での車両運行は事実上認められず、違反者には刑事罰が科せられる。

自動車ディーラー

 

自動車ディーラー(カーディーラー、car dealership)とは、新車や中古車を小売する事業者(販売店)のことである。
中でも、自動車製造者の一覧 自動車メーカー(または、その販売子会社等)と特約店契約を結んだ販売業者のことを指す。
販売だけでなく、点検整備などのサービスも提供する。
例えば日本の自動車雑誌などでは、メーカー系列に属する新車販売店の中古車部門で売られている中古車を「ディーラー系中古車」と呼び、メーカー系列に属さない独立系販売業者の中古車と区別している。
(ディーラーであっても、中古車に関しては特約メーカー以外の車も買取、販売することが多い)。
日本では、自動車メーカー、およびメーカーの制定した販売チャネル毎(車のカテゴリー、顧客層など)になっている。ただ、市場構造の変化などで、1990年代から販売チャネルを統合する動きが出ており、全販売店で全部の車種を扱う形に変更したり、県単位で存在する販売会社を地域ごとに広域統合するメーカーもある。

自動車事故

 

『交通事故』より : 交通事故(こうつうじこ)とは交通機関ににおける事故のことを言う。広義には鉄道、船舶、航空などの事故も含むが、通常は道路における自動車、自転車、歩行者などの事故(特に自動車)、すなわち、道路交通事故を指す。
口語表現では単に「事故」と呼ばれることも多い。交通事故を起こしたことを「事故る」という表現も若者の間で一般的になりつつある。
日本における交通事故の定義を定める根拠法令等には、
道路交通法:道路における車両等(自動車、原動機付自転車、軽車両、路面電車、トロリーバスの全て)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊(道路交通法第72条)
自動車安全運転センター法:道路交通法第72条に定めるものに道路外で発生したものを含む

自動車評価における日本語の誤用

 

自動車評価における日本語の誤用とは、自動車に関する専門用語・一般に用いられる表現で見受けられる日本語の誤用である。
各種メディアまたはユーザーの無知や知ったかぶりに起因することが多い。
ここでは、「半クラ」を「×半分クラクションを鳴らす」(正しくは半クラッチ)などは割愛した。
※左は、誤り(と思われる)表現。右は、正しい(or適切と思われる)表現。
×Sクラス、Mクラスなど(排気量及びボディサイズ別)→該当なし
1980年代から自動車雑誌で使われ始め、メーカー自身もそうした表現を用いることがある。メルセデス・ベンツと紛らわしい。
△280PS(馬力)自主規制→該当なし

自動車馬力規制

 

自動車馬力規制(じどうしゃばりききせい)とは、日本国内の自動車メーカーが正規に販売する自動車に対し、エンジンの馬力出力を一定の範囲に定めた規制を指す。この規制の名称は、法律に拠るものではないため一般的な通称であり、単に馬力規制(ばりききせい)と呼ばれることが多い。
なお本項目では、原動機付自転車を含むオートバイの馬力規制についても記す。
当初は、当時の運輸省による「過度の馬力はスピード違反や交通事故の増加を招く」という指摘から、オートバイメーカーも加入している日本自動車工業会においての申し合わせにより、現時点で最も高い馬力出力を持つ車両を越える性能のエンジンを搭載した車両は生産せず、運輸省も車両の認可を行わないという形での行政指導による事実上の公的規制がかけられた。

自動車アセスメント

 

自動車アセスメントとは自動車の安全性能評価のこと。

 

実車を使用した衝突試験など実際のデータを計測することにより個々の車種別にその衝突安全性を評価するもの。ユーザーが安全性の高い自動車を選択できるよう情報を提供する。また、自動車関連メーカーにはより安全な自動車の開発を促す。そのために信頼できる安全性能評価をおこないそれを公開するもの。通常は新車が評価対象となっている。

 

行政サービスとしておこなわれているもの、自動車メーカー関連団体や自動車保険の団体がおこなうもの、ユーザー団体がおこなうものなどがある。日本では行政サービスとして国が、国土交通省管轄でおこなっているものがある。安全の為には、自動車自体と同時に道路の側の安全の検証も必要となる。この「自動車アセスメント」は自動車自体の検証となる。

自動車税

 

自動車税(じどうしゃぜい)は、地方税法(昭和25年7月31日法律第226号)に基づき、道路運送車両法第4条の規定により登録された自動車に対し、その自動車の主たる定置場の所在する道府県において、その所有者に課される税金で、租税#租税の種類 普通税である。
自動車が、割賦販売 ローンにより売買される場合には、債権担保の目的から所有権が売主に留保されることがあるが、この場合には、買主が所有者とみなされて自動車税を納付することとなる。
標準税率は、次の4つの大区分ごとに、自家用自動車 自家用、事業用自動車 営業用、特殊な用途(8ナンバー)などの用途、さらにはその総排気量、総積載量及び乗車定員等に応じて定められている。

世界の模範!ボルボの安全思想

かつて、「安全はカネにならない」と言う言葉をよく耳にしました。これは、多くの自動車メーカーの取り組み方を象徴する言葉です。目につきやすい装備や快適な装備はどんどん豪華になっていく一方、目に見えにくい安全面については、後回しにされがちだったのです。しかし、ボルボは、愚直なまでに自動車の安全性を徹底追求...

 

 

 

軽自動車と普通自動車の維持費と寿命

自動車を購入する際、軽自動車か普通自動車(コンパクトカー)かお悩みの方は多いと思います。「維持費は抑えたいけど、どっちが長持ちするの?」「乗り心地は軽自動車でも十分なのかな?」等、気になるところはいっぱいありますが、今回は軽自動車と普通自動車の2つのタイプについて、特に維持費と寿命を中心にご紹介した...

 

 

 

車のボディーカラーに関する豆知識

現在、世界で最も生産量が多い車の色は圧倒的に白となっており、全体の25%を占めています。次いで多い色が同率で黒とシルバーです。この白色人気、実は最近のことなのです。これまで10年以上もの間、シルバーが定番人気だったそうです。2013年に入り、ヨーロッパや北米、アジアで白の人気が爆発。その人気の背景に...

 

 

 

パンクしても走行可能なタイヤがある!?

皆さんはご存知でしょうか?実は、タイヤにはパンクしても走行可能な車輪システムがあるということを。その名も「ランフラットシステム」と呼ばれており、欧米では予てからその絶大な効果が認められ、警察車両や消防車、救急車などの緊急車両及び国家や民間VIP専用車等に広く採用されているのです。このランフラットシス...

 

 

 

自動車のタイヤがリサイクルされると、何に使われているのかを知ろう

現在、日本では約8,000万台の自動車が登録されており、今や一家に二台又は三台の自動車を所有していることもあります。当然、その一台一台にホイールとタイヤが4本付いているわけですが、このタイヤは役目を終えるとその後どうなるのか?

 

 

 

大型トラックやバスの寿命とは?日本車のトラックやバスは100万キロを超えても海外...

トラックといっても660ccの軽トラック〜10トン以上の大型トラックまでさまざまで、バスも10人乗り〜50人乗り以上の大型バスまでさまざま。主に大型車に限定して調べてみました。果たして、大型トラックや大型バスの寿命とは?そして、何万キロまで走行できるのか!?

 

 

 

高級車中の高級車「ロールス・ロイス」社の自動車

高級車の中でも最上級に位置するイギリスの自動車ブランド「ロールス・ロイス」。「絶対に壊れない自動車」と都市伝説まである「ロールス・ロイス」の自動車は、一体どんなものなのでしょうか。

 

 

 

自動車の原価がどれくらいか知っていますか?

市販されている一般向け自動車の価格は、排気量やモデルによって100万〜500万円と非常に幅広いものとなっております。最近では、軽自動車においても200万円を優に超えるグレードも発売されていて、今や低排気量=低価格の時代ではなくなってきました。そこで、今回は生活や仕事、流通に欠かせない自動車の原価につ...

 

 

 

車買取・売却用語を知ろう

委任状(普通自動車)委任状は自動車売買する時に、所有者の方以外が登録手続きを行う場合に使います。業者さんに依頼される方のほとんどが必要になります。譲渡書(普通自動車)譲渡書は自動車の所有者がかわる場合に必要となる書類です。一般的なケースですが、自動車の売買を行うときに旧所有者が新所有者へ渡す事になり...

 

 

 

売却の際に大切なパーツを取り外したいとき:費用など

大手の廃車専門業者では、廃車にあたってオプションにてナビやETCといったパーツの取外しも行っております。このページではパーツの取外しにかかる費用や送料の目安を掲載しております。

 

 

 

人気が高まるキャンピングカー

近年、キャンピングカーの人気が高まっていることはご存知でしょうか。キャンピングカーの中には普通免許で運転できるものがたくさんあり、ファミリー層の間で人気が高まっているのです。

 

 

 

カーナビはどのような方法で位置を割り出すのか?

いまやすっかり身近な存在となったカーナビですが、どのような方法で自車の位置を割り出しているかご存知ですか?

 

 

 

 

VICSワイドとは何か?

VICS(道路交通情報通信システム)は、道路上に設置したセンサーやカメラを使って収集した交通状況を分析し、自動車に搭載したカーナビに渋滞中の道路を表示したり、主要地点間の所要時間を表示したり、あるいは工事中や通行止めなどの情報を表示したりするための交通情報データを提供するシステムです。VICSは19...

 

 

 

2015年に最も売れた新車は?

2006年1月8日、日本自動車販売協会連合会と全国自動車協会連合会から、昨年2015年1月〜12月の新車販売台数が発表されました。2015年1月〜12月に最も売れた車の人気の理由を見ていきましょう。

 

 

 

昔懐かしい自動車の装備

ここ数十年で、自動車はとても大きな進化を遂げてきました。今ではリモコンキーが当たり前になっているドアの鍵の開閉に関しても、ひと昔前までは鍵穴に鍵を挿し、回して開けるのが普通でした。今の若い人は見たことがないような装備があったことをご存知でしょうか。

 

 

 

ターボ車が再び脚光を浴びている!

ターボとは、ターボチャージャーと呼ばれる過給器の略称です。ターボの仕組みを簡単に説明すると、エンジンの内部で空気と燃料を混合して燃焼(爆発)させる際に、ピストンがシリンダーとの間で注射器のような働きをし、空気をシリンダー内部に吸い込みます。その際、吸い込む空気の量を多くする(詰め込む)ことで、エンジ...

 

 

 

樹脂パネルを使う車が増えつつある

自動車の外装パネルに鉄が使われるのは、薄くても強度が保ちやすいことや、大きな交通事故に遭った場合には、パネルがくしゃくしゃに潰れることで、衝撃を吸収する役割を担っていることなどが理由として挙げられます。一方で、バンパーやエアロパーツなどには樹脂がたくさん使用されています。これは、バンパーやエアロパー...

 

 

 

新車を購入するのにおすすめの時期って?

自動車の購入は高い買い物です。新車を購入するにはおすすめの時期があるのはご存知でしょうか。自身の購入のタイミングが合えば、おすすめの時期に合わせて新車購入を検討してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

車買取の一括査定の仕組みと注意点

車買取一括査定について説明する前に、車買取業者について解説したいと思います。従来から、下取りの際には、減価償却方式に基づく画一的な価格提示が常態化しており、数年ほど乗った程度のよい自動車でも、安く買い叩かれることが珍しくありませんでした。一方、全国に中古車オークションが続々と開設され、仕入れや換金の...

 

 

 

救急車の豆知識

救急車は自治体消防の救急車・医療機関の救急車・自衛隊の救急車・空港の救急車と様々で、各機関の救急車によっても搭載されている医療用資器材が異なります。

 

 

 

霊柩車の豆知識

霊柩車と聞くと、真っ先に思い浮かべるのは、車の後部が神社の神殿や神輿のようなデザインとなっているタイプです。これは、「宮型霊柩車」と呼ばれるものです。宮型霊柩車には、大柄な米国車(リンカーンやキャデラックなど)や国産大型車(クラウンなど)をベースとし、様々な「改造」が施されています。とりわけ、熟練の...

 

 

 

廃車専門業者は海外販路を数多く持っている!

日本車の輸出先は、基本的に右ハンドルの自動車が輸入できる国になります。世界では左ハンドルの使用の方が割合的に多い為、日本車を輸出できる国は一部に限られており、且つ年式規制や事故修復歴の有無で輸入規制があるなど、各国の特徴はさまざまです。各国の輸入規制やその特徴についてお伝えいたします。

 

 

 

海外で人気の日本車とは?

廃車専門業者で買い取りされた廃車は、自走可能の場合、海外のお客様へ販売します。海外旅行に行った際に日本車が多く見かけたという方も多いと思います。国や地域によって人気の車両は異なり、中には輸入規制により年式や事故歴の有無で輸出できる車両が限られる国もあります。

 

 

 

放置車両の撤去の問題点

放置車両で困っている場合、たいていの人は、まず110番(警察)に電話を掛け、「なんとかしてください」とお願いをすることになります。そして、とりあえず警察官が現場に来て状況を確認し、ナンバープレートから持ち主を調べて連絡を取ります。しかし、もし連絡が取れたとしても、警察には「民事不介入」という原則があ...

 

 

 

救急車、消防車、パトカーに制限速度はあるの?

■制限速度は当然ある緊急自動車の制限速度は道路交通法によって定められています。これによると、緊急走行時の最高速度は、高速道路の本線は100km/h、本線以外の箇所(本線までの支流区間など)は80km/hと定められています。また、一般道における最高速度は80km/hと規定されています。■緊急自動車の要...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

車買取・売却用語を知ろう

廃車引き取り無料!

車買取・売却用語を知ろう

手続き無料で代行!

車買取・売却用語を知ろう

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。