昔懐かしい自動車の装備

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

昔懐かしい自動車の装備

廃車引き取り無料!

昔懐かしい自動車の装備

手続き無料で代行!

昔懐かしい自動車の装備

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

昔懐かしい自動車の装備

昔懐かしい自動車の装備

ここ数十年で、自動車はとても大きな進化を遂げてきました。

 

今ではリモコンキーが当たり前になっているドアの鍵の開閉に関しても、ひと昔前までは鍵穴に鍵を挿し、回して開けるのが普通でした。

 

今の若い人は見たことがないような装備があったことをご存知でしょうか。

三角窓

昭和40年代以前のほとんどの自動車にあった三角窓。

 

三角窓には、開閉することで車内の換気を行う役割がありました。

 

自動車にエアコンの装備が普及していなかった時代には欠かせなかった三角窓。

 

エアコンの普及により、昭和50年代に入ると装備された自動車はごく一部にまで減少しました。

 

また、三角窓には、「窓枠が車内外に突出して危険」「天気が悪い日には使いづらい」「車上荒らしのターゲットになりやすい」といったデメリットも目立っていました。

 

三角窓がない自動車が「新しい」ともてはやされるようにもなり、自動車メーカーも三角窓を新たに付けることはなくなりました。

レギュレーターハンドル

リモコンキーと同じで今ではボタンを押せば簡単に開閉することができるパワーウィンドウは、運転席のドライバーが後部座席の窓を開けることも可能なのが当たり前。

 

ですが、昔の自動車の窓は、手動での開閉が当たり前でした。

 

各ドアに付いていたレギュレーターハンドルというものをクルクルと回すことで窓を開け閉めすることができたのです。

 

ETCが存在しなかった時代、高速道路の料金所でレギュラーターハンドルをクルクル回して窓を開けてからお金を支払うといった手間の掛かる作業が当たり前でした。

 

手間が掛かる上に、小さな子供にとってはクルクル回して自動車の窓を開けることは一苦労だったのです。

フェンダーミラー

昔懐かしい自動車の装備

ドライバーが運転する際に確認を欠かせないバックミラーとドアミラー(サイドミラー)ですが、昔の自動車ではドアミラーが禁止されていたというのをご存知でしょうか。

 

その理由は、ドアミラーを見る際に顔を横に向ける必要があり、前方への注意が疎かになってしまうというものでした。

 

そのため、ドアミラーの代わりにボンネットの両脇にフェンダーミラーと呼ばれるミラーが付いていたのです。

 

一方、当時外国車ではドアミラーが普及しており、日本へ参入するにあたり障壁となっていました。

 

そうしたこともあり1983年に規制が撤廃され、日本車でもドアミラーが普及し主流となっていったのです。

速度警告音

車両の速度が一定以上に達すると「キンコン」といった音を発していたのが速度警告音。

 

一般的に、普通自動車の制限速度100km/hを超えた際に音が鳴っていました。

 

制限速度を超えた際にお知らせしてくれる警告音、スピード違反減少にも繋がりそうですが、なぜ今では見かけなくなったのでしょうか。

 

それはフェンダーミラーと同じで、外国車を輸入する際、日本のためだけにわざわざコストを掛けて速度警告音を付けなければならないといった問題があったからです。

 

また、「キンコン」といった単調な音が睡眠を誘発させる危険性もあるとされました。

 

廃止される前は速度警告音が鳴らないと車検を通ることもできなかった程の装備でしたが、スピード違反を教える音が眠気を起こすというのは皮肉に感じます。

 

ターボ車が再び脚光を浴びている!

 

樹脂パネルを使う車が増えつつある

世界の模範!ボルボの安全思想

かつて、「安全はカネにならない」と言う言葉をよく耳にしました。これは、多くの自動車メーカーの取り組み方を象徴する言葉です。目につきやすい装備や快適な装備はどんどん豪華になっていく一方、目に見えにくい安全面については、後回しにされがちだったのです。しかし、ボルボは、愚直なまでに自動車の安全性を徹底追求...

 

 

 

軽自動車と普通自動車の維持費と寿命

自動車を購入する際、軽自動車か普通自動車(コンパクトカー)かお悩みの方は多いと思います。「維持費は抑えたいけど、どっちが長持ちするの?」「乗り心地は軽自動車でも十分なのかな?」等、気になるところはいっぱいありますが、今回は軽自動車と普通自動車の2つのタイプについて、特に維持費と寿命を中心にご紹介した...

 

 

 

車のボディーカラーに関する豆知識

現在、世界で最も生産量が多い車の色は圧倒的に白となっており、全体の25%を占めています。次いで多い色が同率で黒とシルバーです。この白色人気、実は最近のことなのです。これまで10年以上もの間、シルバーが定番人気だったそうです。2013年に入り、ヨーロッパや北米、アジアで白の人気が爆発。その人気の背景に...

 

 

 

パンクしても走行可能なタイヤがある!?

皆さんはご存知でしょうか?実は、タイヤにはパンクしても走行可能な車輪システムがあるということを。その名も「ランフラットシステム」と呼ばれており、欧米では予てからその絶大な効果が認められ、警察車両や消防車、救急車などの緊急車両及び国家や民間VIP専用車等に広く採用されているのです。このランフラットシス...

 

 

 

自動車のタイヤがリサイクルされると、何に使われているのかを知ろう

現在、日本では約8,000万台の自動車が登録されており、今や一家に二台又は三台の自動車を所有していることもあります。当然、その一台一台にホイールとタイヤが4本付いているわけですが、このタイヤは役目を終えるとその後どうなるのか?

 

 

 

大型トラックやバスの寿命とは?日本車のトラックやバスは100万キロを超えても海外...

トラックといっても660ccの軽トラック〜10トン以上の大型トラックまでさまざまで、バスも10人乗り〜50人乗り以上の大型バスまでさまざま。主に大型車に限定して調べてみました。果たして、大型トラックや大型バスの寿命とは?そして、何万キロまで走行できるのか!?

 

 

 

高級車中の高級車「ロールス・ロイス」社の自動車

高級車の中でも最上級に位置するイギリスの自動車ブランド「ロールス・ロイス」。「絶対に壊れない自動車」と都市伝説まである「ロールス・ロイス」の自動車は、一体どんなものなのでしょうか。

 

 

 

自動車の原価がどれくらいか知っていますか?

市販されている一般向け自動車の価格は、排気量やモデルによって100万〜500万円と非常に幅広いものとなっております。最近では、軽自動車においても200万円を優に超えるグレードも発売されていて、今や低排気量=低価格の時代ではなくなってきました。そこで、今回は生活や仕事、流通に欠かせない自動車の原価につ...

 

 

 

車買取・売却用語を知ろう

委任状(普通自動車)委任状は自動車売買する時に、所有者の方以外が登録手続きを行う場合に使います。業者さんに依頼される方のほとんどが必要になります。譲渡書(普通自動車)譲渡書は自動車の所有者がかわる場合に必要となる書類です。一般的なケースですが、自動車の売買を行うときに旧所有者が新所有者へ渡す事になり...

 

 

 

売却の際に大切なパーツを取り外したいとき:費用など

大手の廃車専門業者では、廃車にあたってオプションにてナビやETCといったパーツの取外しも行っております。このページではパーツの取外しにかかる費用や送料の目安を掲載しております。

 

 

 

人気が高まるキャンピングカー

近年、キャンピングカーの人気が高まっていることはご存知でしょうか。キャンピングカーの中には普通免許で運転できるものがたくさんあり、ファミリー層の間で人気が高まっているのです。

 

 

 

カーナビはどのような方法で位置を割り出すのか?

いまやすっかり身近な存在となったカーナビですが、どのような方法で自車の位置を割り出しているかご存知ですか?

 

 

 

 

VICSワイドとは何か?

VICS(道路交通情報通信システム)は、道路上に設置したセンサーやカメラを使って収集した交通状況を分析し、自動車に搭載したカーナビに渋滞中の道路を表示したり、主要地点間の所要時間を表示したり、あるいは工事中や通行止めなどの情報を表示したりするための交通情報データを提供するシステムです。VICSは19...

 

 

 

2015年に最も売れた新車は?

2006年1月8日、日本自動車販売協会連合会と全国自動車協会連合会から、昨年2015年1月〜12月の新車販売台数が発表されました。2015年1月〜12月に最も売れた車の人気の理由を見ていきましょう。

 

 

 

昔懐かしい自動車の装備

ここ数十年で、自動車はとても大きな進化を遂げてきました。今ではリモコンキーが当たり前になっているドアの鍵の開閉に関しても、ひと昔前までは鍵穴に鍵を挿し、回して開けるのが普通でした。今の若い人は見たことがないような装備があったことをご存知でしょうか。

 

 

 

ターボ車が再び脚光を浴びている!

ターボとは、ターボチャージャーと呼ばれる過給器の略称です。ターボの仕組みを簡単に説明すると、エンジンの内部で空気と燃料を混合して燃焼(爆発)させる際に、ピストンがシリンダーとの間で注射器のような働きをし、空気をシリンダー内部に吸い込みます。その際、吸い込む空気の量を多くする(詰め込む)ことで、エンジ...

 

 

 

樹脂パネルを使う車が増えつつある

自動車の外装パネルに鉄が使われるのは、薄くても強度が保ちやすいことや、大きな交通事故に遭った場合には、パネルがくしゃくしゃに潰れることで、衝撃を吸収する役割を担っていることなどが理由として挙げられます。一方で、バンパーやエアロパーツなどには樹脂がたくさん使用されています。これは、バンパーやエアロパー...

 

 

 

新車を購入するのにおすすめの時期って?

自動車の購入は高い買い物です。新車を購入するにはおすすめの時期があるのはご存知でしょうか。自身の購入のタイミングが合えば、おすすめの時期に合わせて新車購入を検討してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

車買取の一括査定の仕組みと注意点

車買取一括査定について説明する前に、車買取業者について解説したいと思います。従来から、下取りの際には、減価償却方式に基づく画一的な価格提示が常態化しており、数年ほど乗った程度のよい自動車でも、安く買い叩かれることが珍しくありませんでした。一方、全国に中古車オークションが続々と開設され、仕入れや換金の...

 

 

 

救急車の豆知識

救急車は自治体消防の救急車・医療機関の救急車・自衛隊の救急車・空港の救急車と様々で、各機関の救急車によっても搭載されている医療用資器材が異なります。

 

 

 

霊柩車の豆知識

霊柩車と聞くと、真っ先に思い浮かべるのは、車の後部が神社の神殿や神輿のようなデザインとなっているタイプです。これは、「宮型霊柩車」と呼ばれるものです。宮型霊柩車には、大柄な米国車(リンカーンやキャデラックなど)や国産大型車(クラウンなど)をベースとし、様々な「改造」が施されています。とりわけ、熟練の...

 

 

 

廃車専門業者は海外販路を数多く持っている!

日本車の輸出先は、基本的に右ハンドルの自動車が輸入できる国になります。世界では左ハンドルの使用の方が割合的に多い為、日本車を輸出できる国は一部に限られており、且つ年式規制や事故修復歴の有無で輸入規制があるなど、各国の特徴はさまざまです。各国の輸入規制やその特徴についてお伝えいたします。

 

 

 

海外で人気の日本車とは?

廃車専門業者で買い取りされた廃車は、自走可能の場合、海外のお客様へ販売します。海外旅行に行った際に日本車が多く見かけたという方も多いと思います。国や地域によって人気の車両は異なり、中には輸入規制により年式や事故歴の有無で輸出できる車両が限られる国もあります。

 

 

 

放置車両の撤去の問題点

放置車両で困っている場合、たいていの人は、まず110番(警察)に電話を掛け、「なんとかしてください」とお願いをすることになります。そして、とりあえず警察官が現場に来て状況を確認し、ナンバープレートから持ち主を調べて連絡を取ります。しかし、もし連絡が取れたとしても、警察には「民事不介入」という原則があ...

 

 

 

救急車、消防車、パトカーに制限速度はあるの?

■制限速度は当然ある緊急自動車の制限速度は道路交通法によって定められています。これによると、緊急走行時の最高速度は、高速道路の本線は100km/h、本線以外の箇所(本線までの支流区間など)は80km/hと定められています。また、一般道における最高速度は80km/hと規定されています。■緊急自動車の要...

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

昔懐かしい自動車の装備

廃車引き取り無料!

昔懐かしい自動車の装備

手続き無料で代行!

昔懐かしい自動車の装備

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。