中古車を高く売るためのテクニック

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

中古車を高く売るためのテクニック

廃車引き取り無料!

中古車を高く売るためのテクニック

手続き無料で代行!

中古車を高く売るためのテクニック

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

中古車を高く売るためのテクニック

中古車を高く売るためのテクニック

中古車を高く売る方法はあるのか?

 

もし、本当に高く売れるコツがあるならば、知らなきゃ損ですよね!

 

大量なデータを基に分析し、中古車を高く売れるコツを公開いたします。

ポイント1「タイミング」

中古車は製造年月日から時間の経過と共に価格が下落していく。と言われています。

 

これは本当なのでしょうか?

 

今この記事を見て頂いている方は車を売りたい方ではないでしょうか?

 

少し視点を変えて考えてみましょう。

 

もし、あなたが中古車を購入するとしたらどちらの中古車を購入しますか?

 

分かりやすい解説の為、エンジンや外装のコンディションや仕様・グレードや走行距離などは全て同等として考えてみましょう。

 

平成20年式 スズキワゴンR 55万円
平成19年式 スズキワゴンR 55万円

 

おそらく、ほとんどの方が平成20年式のスズキワゴンRを購入されると思います。

 

なぜならば、条件は全く同じで価格も同額なのに年式が一年新しいからです。

 

中古車を取り扱うプロとしては、平成20年式も19年式も今回の例の様に仕様や条件が同じであれば全く同じ価値があります。

 

しかし、販売する時になるとおそらく平成19年式は5万円程度の値下げが必要でしょう。

 

そうです。製造年月日から時が経過すると共に価格が下落していることは、買い手側の立場になって考えると分かりやすいですよね。

 

そうなると、高く売るためのポイントが「タイミング」とはどういう事かといいますと、高く売れる時期がある!という事です。

 

中古車を高く売りたいなら下記の時期に売却すると、通常より価格が高くつく可能性があります。
1 夏と冬のボーナスシーズン
2 中古車買取店の決算シーズン(9月・12月・3月など)
3 新生活により自動車の需要が拡大するシーズン(2月〜4月)

 

※中古車によって、国内販売に需要があるケースと、海外販売に需要があるケースがありますが、海外販売に需要があるケースに関しては年末は通常より価格がつきにくいのが一般的です。

 

なぜならば、海外バイヤーが中古車を輸入する際に輸入税を国に支払いますが、国によっては製造年月日から経過年数によって輸入税が異なるケースがある為、年末の船の場合、中古車を乗せた船が年始に到着すると輸入税を多く払わなければならないケースがあるからです。

 

中古車を売却する際は、車ごとによって市場は変動していますので早めのご相談をお勧めしております。

ポイント2 「オプション等は綺麗に」

中古車を高く売るためのテクニック

新古車と中古車と共にオプションにプラス査定がつく場合があります。プ

 

ラス査定になる項目を公開いたします。(オプション品以外も含む)

 

1 タイヤの溝(8部山以上のもの)
2 ホイール(19インチ以上のもの)
3 ナビゲーション(地デジ対応のもの)
4 車内の匂い
5 シートの綺麗さ

 

当然、外装内装やエンジンや装備品(本革・マルチ・サンルーフなど)はプラス査定になりますが、買取実績データを基にプラス査定されている項目をピックアップしました。
1〜5の項目の中で、ナビゲーションに関しては取扱説明書の保管の有無によってプラス査定の金額が変動する事があります。

 

尚、必ずしも地デジ対応でなければならないという事もありませんが、時代と共にDVDやHDDナビはどんどん古くなっていきますので、数年前に購入した金額を考えると、ほとんどプラス査定にならないケースがほとんどです。

 

注目したいのが車内の匂い。

 

これは喫煙車の場合はたばこのにおいが充満しているケースが多く、且つエアコンから異臭があるケースもあります。

 

中古車を売却する際に査定士が車に乗りエンジンをかけた時に異臭がすると、通常であれば査定額がダウンします。

 

したがって、消臭剤などを使って異臭がしないようにするのが良いでしょう。

 

 

愛着のあるお車の売却ですから少しでも高く買い取って欲しいですよね。

 

今回の記事からわかるように「売るタイミング」や「オプションの状態」などで買取金額に影響してきます。

 

それらの事を考慮してより良く売却しましょう。

 

話題のブレーキアシスト機能

車の性能向上に伴って、しっかりとした安全装備が普及しています。しかしながら、英語やカタカナ、略字で書かれていることが多いため、ユーザーの中では分かりにくいのも事実です。そこで今回は、今話題のブレーキアシスト機能について紹介していきたいと思います。まず、ブレーキアシストの最新技術は大きく分けて「パッシ...

 

 

 

LED信号機の特徴

このところ、日常生活に関わる多くの分野にLED照明が広く普及しています。特に、自動車に乗る人にとっては、LED信号機の普及を実感されている人も多いと思います。今回は、LED信号機の特徴をご紹介してみたいと思います。

 

 

 

こんな運転マナー知ってますか?

これは、教習所で習ったはずの運転マナーであり、基本中の基本のはずですが、雨天にもかかわらず、歩行者や自転車のそばを勢いよく走り抜けたり、道路上にある水たまりを勢いよく通過したりして、水しぶきを浴びせかける車を、非常に多く見かけます。これは、道路交通法第71条「車両等の運転者は、むかるみまたは水たまり...

 

廃車の手続きがわからない場合、窓口が不明な場合は廃車専門業者が頼りになります!

 

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料です!

 

以下に、当サイトがおすすめする廃車専門業者をランキングでご紹介します。
<※>実際に査定依頼する際は「自動車検査証(車検証)」をお手元に用意してください。

<第1位> カーネクスト(全国対応)

中古車を高く売るためのテクニック

カーネクストに車の廃車手続きを依頼すると最低でも自己負担0円でやってもらえます(「0円以上買取保証付」)。

 

 

レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合でも自己負担ナシです。

 

 

・陸運局で一連の廃車手続きを代行してくれるので手間いらずです。

 

・車検が残っている車なら自動車税や自動車重量税の還付金を後日受け取れます。

 

・アフリカやミャンマー等への輸出直販ルートを数多く確保しているので、他社で査定が付かなかった車にも買取額が付くケースが数多くあります。

 

・一般的な乗用車だけでなく商用車(トラック・バン・ディーゼル車など)も海外では「日本製」ということで人気が高く、高価買取が可能です。

 

車検切れの車ローンが残っている車亡くなった親名義の車で遺産相続の対象になっている車自分の土地に放置されている他人名義の車海外赴任で急遽廃車にしたい車など、様々な特殊案件にも対応してくれます。

 

追跡システムを導入しているので、引き渡した車の「その後」がわかり、とても安心感が高いです。

 

<※>お急ぎの場合はここ1社だけでいいですが、時間に余裕があれば2位あるいは3位にも査定依頼し、競合させた方がより高い査定額が期待できますよ。

<第2位> 廃車トッドコム(全国対応)

中古車を高く売るためのテクニック

廃車ドットコムに廃車手続きを依頼した場合も、その後の手続きの流れはランキング1位のカーネクストとほとんど同じです。

 

・廃車に伴う自己負担は無料ですし、レッカーや積載車で引き取りしてもらった場合も自己負担はありません。

 

・車の程度がよければプラス査定が付き、有料での「買取」となります。

 

・陸運局での廃車手続きの代行も無料でやってくれますし、自動車税や自動車重量税の還付手続きも無料で代行してやってくれます。

 

・廃車ドットコムとランキング1位のカーネクストとの違いは、得意分野がやや異なるところです。

 

・カーネクストは、海外直販ルートを数多く持っていて、引き取った車を完成車のまま輸出するのが得意です。

 

・一方、廃車ドットコムの方は、車を徹底的に分解整理し、使えるパーツは隅から隅まで「部品」として使い切ることが得意で、そのための国内販路・海外販路を豊富に抱えています

 

・では、まだ走行可能な車はカーネクストの方が高い値段が付き、不動車は廃車ドットコムの方が有利かというと、それは一概に言えません。

 

・それぞれが「いま特に必要としているもの」が違っていて、引き取るタイミングによって、どちらがより高い査定をつけてくれるかは、その時によって異なるからです。

 

・ですから、時間的に余裕があれば、カーネクストと廃車ドットコムの両方に査定見積もりを依頼するのがベストだと思います。

 

・いずれの会社も評価の高い会社ですが、やはり、1社だけに依頼するよりも、複数社に依頼して、競う相手がいることをそれぞれの業者さんに知らせた方が、より高い査定額が付きやすいのが世の常ですから

 

<第3位> ズバット車買取比較(全国対応)

中古車を高く売るためのテクニック

ズバット車買取比較は中古車の一括査定比較サイトです。

 

・ランキング1位と2位は共に廃車買取専門店ですが、ズバット車買取の得意分野は一般的な中古車です。

 

・あなたが廃車を検討しているお車が、まだ充分使用できる車で、外装も内装も一定の水準を保っているお車なら、中古車買取で強みを発揮するズバット車買取で思わぬ金額が付くことがあります。

 

たとえディーラーで査定が付かないと言われた車でも買取額が付くことはごく普通のことです

 

・ズバット車買取に査定を申し込むと、申し込んだあなたの車の情報が全国200社を超える車買取店に一斉にメール配信されます(個人情報は厳守されます)。

 

・すると、200を超える買取店がそれぞれあなたの車に対する買取金額を提示します。

 

・そうやって提示された買取金額の上位5社〜10社をコンピューターが絞り込み、絞り込まれた数社からあなたにメールや電話で連絡がきます(たいてい5社前後)。

 

あとは、それらの会社の中で一番高く買い取ってくれる会社を選ぶだけです

 

・もちろん、ランキング1位と2位の廃車専門店でも、程度のいい車はプラス査定となって「買取」してもらえますが、その際の買取金額が業界の最高値に近いかどうか、ちょっと微妙なところがあります。

 

・しかし、ズバット車買取で200社を超える買取店が競合した場合なら、ほぼ業界の最高値だと判断でき、後で後悔することが無いと思います

 

・そもそも自分の車にどの程度の価値があるのか、廃車しかないのか、中古車として買取してもらえるのか、私たち一般人には判断が付かないのが普通です。

 

・当サイトの管理人のわたしがオススメするベストな方法は、ランキング1位のカーネクストとズバット車買取比較の2つに査定依頼する方法です。

 

事故車、不動車、車検切れで放置された車、水没車などは、ランキング1位と2位の廃車専門店2社で競合する方法をオススメしますが、現役でじゅうぶん活躍できそうな車なら、カーネクストとズバット車買取比較の2カ所で競合した場合が一番いい結果が得られるでしょう

 

凍結防止剤に注意しよう!

冬と言えば、積雪や凍結によるスリップ事故が多発する時期です。それを防いでくれるのが凍結防止剤です。しかし、この凍結防止剤、交通安全をサポートしてくれるのは助かるのですが、とても厄介な問題を秘めているのはご存知でしょうか?

 

 

 

寒冷地仕様車は一般車とどこが違うのか?

バッテリーは、低温下での性能が大幅に低下する性質を持っています。そのため、寒冷地仕様車においては、一般車に比べて1回りか2回りほど大きめの容量のバッテリーを搭載するのが一般的です。

 

 

 

自動車にも「ミラーレス」の時代がやってくる!?

「ミラーレス」という言葉を聞くと、ほとんどの人は「ミラーレス一眼レフカメラ」を思い浮かべると思いますが、実は自動車の分野にも「ミラーレス」がまもなく登場することをご存知でしょうか?

 

 

 

電気自動車について

電気自動車(Electric Vehicle)とは、電気で駆動する自動車のことであり、ガソリンの代わりにバッテリーに充電された電気を気使って走行する自動車のことをいいます。よって、エンジンではなく、モーターとバッテリー、車載充電器、蓄電池、制御装置などが搭載されています。特徴としては、「環境負荷」に...

 

 

 

「水素で走る自動車」ってどんな仕組みなの?

政府は、2020年に開催される東京オリンピックにおいて、競技施設への選手や観客の交通手段などに、次世代自動車の本命と目されている燃料電池車を積極的に投入するなどし、世界各国に水素社会や日本の環境技術の優位性をアピールする方針です。また、経済産業省は、水素活用社会の実現に向けた工程表をリリースしていま...

 

 

 

水素自動車のメリット・デメリット

2009年に始まった「エコカー減税」が注目を集めたことで、ハイブリッドカーや電気自動車が広く一般に知られるようになりました。2014年12月にトヨタ自動車から水素で走る燃料電池車(FCV)を販売することが決まり、一気にその知名度や関心度が高まっています。そこで今回は、その「MIRAI(ミライ)」をピ...

 

 

 

絶対に燃費がアップする方法とは?

ガソリンは1リットルあたり710〜760グラム程度、軽油は800〜860グラム程度の重量があります。もし、ガソリン50リットルで満タンという自動車の場合、概ね35〜38kgの「重り」を積んで走っていることになります。もし、満タンにせずに、半分以下の容量で給油するようにすれば、「重り」の量も半分以下に...

 

 

 

検証!電気自動車とガソリン車の比較

現在、世界中で普及し始めている電気自動車。国内だけでなく海外のメーカーもその開発を進めている中、政府の補助金等のおかげで一般の方でも手に入れることが出来るようになりました。そこで今回は、電気自動車と従来のガソリン車とを比較して一体どのような得があるのか、両方の走行データ等を元に検証していきたいと思い...

 

 

 

ガソリンにまつわる豆知識

ガソリンの給油口は車によって左右バラバラです。ガソリンを入れようとスタンドに入った時にどちらの向きで入ったらいいかわからなくなることって結構あると思います。書いている私自身もすぐに忘れてしまって思い出せません。しかし、運転席に座りながらも、給油口がどっちに付いているかがすぐに分かる方法があるのです!...

 

 

 

車両本体だけを売ってもらえないのだろうか

自動車販売店で自動車を購入するときには、車両本体価格のほかにいろいろな費用が必要となります。その際、「車両本体だけを売ってもらうことはできないのだろうか」と考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

契約した自動車の購入はキャンセルできる?

キャンセルという行為は、販売する側にとっては迷惑この上ない行為と映ります。一方で、「キャンセルできないのであれば、慎重に品定めしよう」というユーザー心理が強く働きますし、ついで買いや衝動買いによる販売が減少します。売る側にとっては、「キャンセルはされたくないが、販売が減少するのも困る」というジレンマ...

 

 

 

中古車を高く売るためのテクニック

中古車を高く売る方法はあるのか?もし、本当に高く売れるコツがあるならば、知らなきゃ損ですよね!大量なデータを基に分析し、中古車を高く売れるコツを公開いたします。

 

 

 

スタッドレスタイヤに履き替えるタイミング

冬の定番アイテムのひとつがスタッドレスタイヤです。特に寒冷地においては、安全に冬を越すための命綱とさえ言えます。但し、交換するタイミングは、早すぎても遅すぎてもデメリットがあります。

 

 

 

スタッドレスタイヤの仕組み

スタッドレスタイヤとは、凍った道路や雪のつもった道路などを自動車が安全に走行できるように開発されたタイヤです。だいぶ前になりますが、実はスタッドレスタイヤが登場するまでは、タイヤの接地面に金属のピンを埋め込んだ『スパイクタイヤ』が冬用のタイヤとして主流でした。しかし、積雪のない舗装路でスパイクタイヤ...

 

 

 

話題のブレーキアシスト機能

車の性能向上に伴って、しっかりとした安全装備が普及しています。しかしながら、英語やカタカナ、略字で書かれていることが多いため、ユーザーの中では分かりにくいのも事実です。そこで今回は、今話題のブレーキアシスト機能について紹介していきたいと思います。まず、ブレーキアシストの最新技術は大きく分けて「パッシ...

 

 

 

LED信号機の特徴

このところ、日常生活に関わる多くの分野にLED照明が広く普及しています。特に、自動車に乗る人にとっては、LED信号機の普及を実感されている人も多いと思います。今回は、LED信号機の特徴をご紹介してみたいと思います。

 

 

 

こんな運転マナー知ってますか?

これは、教習所で習ったはずの運転マナーであり、基本中の基本のはずですが、雨天にもかかわらず、歩行者や自転車のそばを勢いよく走り抜けたり、道路上にある水たまりを勢いよく通過したりして、水しぶきを浴びせかける車を、非常に多く見かけます。これは、道路交通法第71条「車両等の運転者は、むかるみまたは水たまり...

 

 

 

交差点でイスに座ってカチカチしている人って何してるの?

よく路上や交差点などで、イスに座ってカチカチとカウンターを弾いている人々を見かけます。彼らは、どんな目的で、何をしているのでしょうか?

 

 

 

 

タイミングベルトの交換は重要です!

多くの自動車エンジンは、「吸気・圧縮・燃焼・排気」という4つの工程により作動しています。そして、多くの車には「タイミングベルト」が使用されています。

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

中古車を高く売るためのテクニック

廃車引き取り無料!

中古車を高く売るためのテクニック

手続き無料で代行!

中古車を高く売るためのテクニック

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。