話題のブレーキアシスト機能

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

話題のブレーキアシスト機能

廃車引き取り無料!

話題のブレーキアシスト機能

手続き無料で代行!

話題のブレーキアシスト機能

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。

話題のブレーキアシスト機能

話題のブレーキアシスト機能

車の性能向上に伴って、しっかりとした安全装備が普及しています。

 

しかしながら、英語やカタカナ、略字で書かれていることが多いため、ユーザーの中では分かりにくいのも事実です。

 

そこで今回は、今話題のブレーキアシスト機能について紹介していきたいと思います。

 

話題のブレーキアシスト機能

まず、ブレーキアシストの最新技術は大きく分けて「パッシブセーフティ技術」と「アクティブセーフティ技術」に分けられます。

 

パッシブセーフティとは「3点式シートベルト」「エアバッグ」「衝突安全ボディ」「歩行者傷害低減ボディ」のことを差し、今では当たり前の標準装備となっています。

 

アクティブセーフティとは、「事故を未然に防ぐ」技術全般をさします。

 

ここからは、そのアクティブセーフティの技術を紹介したいと思います。

アクティブセーフティ技術

1・車を停止させて事故を防ぐ、プリクラッシュセーフティシステム
「プリクラッシュセーフティシステム」とは、衝突が避けられない状況になった場合に、被害を最小限に抑えるための技術のことです。

 

アクティブセーフティとパッシブセーフティの中間に位置するような安全技術となっています。

 

具体的には、この技術を搭載したカメラにて車の前方を監視して、衝突が避けられないと判断したときにブレーキ操作をうながします。

 

さらに状況に応じてゆるやかにブレーキを働かせたり、シートベルトのゆるみを巻き上げたりすることによって、衝突に対して被害を少なくしようと備えます。

 

また、同技術は車間距離制御装置などと組み合わせて採用されることが多く、一定の条件下においては車を完全に停止させて安全を確保する仕組みも登場するなど、まさに最先端の安全技術となっています。

 

 

 

2・AFS(アダプティブ・フロントライティング・システム)
ハンドルを操作したとき、操舵の方向に向けてヘッドライトが照らす向きを変えるシステムのことをさします。

 

暗い夜道での視界を確保することで、事故を未然に防ぐことができます。

 

 

 

3・レーンキーピングアシスト
車に搭載されたカメラによって、道路に書かれた車線を示す白線を判断し、それを踏み越えそうになると「警告音」や「ステアリングへの振動」などでドライバーに知らせる技術です。

 

また、車を車線内に戻す形でステアリングを働かせる「車線逸脱防止機構」という技術もあります。

 

 

 

4・アダプティブクルーズコントロール
この技術は、アクセルを踏まなくても一定の車速を維持して走るクルーズコントロールに、「車間距離制御機能」という技術を追加したものです。

 

前述のプリクラッシュセーフティシステムに組み合わされており、今では最新技術に欠かせない要素となっています。

 

 

 

5・VDIM
トヨタが一部の高級車に採用している、従来からある「横滑り防止装置」を進化させた技術です。

 

通常時からクルマの動きを判断し、クルマが滑り出す前から早期に介入してクルマの挙動を安定させています。

話題のブレーキアシスト機能

こうした最先端の安全技術は、メーカーによって呼び方が異なっております。

 

たとえば、「プリクラッシュセーフティシステム」はトヨタの呼び方であり、ホンダでは「追突軽減ブレーキ(CMBS)」、日産では「インテリジェントブレーキアシスト/前席近急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト」、スバルでは「アイサイト」などと呼ばれていますのでご注意ください。

 

特に同技術を筆頭に、日本のブレーキアシスト技術は日本メーカーでの採用が先行してきました。

 

最近ではヨーロッパ車にも採用されるようになり、具体例として、ボルボ「XC60」の「シティ・セーフティ」などが採用しています。

 

このように世界中に日本のブレーキアシスト技術が普及しています。

 

パンクしても走行可能なタイヤとは?

凍結防止剤に注意しよう!

冬と言えば、積雪や凍結によるスリップ事故が多発する時期です。それを防いでくれるのが凍結防止剤です。しかし、この凍結防止剤、交通安全をサポートしてくれるのは助かるのですが、とても厄介な問題を秘めているのはご存知でしょうか?

 

 

 

寒冷地仕様車は一般車とどこが違うのか?

バッテリーは、低温下での性能が大幅に低下する性質を持っています。そのため、寒冷地仕様車においては、一般車に比べて1回りか2回りほど大きめの容量のバッテリーを搭載するのが一般的です。

 

 

 

自動車にも「ミラーレス」の時代がやってくる!?

「ミラーレス」という言葉を聞くと、ほとんどの人は「ミラーレス一眼レフカメラ」を思い浮かべると思いますが、実は自動車の分野にも「ミラーレス」がまもなく登場することをご存知でしょうか?

 

 

 

電気自動車について

電気自動車(Electric Vehicle)とは、電気で駆動する自動車のことであり、ガソリンの代わりにバッテリーに充電された電気を気使って走行する自動車のことをいいます。よって、エンジンではなく、モーターとバッテリー、車載充電器、蓄電池、制御装置などが搭載されています。特徴としては、「環境負荷」に...

 

 

 

「水素で走る自動車」ってどんな仕組みなの?

政府は、2020年に開催される東京オリンピックにおいて、競技施設への選手や観客の交通手段などに、次世代自動車の本命と目されている燃料電池車を積極的に投入するなどし、世界各国に水素社会や日本の環境技術の優位性をアピールする方針です。また、経済産業省は、水素活用社会の実現に向けた工程表をリリースしていま...

 

 

 

水素自動車のメリット・デメリット

2009年に始まった「エコカー減税」が注目を集めたことで、ハイブリッドカーや電気自動車が広く一般に知られるようになりました。2014年12月にトヨタ自動車から水素で走る燃料電池車(FCV)を販売することが決まり、一気にその知名度や関心度が高まっています。そこで今回は、その「MIRAI(ミライ)」をピ...

 

 

 

絶対に燃費がアップする方法とは?

ガソリンは1リットルあたり710〜760グラム程度、軽油は800〜860グラム程度の重量があります。もし、ガソリン50リットルで満タンという自動車の場合、概ね35〜38kgの「重り」を積んで走っていることになります。もし、満タンにせずに、半分以下の容量で給油するようにすれば、「重り」の量も半分以下に...

 

 

 

検証!電気自動車とガソリン車の比較

現在、世界中で普及し始めている電気自動車。国内だけでなく海外のメーカーもその開発を進めている中、政府の補助金等のおかげで一般の方でも手に入れることが出来るようになりました。そこで今回は、電気自動車と従来のガソリン車とを比較して一体どのような得があるのか、両方の走行データ等を元に検証していきたいと思い...

 

 

 

ガソリンにまつわる豆知識

ガソリンの給油口は車によって左右バラバラです。ガソリンを入れようとスタンドに入った時にどちらの向きで入ったらいいかわからなくなることって結構あると思います。書いている私自身もすぐに忘れてしまって思い出せません。しかし、運転席に座りながらも、給油口がどっちに付いているかがすぐに分かる方法があるのです!...

 

 

 

車両本体だけを売ってもらえないのだろうか

自動車販売店で自動車を購入するときには、車両本体価格のほかにいろいろな費用が必要となります。その際、「車両本体だけを売ってもらうことはできないのだろうか」と考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

契約した自動車の購入はキャンセルできる?

キャンセルという行為は、販売する側にとっては迷惑この上ない行為と映ります。一方で、「キャンセルできないのであれば、慎重に品定めしよう」というユーザー心理が強く働きますし、ついで買いや衝動買いによる販売が減少します。売る側にとっては、「キャンセルはされたくないが、販売が減少するのも困る」というジレンマ...

 

 

 

中古車を高く売るためのテクニック

中古車を高く売る方法はあるのか?もし、本当に高く売れるコツがあるならば、知らなきゃ損ですよね!大量なデータを基に分析し、中古車を高く売れるコツを公開いたします。

 

 

 

スタッドレスタイヤに履き替えるタイミング

冬の定番アイテムのひとつがスタッドレスタイヤです。特に寒冷地においては、安全に冬を越すための命綱とさえ言えます。但し、交換するタイミングは、早すぎても遅すぎてもデメリットがあります。

 

 

 

スタッドレスタイヤの仕組み

スタッドレスタイヤとは、凍った道路や雪のつもった道路などを自動車が安全に走行できるように開発されたタイヤです。だいぶ前になりますが、実はスタッドレスタイヤが登場するまでは、タイヤの接地面に金属のピンを埋め込んだ『スパイクタイヤ』が冬用のタイヤとして主流でした。しかし、積雪のない舗装路でスパイクタイヤ...

 

 

 

話題のブレーキアシスト機能

車の性能向上に伴って、しっかりとした安全装備が普及しています。しかしながら、英語やカタカナ、略字で書かれていることが多いため、ユーザーの中では分かりにくいのも事実です。そこで今回は、今話題のブレーキアシスト機能について紹介していきたいと思います。まず、ブレーキアシストの最新技術は大きく分けて「パッシ...

 

 

 

LED信号機の特徴

このところ、日常生活に関わる多くの分野にLED照明が広く普及しています。特に、自動車に乗る人にとっては、LED信号機の普及を実感されている人も多いと思います。今回は、LED信号機の特徴をご紹介してみたいと思います。

 

 

 

こんな運転マナー知ってますか?

これは、教習所で習ったはずの運転マナーであり、基本中の基本のはずですが、雨天にもかかわらず、歩行者や自転車のそばを勢いよく走り抜けたり、道路上にある水たまりを勢いよく通過したりして、水しぶきを浴びせかける車を、非常に多く見かけます。これは、道路交通法第71条「車両等の運転者は、むかるみまたは水たまり...

 

 

 

交差点でイスに座ってカチカチしている人って何してるの?

よく路上や交差点などで、イスに座ってカチカチとカウンターを弾いている人々を見かけます。彼らは、どんな目的で、何をしているのでしょうか?

 

 

 

 

タイミングベルトの交換は重要です!

多くの自動車エンジンは、「吸気・圧縮・燃焼・排気」という4つの工程により作動しています。そして、多くの車には「タイミングベルト」が使用されています。

廃車買取カーネクスト 廃車トッドコム ズバット車買取比較

話題のブレーキアシスト機能

廃車引き取り無料!

話題のブレーキアシスト機能

手続き無料で代行!

話題のブレーキアシスト機能

プラス査定で買取も!

<※>昼間はもちろん夜間・深夜・早朝でも無料査定を受け付けています(スマホもOK)。